「300 帝国の進撃」☆ほどよい筋肉加減

戦いのシーンでほぼ間違いなく寝てしまう私が、唯一1ミリも眠くならなかった映画「300」 そのグロいのに美しい、唯一無二の映像美が私を虜にしたからだけど、さて今回は・・・・ 「300 帝国の進撃」公式サイト <ストーリー> 紀元前480年、スパルタの王が300人の精鋭で100万人のペルシア軍と戦っていた頃、ギリシアの連合軍もテミストクレス将軍(サリバン・ステイブルドン)…

続きを読む

三軒茶屋「ダール・ロワゾー」☆ワインが飲めるモロッコ料理

三軒茶屋の一角、混沌とした迷路のような裏路地が縦横無尽に走る三角コーナー(爆)にある、雰囲気のあるモロッコ料理店。 息子の学校の保護者会の前に、ママ友とサクっとランチ☆ 小洒落たお店はただいま話題なのか、あっという間に満員に~~ 「ダール・ロワゾー」公式HP 願わくば再開発されないで欲しい、怪しげなBARなどがひしめく新宿のゴールデン街的な裏路地。 12時のオープンまで…

続きを読む

DVD☆ひとりジョニデ祭り「ショコラ」「ドンファン」「ノイズ」「レジェンドオブメキシコ」

6月9日ロックの日がジョニーの誕生日だったとも気付かずにいた、ファン失格の私。 せめてひとりジョニデ祭りでもしましょうか。 ほとんどの映画を見ているかと言うとそうでもないので、実は見てなかったものをチョイスしてみたyo まだ~む的レビュー 満点は★5 「ショコラ」(2000年) ★★★★ 厳しい因習で息の詰まるような小さな村へ、流れ者の女性ヴィアンヌ(ジュリエ…

続きを読む

南青山「かおたんラーメン えんとつ屋」☆究極のギャップ

えんとつ屋というだけあって、えんとつがにょきにょきしている。 しかも無駄にやたらいっぱい。 見た目のバラック感からは想像もできない、見事に透明な高湯(かおたん)スープは実に上品なのだ。 深夜に釣りに行ったりするパパン。 ひとりで釣りに行った帰りに食べた「かおたんラーメン」が美味しくて、後ろめたくなったのだろうか? やたら「今度バイクに乗せて連れて行ってあげるね♪♪」と誘うの…

続きを読む

「トランセンデンス」☆超えそうで超えない

スクリーンのジョニデは手を伸ばせば触れられそうで居て触れられない。 しかしモニターの中の夫と心を通わせて、ついには同化してしまう妻エヴリンは、そのとき超越(トランセンデンス)して、常に彼のそばで彼を感じていた。 そう! 共感するのが難しいSF的発想なはずなのに、 最初と最後しか登場しないジョニーなのに 何故か過去作品よりずっとジョニーを近くに感じるのは、夫婦の演技が実に自然だったこ…

続きを読む

人気記事