「おくりびと」自然と溢れる涙

アカデミー外国語映画賞を取ったのは、記憶にも新しい「おくりびと」
悲しいのではない。
お葬式を扱っているのに、辛かったり重かったりしない。
なぜか暖かさに包まれて、自然と涙が溢れてくる、そんなすばらしい映画なのだ。


画像
 「おくりびと」公式サイト


<ストーリー>

突然職を失った大悟(本木雅弘)は、妻(広末涼子)を連れて故郷の山形へ帰ってきた。
早速、就職の為訪れた会社は、遺体を棺おけに収める『納棺師』の仕事をする会社だった。
仕事の内容をなかなか妻に話せずにいた大悟だったが、次第に仕事に生きがいを感じるようになっていき・・・・・




人の死というものは、悲しいという単純なものではないらしい。
映画を観ていると、自分の知人でもないのに、何か言い表しようのない不思議な感情で胸がいっぱいになってくる。
この映画では、そんな暖かい気持ちで送り出す人々の自然な形で死を悼んでいる姿に、ほっとさせられる。

画像
大悟の幼なじみ(杉本哲太)の年老いた母親が経営する風呂屋。
いつも入り浸っているおじいさん(笹野高史)とは、風呂屋仲間だ。


最初の仕事が、死後2週間たった一人暮らしのご老人というのは、かなり辛い。
そこらじゅうの食品にうじが湧いている様子は、当然、ご遺体の様子も想像できるわけだけど、こんな大変なお仕事をしている人が実際いらっしゃるというのは、頭が下がる思いだ。

体に臭いがついてしまった大悟が、帰りに銭湯に寄るわけだけど、スーツのほうも毎度クリーニングしなくてはいけないのだろう。

というより、男性初のヌード写真を出したもっくんでも、すっかり体型は「おじさん」なんだなぁ・・・と、思ってしまった私。
それに比べて、出産も経験したのに今だ少女のような体型の広末涼子。羨ましすぃ~☆


画像
しばらく何も食べられなかった大悟も、骨付きチキンだってもう大丈夫♪

人間は生きていく為に大切な命を頂戴しているのだというのと、「大切な人を送り出す」というのは、ちょっと観点が違うような気がするので、クリスマスに骨付きチキンをむしゃむしゃと食べるシーンが長すぎるのは、ちょっとどうかと思ってしまった。


葬儀屋のスタッフ(余 貴美子)は、陰のある女性をやらせたら天下一品。
何かあると思っていたら・・・・・

でも、好きな男と出て行って、それっきり自分の子供に会っていないって、私にはあまりぴんとこないかも。
子供を捨ててまで一緒にいたい男って・・・・?????


画像
初めは妻にも理解されなかった、納棺師の仕事


「そんな仕事辞めてくれなきゃ、実家に帰る!」と言って出て行ってしまった妻も、私にはちょっと理解できない。
ヤクザとかAV男優とかだったら嫌だけど・・・・

ただ、この仕事は妻だけでなく、幼なじみや地元の周囲の人からも疎まれる。
こういったことは、地方へいくほどその傾向が強く、日本の影の部分として今も実際残っている深い問題だ。

昔から肉を解体したり、皮をなめしたり、墓を掘ったり、ゴミを処理したり・・・・・そいういう人の嫌がる仕事を支えてきた『人たち』の歴史に焦点を当てた点で、この映画は非情に評価できるといえる。
私たちは、感謝こそすれ、決して蔑んではいけないのである。



アカデミーの外国語映画賞は、こういった深いテーマを理解しての受賞なのか、日本の古来のしきたりは、どう理解したのか、ちょっと疑問。
ただ、日本人でもあまり知らない納棺の様子を、外人が見て面白いと思ったのだったら、ちょっと残念でもある。



練習を重ねてチェロを弾けるようになったもっくんにも、頭が下がる。
受賞も納得の映画だ。

この記事へのコメント

  • ややちゃん

    初めまして!
    遊びに来ました!
    これからヨロシクお願いしま~す
    2009年06月29日 20:51
  • まだ~む、こんばんは☆

    おお~、ロンドンで観られたんですね!
    わたしはこれ実はまだ未見なので
    そろそろ観ようかなぁって思ってマス☆
    観たらまたお邪魔します。

    モッくんの映画、「夜の上海」は観たけど、「しこふんじゃった」も観てないし意外とあんまり観てないかも、、、、
    2009年06月29日 23:28
  • mig

