「アカルイミライ」浅野忠信×オダギリジョーDVD

ねえねの大好きなTHE BACK HORN(ザ バックホーン)がエンディングテーマを歌っているというので、ずっと気になっていたDVD「アカルイミライ」(2002年)を見た。
まだまだ若い浅野忠信にオタギリジョー、加瀬亮、それに松山ケンイチがほんのちょい役という、ねえねイチオシの俳優総動員の超豪華メンバー。
胸にぐっとくる静かに熱い映画だ。


画像
 「アカルイミライ」公式サイト


<ストーリー>

オシボリ工場でバイトをしている雄二(オダギリジョー)は、人とかかわるのが苦手で、うまく感情をコントロールできずに、いつもなにかにイラついていた。

そんな彼にとって同僚の守(浅野忠信)は、心を許せる唯一の存在だった。
いつも穏やかで、雄二をサポートしてくれる守を頼りにしていた雄二は、彼から飼っていた猛毒だが美しいクラゲを譲り受けることになった。
しかしある日、守は社長ともめて、突然姿を消す。

その晩、社長夫婦が殺害され、守が逮捕されてしまう。
途方にくれる雄二だったが、彼は自分が社長を殺す前に、守が先に殺害してくれたのだと確信する。

守の父、真一郎(藤竜也)は、加害者の親として辛い目に会いながらも、5年も音信不通だった守に面会に行くうちに、少しずつ守との距離を埋めていく。
雄二はいつしか真一郎のもとで働き始める。
世代も考え方も違う二人だったが、次第に守の残したクラゲを東京の河川で繁殖させるということに熱中していくのだった。




世の中で、うまく渡り合えずに苦しみもがきながらも生きていく人々がテーマ。

家がちゃんとあるのに、洋服が浮浪者以上にボロボロになっていくのは、彼のすさんだ心象を現しているのかもしれないが、オダジョーが着ていると、ボロボロなのか、お洒落なデザインなのか判別できないところが、ある意味すごい。



藤 竜也が、光っている。
始めは守と距離をおいてしか話せなかった彼だが、息子を想う気持ちが、ゆっくりと伝わっていく。
私だったら殺人を犯して、死刑を待つだけの息子に、こんな風に対応できるのだろうか・・・・・?

フェンスの向こうの囚人服の息子との距離が次第に縮まっていくのに対して、いつでも会えるはずの、別れた妻が連れて行った次男(加瀬 亮)との溝は深い。

親目線でも辛い、息子目線で観ても胸にぐっとくるシーンだ。


藤 竜也といえば、私の世代は、やくざ映画のイメージが強いので、彼がこんなにやらわかく、すぐキレてしまう雄二に対して穏やかに気遣いを見せると、なんだか不思議なかんじもしてくる。




息子は殺人犯、
雄二は妹の彼氏(髪の毛が立ってない、はなわ)の会社に仕事を紹介してもらうも、仕事と人間関係に慣れず、結局街で浮浪者のような生活をする

いったいこれのどこが「アカルイミライ」なのか?




生き難い雄二を、自分の父親に会わせるよう仕向け、家族を喪失した真一郎にも、生きる目的を持たせてあげたのは、刑務所で死んだ守だ。
そうして弱い者同士、寄り添って、彼らは生きる道を見つけていく。







雄二とノリで事務所に盗みに入った不良高校生のグループ(含む 松山ケンイチ)は、最後にこう言うのだ。

「あいつ、いいやつだったよな・・・・・・」



先の見えなくなっていた高校生たちに、‘こんな生き方でもできるんだよ‘と、一筋の明るい未来を見せてくれたのは、ほかでもない雄二だったのかもしれない・・・・・

今のリストラメンに見てほしいDVDだ。

この記事へのコメント

  • サリー

    興味はあった映画なのでしたが、まだ観てません。
    豪華キャストですね。
    しかし・・・大好きだったオダジョーは、「パビリオン山椒魚」のつまんなさと、それで知り合った相手との結婚・・・のショックの大きさで、私のトラウマ的存在になってしまった(笑)

    藤 竜也って、やっぱり子供のときはなんだか「子供が見てはいけないもの(うっかりつけたドラマとか。)で見てしまった」イメージの役者さんだったので、ある日気づいたら、けっこう「いい味のやさしいおじさん」の役が多くなっていて、びっくりしました。大ベテランは違うなあ。
    2009年02月04日 23:15
  • ノルウェーまだ~む

    サリーさん、そうなんですよ。
    やっぱりベテランの出す味は、違うよね~

    しかしこの豪華キャストは、確かサリーさんがオススメしてくださった‘ゆれる‘も同じファミリーだよね。
    近いうちにそっちも観ます~♪
    「こんな時に映画?」でしょ?…面接で答えられるように、いくつか観ておくんだってぇ~
    2009年02月05日 01:02
  • ミチ

    こんにちは♪
    オダジョーの初主演映画をご覧になってくださったんですね!(←すっかり母親モード)
    浅野さん、オダジョー、加瀬君、松山クンと、本当に邦画界の綺羅星を集めたような作品でした。
    そしてもちろん年季の入った綺羅星・藤さんもいらっしゃいましたし!
    藤さんといえば「愛のコリーダ」が思い浮かびます。
    オダジョーの演技はまだまだだったけど、この作品で黒沢監督から「何も演技せずにカメラの前に立つこと」を学んだといいますから、彼にとっては本当に大切な一本なのです。
    2009年02月12日 08:28
  • ノルウェーまだ~む

    ミチさん、さすがです♪
    オダジョー関連ブログを、とてつもない数書いていらっしゃるだけありますな。
    初主演だったのですね!分からなかったくらい、演技は問題ないように思えたのですが、‘母‘から見ると(笑)まだまだなのですね…
    2009年02月12日 15:38

この記事へのトラックバック

オダギリジョー×キム・ギドク
Excerpt: いま、世界で最も注目されているアジアの映画監督のひとりであるキム・ギドク
Weblog: なんでもニュース
Tracked: 2009-02-07 20:30

人気記事