本当にあった怖い話 その1

今月末はハロウィーンもあることだし、これから月末までホラーもの週間でひっぱっていこうかと。
ま、今までも充分ホラーに近い話題が多かったけど。

第一弾は、‘本当にあった怖い話‘。

これは、私がノルウェーに住んでいる時から作っているHP  ‘ノルウェー暮らし 2‘の、 ”駐在員妻の秘密の部屋日記”の中の、かなり初期の頃に書いている話である。

1回目のノルウェー駐在の頃の事だから、かれこれ14年前くらいになる。
当時、ノルウェーはまだまだ不便な国で、極寒でじゃがいもと、タラ・サケと、乳製品以外は全てを輸入に頼らなければならないにもかかわらず、輸入品の種類もあまりなかった。

その分、知っての通り自然は豊かで、森へ入ってはブルーベリーやらラズベリー、木イチゴ・わらびなどを採って楽しんでいた。

でも当時、ねえねがまだ赤ちゃんで、中々森にも出かけられなかった。

ブルーベリーの時期はいい。
高さ20cm程度の低いベリーの木々の間に、ちょこんと彼女を座らせて、時々場所を変えてあげれば、口の周りを紫色に染めてデザート三昧の間に、ベリーを採ることができた。


秋にはきのこ採りがある。
でも、ベリーと違ってきのこを探す間の子守がなかったので、結局行かずじまいだった。

私はきのこ大好きなので、当時、マッシュルームしかなくて、鍋物にもマッシュルームという、苦肉の策(慣れると平気)も、大変不満に思っていた。

しいたけ・シメジ食べたいな~~~


そんなある日、おしゃれなイタリア食材店が出来たというのを聞いて行ってみた。
そして、そこにでっかいきのこが売っていたのだ!!

やったね!
早速購入。
とりあえず冷蔵庫に入れておいて、明日食べよう~

画像


このきのこは、スタインソップとノルウェー語ではいう。
英語で言えば、ストーンマッシュルーム。つまり石のようにでかいきのこ。
イタリアで言うところの高級食材ポルチーニ茸である。

和名は、‘ヤマドリタケ‘
ヤマイグチなどのイグチ科のなかまだ。

写真は、相当なアップにして撮っているわけではなく、見た印象通り、全長30cmはある大きなきのこなのだ。

縦に切ってフライパンで焼くと、まるでステーキのようで、ダイエットにはいいかも。
今流行のエリンギ茸と、食感が良く似ている。


さて、今日はどんな風にお料理しましょうか?

冷蔵庫から取り出し、なんとなく、縦に真っ二つに割ってみた私。



ぎゃぁああああああああああああああああ!!!!!!






きのこは、白くてウニウニと蠢く無数の虫でいっぱいだった。

いっぱいだったのだ。
何度も書くけど、いっぱいだった。
もう、何千、何万(?)という白い虫で埋め尽くされていた。

きのこの中に虫がはいっているのではない。
虫のかたまりをきのこの皮で、包んでいるといった状態なのだ。

これがホラーでなくて、何なんじゃいっ!!

かくして、私のノルウェー体験は、初めてのオカルト体験として、大きな傷を残したのであった。




カッター男の恐怖 本当にあった怖い話2
https://nor-madame.seesaa.net/article/200702article_4.html

この記事へのコメント

  • みけママ

    ひぃ~~~~~っ!!

    ドキドキドキ…いやぁああああ~~~!!
    怖い!怖いですぅ~。
    それ、わたしがかの地にいる頃のお話ですよね?うぐぐぐぐ。そんなことがあったのね。ブルブル。

    冷蔵庫にあるエリンギ、食べるのやめよっかな・・・

    追伸・白樺会の幹事の方に今日出席のメールをしました。この話、もっと詳しく?(実は怖い話が好き)
    2006年10月20日 16:18
  • ノルウェーまだ~む

    日本のきのこは、栽培のものだから、そんなことはありえないでしょう。
    さすがノルウェーなら、自分で採って来たきのこも、店に出したりしそうだものね。
    2度目の駐在の頃、きのこ採りには2度行きましたが、必ず数匹はいらっしゃるものです。
    これって気が付かずに切って食べている場合は、どうなっているのか?なるべく考えないようにしていますが…
    日本できのこ採りする地方の方は、どのようにして召し上がっていらっしゃるのか興味ありますね。
    2006年10月20日 17:18
  • サリー