    あれ?上のコメ、わたしです (笑)
    2009年06月29日 23:29
  • ノルウェーまだ~む

    ややちゃんさん、はじめまして☆
    また遊びに来てください♪
    お待ちしていますね。
    2009年06月29日 23:38
  • ノルウェーまだ~む

    migちゃん、どうしたーぁ??
    名前を入れ忘れるなんて、かなりお疲れ?
    migちゃんが「おくりびと」まだだったなんて、ちょっと驚き!でも洋画中心だもんね。
    パパンは「もっくんホモっぽいから嫌だ」と言って、一緒に見てくれなかったけど、これはロンドンで公開したのではなく、DVDです。
    男の人から見たら、そう見えるのかなぁ?(謎)
    2009年06月29日 23:41
  • hito

    身近な人を亡くした経験がある人はその時のこと色々思い出して共感したり感じるものがあるでしょうね~

    私も妻が、この仕事を夫がしているからといって家を出て行くって・・驚きました。全然想像できない~「汚らわしい!」もちょっと演出しすぎかな~って(笑)

    死を扱っているのに暗くなくて、ちょっと笑えてそして温かい気持ちにもなれる映画でしたね!
    2009年06月30日 10:57
  • にゃむばなな

    「生きる」ということは「他の命の分まで命をまっとうする」ということだと思うので、「死」を描くには「生」の象徴である「食べる」をこの映画は巧く描いていたと思いますよ。
    2009年06月30日 14:40
  • ノルウェーまだ~む

    hitoさん、こんにちは☆
    ほんと「汚らわしい」は言いすぎですよね。
    ちょっと今日は触らないで…的な避け方で十分だったような。
    死を扱っているのに、温かい気持ちってまさにその通りと思います。
    いい映画でした。
    2009年06月30日 16:47
  • ノルウェーまだ~む

    にゃむばななさん、こんにちは☆
    なるほど、みなさん「食べる」シーンを象徴的に使っていて良かったとおっしゃる方も多いですね。
    私はあまりそちらのほうへ目が行かなかったので、音を立てて食べるところが、気になってしかなかったのでした。
    2009年06月30日 16:49
  • マリー

    笑って泣ける映画って好きなの。
    泣く気まんまんで行ったら、笑わされて嬉しびっくり!

    この作品ってお話もいいんですが、私は音楽にもとっても惹かれて~
    凄く効果的な使われ方してたと思うの。
    主題歌を最近よくカラオケで歌ってます♪
    「愛は刃物より胸に突き刺さる」って歌詞なの。

    それにしても、職業への偏見って地方ではまだまだ根強いです。野良のワンちゃんを探しに来て処分・・とか、未だに走っているバキュームカーの運転手さんとか、大変だと思います。
    このような納棺とか葬儀のお仕事も頭が下がります。
    2009年06月30日 22:52
  • えい

    こんばんは。

    海外でこの映画を観ると、
    感動もひとしおでしょうね。
    日本ならではの様式的な所作、
    その美しさが
    これまた日本的な風景の中で
    きちんと目の前で展開されるとき、
    周りの方たちは
    どんな反応をされているのだろう?

    意見を聞いてみたくなります。
    2009年06月30日 23:38
  • ノルウェーまだ~む

    マリーさん、こんばんわ☆
    人の嫌がる仕事でも、誇りを持ってできたら素晴らしいことですよね。
    そして、そういうお仕事こそお給料を沢山出すべきですよね。
    そうそう、音楽も素晴らしかったです。
    主題歌はカラオケにあるんだぁ?
    2009年07月01日 03:28
  • ノルウェーまだ~む

    えいさん、こんばんわ☆
    私はDVDで見たのですが、アカデミー賞で選んでくださった外国の方々は、どんな風にこの美しくも切ない風景を感じてくれたのか、本当に知りたいところですね。
    何しろ死生観から違うのですから…
    2009年07月01日 07:09
  • cyaz

    ノルウェーまだ~むさん、こんにちは^^
    TB&コメント、ありがとうございましたm(__)m
    十分に温められた企画と薫堂さんの優れた作品と、
    監督の繊細さと役者の質で、素晴らしい作品に仕上がったと思います。
    外国の評価より、こういうどちらかと言うとインディペンデントのような作品が、
    日本において興行的に成功したところに意味があると思います!
    2009年07月01日 08:47
  • ノルウェーまだ~む

    cyazさん、こんにちは★
    本当に質の高い映画でしたね。
    なんとなく当時そそられなくて、観ていなかった自分が恥ずかしいくらいです~
    これからもこういう作品がどんどん増えて欲しいですね。
    2009年07月01日 16:34
  • ノラネコ

