「レインボーパンケーキ」原宿パンケーキ☆行くなら今!

原宿パンケーキの全店制覇を目指してついに7店目。 中途半端な時間に行ったからなのか、店内は私たち1組だけ。 肉ブーム到来で、ついにパンケーキブームは去ったのかしら・・・・?? 「レインボーパンケーキ」 公式HP    明治神宮前駅より 3分 梅雨の真っ最中とはいえ、この日は曇天。 ラッキーが重なって、いつもなら30分の行列は覚悟なのにすんなりと入れたyo お店の方も「…

続きを読む

「マネーモンスター」☆息詰まる展開

もっとエンタメ的な映画と思っていたので、最後までひやひやさせる息詰まる展開と、硬派を貫いたラストのシーンにかなり衝撃を受けることとなった。 見応えのある作品。 「マネーモンスター」 公式サイト <ストーリー> 人気番組「マネーモンスター」のMCを務めるリー(ジョージ・クルーニー)が、いつものように台本を無視した演出をしているのかと思っていた矢先、スタジオに入ってきた若者が…

続きを読む

「ボタニカ」六本木☆天空のテラスで癒しのひととき(閉店)

息子たちの大学進学も決まって一息ついたのでお会いしましょうと言っていた高校のママ友とのランチ。 実はねえねが敬愛する漫画家さんの息子さんが同学年で、その奥さまとお知り合いになることが出来て、その後も仲良くさせて頂いていたのだけれど、さすがに学校も違っちゃうとお会いする機会もなくなってしまいそうなので、今回は特別ねえねもママ会に参加(笑) 何しろ先生の息子さんは東大だからね!! 先生の新作の…

続きを読む

「旅するルイ・ヴィトン展」赤坂見附☆ゴージャス展示

現在、赤坂見附で開催中の「旅するヴィトン展」に行ってきたyo 創業時からの作品から、代々のヴィトン家のコレクションなど、ルイヴィトン商品自体がゴージャスなのは当然ながら、驚いたのはその展示ブースの豪華さ。 さらに入場無料な上、写真撮り放題って!!なんて太っ腹なの~~??! 「旅するルイ・ヴィトン展」 公式HP(写真は1906年トランク) 赤坂見附より徒歩6分(専用シャトルバスも有…

続きを読む

「帰ってきたヒトラー」☆ブラック過ぎて笑えねぇっ!

ドイツでベストセラーとなった原作小説の表紙の、ちょび髭の部分にもデザインされているように『笑うな危険』なのである。 ブラックすぎて顔が引きつってくるけど、どうしても笑っちゃう。 だけどこれはブラック過ぎて笑っちゃダメだろー?な自分や、いやそこ笑うところだから!と場内がドン引きしている様子とも戦わなければならないややこしい脳内第三次大戦が勃発! こんなヤバイ映画でいいの?ドイツ人? …

続きを読む

「64-ロクヨン 後編」☆張り巡らされていた伏線

64の前編は何も起こらないから、後半から観てもいいのかもって言ってごめんなさい。 前編に見事に張り巡らされた伏線の数々。 この長い長い前置きがあってこその深い物語は、大きく広げた風呂敷をきちんと折り目正しく畳んで、最後にカバンにしまうところまでやってくれたというかんじ。 いやー、前編の記憶が無くならないうちに後編も公開されて、本当に良かった~~ 「64ロクヨンー後編」 公式サ…

続きを読む

鎌倉☆豪邸拝見~幸せのお裾分け

ランチ~長谷寺とご案内いただいて、さて、鎌倉に住むママ友のお宅へ。 前回お邪魔したときは、まだ新居が建って間もない頃、今回は見事に完成したお庭を拝見するのがとっても楽しみ~♪ ご結婚のお祝いにいただいたというオルゴール、今回も幸せオーラをたっくさんお裾分けしていただいたyo☆ あまりに素敵すぎるので、お写真をパチパチ。 ブログにも載せても構わないyoとご了解を得たので、そ…

続きを読む

「長谷寺」鎌倉☆アジサイがそろそろ満開

鎌倉でランチの後、ちょっと早めのアジサイを見に長谷寺へ連れて行ってもらったyo アジサイ情報をタイムリーに書きたかったのだけれど、バタバタと用事があってなかなか記事を書けなかった私。 10日も前の話なので、多分今頃はもう満開に近いのではないかしらね~~(この日は5月25日) 「長谷寺」 公式HP 江ノ電 長谷寺駅下車 徒歩5分  拝観料300円 アジサイの開花情報のコーナーもある…

続きを読む

「GARDEN HOUSE Restaurant (ガーデンハウス)」鎌倉☆緑あふれる

もう10日も前になっちゃうけれど、鎌倉のママ友の家に遊びに行った時の事。 最初に鎌倉駅から5分の人気レストラン「ガーデンハウス」に。ここはいつも長い列が出来ているのだそう。 彼女の話だと、鎌倉マダムは日差し対策の為に当然店内をご希望なさるそうだけど、私が無理やりにお願いしてテラス席を予約していただいたyo だって~~!せっかく緑に囲まれているのだもの、いい季節のうちにテラスでお食事した…

続きを読む

「ヒメアノ~ル」☆最後に大粒の涙一つ

ざわざわしてみぞおちの辺りがぎゅーっとなって、不穏なドキドキが見終ってからも止まらない。 映画としての完成度がこの上もなく高い映画。 予告編の期待度をはるか超えて、そして最後に一粒の涙がポロリ。 これは秀逸!!今年の日本映画はかなり良いのでは??! 「ヒメアノ~ル」 公式サイト <ストーリー> 毎日何も起こらないことに焦りを感じてただ、ダラダラと毎日を過ごして…

続きを読む

人気記事