    どっひぃぃぃ!!
    ちょっと別件で、そういう虫どもを見たことがあるので、(食品じゃありません・・・なんと、レンジで暖めて使うぬいぐるみ、ありますよね?あれって、ほっとくと虫が湧くんです!!)想像ついて、倒れそうです・・・。
     そういえば、私の持っているフランス語やドイツ語の辞書は小さいため、食材とか(メジャーそうでも)出ていないことが多いのに、ドイツ語の辞書に出ていた言葉。
    「ぬめりいぐちたけ」。
    ぬめりいぐちたけ。そんなにメジャーなのか?!
    2006年10月24日 01:48
  • ノルウェーまだ~む

    ドイツ人が、「ぬめりいぐちだけ。」と言っている姿はちょっと想像すると可笑しいですね。
    それって何語?ってかんじで。
    ところで、暖めて使うぬいぐるみって?いったい何のために??(湯たんぽのやつかしら)
    そしてぬいぐるみのどの辺りから…?
    ちょっと今敏ワールドへぶっ飛んでいきそうな私。
    2006年10月24日 09:49
  • サリー

    「暖めて使うぬいぐるみ」は。「レンジで暖めてくださいね」という、枕とか、そういう類のものです。種類はいろいろあると思うのですが、持ったときにガサガサと、「穀物が入っているな」という感じのするものが問題の品。私はクマの形のをもらって、暖めて一緒に寝たりしていたのですが、結婚したときに実家に置き去りにし、ベッドのマットに放置されていたのですが、ある日帰省し、持ち上げると・・・クマの背中一面に白いのがうじゃうじゃと!!ひょええ!そしてマットにも、クマの形に(ギャグみたい・・・)米粒のような跡が。気絶しそうになりました。
    そんなことを知らない夫が、最近同じ種類の「肩まくら」を買ってきた・・・パッケージにちゃんと書いてありました。「天然素材なので、高温多湿の場所に放置すると虫が湧くことがある」と。ぎゃー!こまめに天日干ししてます。(っていうか、そういうもの作らないでほしい、もう!)
    2006年10月24日 23:30
  • ノルウェーまだ~む

    いいやぁあああああああ~!
    ソファにクマの形に虫って…怖すぎっ。
    しかも、ソファもやばくないですか?

    暖めて一緒に寝るのかぁ…レンジでクマを…
    2006年10月25日 00:20
  • mig

    うぎゃあ!きのこだぁ♡
    と読んでいたらなにー?虫!!!?
    こわいわぁ。

    さすがの私でも虫はダメ!(笑)
    すごい実話だねーよくトラウマになってその後キノコ食べれなくならなかったねぇーー

    何となく今ノルウェー記事読んでみたの!
    今日は仕事のあと多分映画いってきまーす。
    2011年04月16日 17:27
  • ノルウェーまだ~む

    migちゃん、懐かしすぎる記事にコメありがとう!!
    すっかり忘れていたわ☆
    きのこは大好きなので、このくらいではめげないぞっ(笑)
    でももう一度読み直してみて、ぞぞぞぞ・・・としている私。トラウマ~
    2011年04月17日 00:20
  • yue

    のるうぇーまだーむもキノコのこと書いてたんですね♥
    でも、こんな話を聞くと怖くてキノコ狩りも違う意味で怖いね~!!ベリーピッキングもいいですよね~
    2011年09月12日 20:33
  • ノルウェーまだ~む

    yueちゃん、早速コメありがとう♪
    キノコやっぱ色んな意味で怖いねぇ。
    ベリーもよく採りに行ったなあ。
    とうもろこしは終わっちゃった?
    行く時はしょうゆを持っていくべし!
    2011年09月13日 10:24

この記事へのトラックバック

カッター男の恐怖 本当にあった怖い話2
Excerpt: 本当にあった怖い話 第2弾。 それはオットが出会った男の話。 ビルのエレベーターが開いた時、中には男が一人立っていた・・・・・カッターを持って。
Weblog: ノルウェー暮らし・イン・ジャパン
Tracked: 2007-02-07 16:22

人気記事