    そちらでも公開されたんですね。
    この映画、一見日本ならではの内容の様ですが、テーマ的には人類普遍の物を描いているので、世界中何処でも評価されるでしょうね。
    細やかな点まで作り手の心遣いが行き届いた、プロフェッショナルな素晴らしい作品でした。
    2009年07月01日 23:48
  • ノルウェーまだ~む

    ノラネコさん、こんばんわ☆
    いえいえ、これはDVDで見ました。
    私もアカデミー外国語賞を取ったので、こちらで公開するのではと期待して待っていたのですが、一向に公開される気配ないので、DVDを見たのでした。
    細やかな息遣いが聞こえてきそうな、素晴らしい映画でしたよね。
    2009年07月02日 07:28
  • サリー

    ちょうど今日、新聞社主催の地元での無料上映会の案内が来ていたので、行こうかと思ってます。
    ・・・最近、オットが本当に動いてくれないんで、連れ出すのが大変なんだよな・・・。映画、全然観られない。
    いやがったら置いて一人で行くしかないかしら・・・。ふぅ。
    2009年07月02日 12:12
  • ノルウェーまだ~む

    サリーさん、ご苦労様!
    ジャックさん、まだ本調子じゃないのね?
    私明後日はすでに日本行きの飛行機の中だよん。
    一緒に映画いっぱい行こうね♪
    2009年07月02日 23:55
  • マリー

    うん。主題歌ね~
    あの音楽にAI(アイ)が歌詞をつけて歌っているの。カラオケにあるのよ~。そのまま「おくりびと」で。
    日本に帰ったら是非歌ってみて~(笑)
    2009年07月03日 21:22
  • ミチ

    こんにちは~♪
    これってさ、公開直後に見た人と、アカデミー賞を取ってから見た人では微妙に感想も違ってくるんじゃないかなって思うの。
    後者は期待値が高くなっているような予感~。
    モックンは好きな男優のひとりなんだけど、とことんやる人ですよね。
    お葬式の時のヒロスエのミニ喪服がなんとも場違いに見えてしまいました。
    2009年07月03日 23:33
  • はらやん

    ノルウェーまだ~むさん、こんにちは1

    死というものは日本古来より穢れというイメージがあったと思います。
    それは現代の我々の中にも少なからずあって。
    だから妻の反応もわからないわけでもなかったです。
    けれど納棺士の仕事を初めて本作で観て、それがとても清らかで美しさすら感じました。
    故人の尊厳を守り、また残された人々の気持ちの整理のお手伝いをするお仕事なのだなあと改めて思いました。
    2009年07月04日 07:03
  • ノルウェーまだ~む

    マリーさん、こんばんわ☆
    AIが歌詞をつけてるんだー?
    知らなかった。
    カラオケあんまり行かないけど、ちょっと聞いてみたいナァ。
    あ、カラオケだとAIの歌は聴けないのね…
    2009年07月04日 08:02
  • ノルウェーまだ~む

    ミチさん、もっくんも好きなのねー♪
    ホント面食いですなぁ(笑)
    でも、もっくんのそのとことんやる姿勢は、本当に素晴らしいと思います。
    実は息子が小さいころ通っていたスイミングスクールに、もっくんのお子さんが通っていたのですよ。
    (って、関係ないけど)
    2009年07月04日 08:05
  • ノルウェーまだ~む

    はらやんさん、こんばんわ☆
    ’穢れ’のイメージは、確かに根強く古来からありますね。
    それは、ちょっと話がはずれるかもしれないけど、亡くなった人にうかつに触ると、病気などがうつる可能性があるため、それを防ぐ為の日本人の知恵もあったかもしれないです。
    昔はどうして亡くなったのか、分からない場合もあったでしょうから…
    2009年07月04日 08:12
  • パピのママ

    今晩はです~返事が遅くなってしまいました
    この映画、アカデミー外国語賞を取れて嬉しかったです。
    日本古来の、納棺の儀式を世界中の人達が見てくれていると思うと感無量です。
    それと、父親が川原で石に思いを込めて息子に手渡す、息子も小さな石を手渡す。
    それが、自分を捨てた父親を恨んでいたのに、父親の納棺の儀式をしてあげるシーンで、父親の手に握られてた石に、思わず涙がこぼれました。
    父親役の俳優さんは、アカデミー賞受賞のことを知らずに亡くなられたのですが、きっと天国で喜んでいると思いますね。
    モックンのチェロの演奏も中々でした。
    2009年07月06日 22:58
  • ノルウェーまだ~む

