パパのノルウェー便り

ロンドン&オスロ出張中のパパ。
結構氷点下で寒いと聞いていたけど、どんな様子?と写真を送ってもらった。
いや~、写メの時代。
実に便利なことよ・・・・

画像

王宮

街中は雪が溶けたばかりだそうで、寒々しい景色。
いつもこの時期なら、まだまだ雪が残っていて、そろそろホルメンオコーレンのジャンプ大会の季節だけど、これではジャンプもままならないのでは?

でも、こうい季節が危ないんだよね~
解けた雪が、氷点下に凍って、骨折する人が増えるのだ。
また骨折ってこないでね、パパ!

画像

HOFFの池

出張中とは思えないような行動力(?)で、駐在中に住んでいた家のあるところまで出かけていったパパ。
そんな時間があるなら、お土産をもっと買いに行って欲しいぞ。

Ring 3から入ってすぐのところにある、小さな池。
さすがに凍っているらしい。
よくこの上を渡ってビクビクしながら遊んだものだけど、こう暖冬だとそれはあまりに危険なことで・・・・

画像

昔住んでいた家

よく見ると可愛らしいというか、相変わらずド派手だわ~~~
でも、冬が長くて日も短く、木々の緑もない季節が長い国には、こんな色の家でもないと、やってられないのかも。

今はどんな人が住んでいるのかな~?

この記事へのコメント

  • Poppe

    あらあ、パパさんいらしているのですね。14日はDrammenでスプリント、17日はホルメンコーレンで50kmですよー。来週は 子供ホルメンコーレン、懐かしいでしょ? 今パルケンは雪や氷が溶け出してびしょびしょ、ツルツル。危ないので本日私はツルハシを持って氷割り作業をいたしました。 保母さんじゃなくて今日は土方さんでした。
    2007年03月14日 05:48
  • サリー

    わあ、こんなお家に住んでらしたんですねえ。かわいい~!!
    オスロも本当に中心地しか行かなかったから、(夏だったし)なんだかすごく不思議な感じです。同じ町と思えない・・・。
    勝手にイメージしていた「北欧」と、実際に行ってみたオスロ&フロム、今読んでいるムーミン(国、違いますけど)、そしてこうして住んでいた方の実生活のお写真・・・いろんなものが少しずつ違うイメージで、なんだかとっても不思議。(ちなみにベルギーなんて、イメージもなにもまーったくなかったので、「へぇー」ですわ。笑。)
    2007年03月14日 07:50
  • ノルウェーまだ~む

    Poppeさま、土方ご苦労さまです。
    あんまり凍ると、ちょっとやそっとジャリを撒いてもだめなんですよね。この頃のパルケン服は、ジャリのせいで穴がすぐ開くし、長靴に小石が入って家の玄関がジャリだらけになりましたよね…懐かしい~
    今年はお兄ちゃんも、氷上釣りはできなかったのでは?どうせ雪が溶けたのなら、さっさと春になってほしいですね。
    2007年03月14日 10:57
  • ノルウェーまだ~む

    サリーさま、確かにそうですね。
    オスロの中心街は、古くて寂しくて色も味気もない建物ばかりだし、フロムのほうでは、壁の黒いお家が多かったのでは?屋根の上に草が生えていたり、それはそれで味があるのですが、ちょっとオスロ郊外にいくと、黄色や白の壁のかわいいお家が結構あるんです。
    とはいえ、紫の壁の家は、何を隠そうノルウェー中探してもココだけしか見たことないんですよ。
    2007年03月14日 11:03

この記事へのトラックバック

人気記事