    パピのママさん、こんばんわ♪
    モックンのひたむきな演技と、演奏がよりいっそうこの映画を盛り上げてくれましたよね。
    本当にアカデミー外国語賞を取ってくれて、嬉しいです!
    2009年07月06日 23:55
  • kira

    かなり前に戴いたコメントのお返事に、
    ようやく取り掛かったところです~

    最近の年配の方の情報は凄いものがあるなぁ~と、まず1回目観れなかった時に思いましたが、
    500席を埋め尽くすその高齢の方々に圧倒された観賞でした。

    幾つがピークなのか、、若さとともに失っていくもの、
    見送られる側だった時期から、見送る時期もあり、そしてまた終には見送られる側となる・・
    そんな当たり前のことを、やんわり教えられた作品になっていましたね。
    ロケーションも音楽もキャストも私はよかったです~☆
    2009年08月11日 17:43
  • ノルウェーまだ~む

    kiraさん、こんばんわ☆
    確かに最近の試写会は、年配の方が多くいらっしゃいますよね。(自分はさておき)
    この前トランスポーターの試写会でさえ、結構いっぱい来てました。(自分はさておき)
    ロケーションも音楽もキャストも素晴らしかったですよね。さすがアカデミー外国映画賞だわ♪
    2009年08月13日 05:03
  • 由香

    こんばんは~♪
    わ・私も一応いい映画だなぁ~とは思ったんです!信じて!(笑)
    だけど、どうしても好みじゃーないみたいなの。こういう系の邦画が(こういう系がイマイチ分からないでしょうが・笑)
    とにかく広末さんの「汚らわしい」という一言に過剰反応してしまいました。いつまでも、こだまのように頭に響いて、、、
    人の死を扱うお仕事への偏見を表わすためでも、あれは頂けなかったなぁ~あと、杉本さんの言葉もダメでした。
    最後の最後まで、「あなた達、あの言葉を取り消しなさいよ~」って感じてジットリと睨んじゃった(根に持つタイプかしら?・笑)
    いい映画なのだとは思いますが、何だか喉に小骨が突き刺さったような感覚がありました。
    2009年10月08日 22:57
  • ノルウェーまだ~む

    由香さん、だいじょーぶ!信じてマス(笑)
    確かにきつい言葉で、私も「汚らわしい」は無いでしょーと思いました。
    他に言いようもあったような。
    でも、そのいつまでもひっかかる酷い言葉が、案外狙いだったのかな?って。
    酷いよそれーって、観客に思わせたかったのでしょうね。
    2009年10月09日 02:31
  • 小米花

    日本人として、やはりオスカーを取ったのは
    誇らしくて嬉しかったですね!!

    ただ、日本を芸者、富士やま、として捉えているのと
    進歩があったかなってちょっと思ったりもしました。

    私はお風呂屋さんでの話が印象的でした。
    2009年10月20日 22:59
  • ノルウェーまだ~む

    小米花さん、こんにちは☆
    日本人でもあまり知らないような一面を、こうして世界の人に知ってもらえるのは、すごいことですよね。
    お風呂屋さんのシーンは私も好きです。
    笹野さんは本当にいい役者さんですよね。
    2009年10月21日 01:48

この記事へのトラックバック

おくりびと
Excerpt: キレイになって、 逝ってらっしゃい。 製作年度 2008年 上映時間 130分 脚本 小山薫堂 監督 滝田洋二郎 音楽 久石譲 出演 本木雅弘/広末涼子/山崎努/余貴美子/吉行和子/笹野高史/杉..
Weblog: to Heart
Tracked: 2009-06-29 22:41

映画レビュー「おくりびと」
Excerpt: おくりびと [DVD]◆プチレビュー◆納棺師になった青年の成長を通して生と死の意味を問う秀作。納棺の所作と山形の自然が美しい。 【75点】 失業したチェロ奏者の大悟は、ひょんなことから故郷の山形で納棺..
Weblog: 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP
Tracked: 2009-06-29 23:20

おくりびと
Excerpt: おくりびと(2008 日本) 英語題  Departures 監督   滝田洋二郎   脚本   小山薫堂       撮影   浜田毅                   音楽   久石譲    ..
Weblog: 映画のメモ帳+α
Tracked: 2009-06-29 23:29

おくりびと
Excerpt:  『人生最高の旅立ちのお手伝い致します。』  コチラの「おくりびと」は、第32回モントリオール世界映画祭でグランプリを受賞し、さらにはアカデミー賞外国語映画賞の出品作品に決定するなど、にわかに話題と..
Weblog: ☆彡映画鑑賞日記☆彡
Tracked: 2009-06-29 23:40

おくりびと
Excerpt: 監督は『壬生義士伝』の滝田洋二郎。 納棺師…こういう仕事はあまり 今まで聞いたことがありません。 この作品はモントリオール世界映画祭で グランプリに輝いたということです。 米アカデミー賞の、 ..
Weblog: 花ごよみ
Tracked: 2009-06-29 23:48

『おくりびと』
Excerpt: 昨日は新橋のヤクルトホールに『おくりびと』の試写会に行ってきました。おりしも第32回モントリオール世界映画祭でのグランプリ決定のニュースを聞いた中での鑑賞だったので、とってもタイムリーな鑑賞になりまし..
Weblog: cinema!cinema! ミーハー映画・DVDレビュー
Tracked: 2009-06-30 00:11

[映画『おくりびと』を観た]
Excerpt: ☆私は、この作品を、滝田洋二郎監督や脚本家の小山薫堂が、文芸作品を狙った作品かと思っていたのだが、かなりのパーセンテージでコメディ要素があり、私は今は痛快なものを見たい気分でこの作品を避けていたのだが..
Weblog: 『甘噛み^^ 天才バカ板!』
Tracked: 2009-06-30 01:16

おくりびと
Excerpt: チェロ奏者としての夢破れ、田舎の山形に帰った主人公が、 ひょんなことから遺体を清めて棺に納める納棺師となり、仕事内容に とまどいながらも次第にこの仕事への意義を見出しながら、自身が 成長していく様をえ..
Weblog: だらだら無気力ブログ
Tracked: 2009-06-30 01:17

映画「おくりびと」@ヤクルトホール
Excerpt: 「おくりびと」@ヤクルトホール 試写会の主権はニッポン放送「高田文夫のラジオビバリー昼ズ」だ。映画上映前にパーソナリティーの増田みのりさんの舞台挨拶があり上映だ。客入りは若干空席のある9割ほどで年齢層..
Weblog: masalaの辛口映画館
Tracked: 2009-06-30 01:26

「おくりびと」心と気持ちが、優しくなれる映画。
Excerpt: “モントリオール世界映画祭グランプリ受賞”「おくりびと」(松竹)。とても地味なテーマを描いた映画です。でも、素朴でとても優しい気持ちになれる映画です。  チェリストの大悟(本木雅弘)は、所属してい..
Weblog: シネマ親父の“日々是妄言”
Tracked: 2009-06-30 01:50

『おくりびと』 (2008) / 日本
Excerpt: 監督:滝田洋二郎脚本:小山薫堂音楽:久石譲出演:本木雅弘、広末涼子、余貴美子、吉行和子、笹野高史、山崎努試写会場 : よみうりホール公式サイトはこちら。<Story>求人広告を手にNKエージェントを訪..
Weblog: NiceOne!!
Tracked: 2009-06-30 04:17

おくりびと
Excerpt: 【gooブログの方へ】 アメブロからのTBが送信されないようですので、この記事にTBをつける場合は、 ..
Weblog: いい加減社長の日記
Tracked: 2009-06-30 06:01

「おくりびと」
Excerpt:  面白かった。滝田洋二郎監督の特質が大いに出ている。たとえば冒頭、遺族を前にしての厳粛な“納棺の儀”が執り行われるはずが、ホトケさんの身体に“イレギュラーな部分”があることが判明するお笑い場面で観客..
Weblog: 元・副会長のCinema Days
Tracked: 2009-06-30 06:31

「おくりびと」
Excerpt: 来年のアカデミー賞、外国語作品賞部門に日本代表として出品されることが決まったと聞いてとりあえず観ておくか…と思い劇場に足を運びました。主演の若手二人が、ちょっと苦手なタイプの俳優さんだったこともありそ..
Weblog: ハピネス道
Tracked: 2009-06-30 09:55

おくりびと
Excerpt: いのち芽吹く物語。
Weblog: Akira's VOICE
Tracked: 2009-06-30 10:05

『おくりびと』
Excerpt: ----この映画って、9月の公開だよね。 いま、話すの少し早くニャい? 「いやいやどうして。 この映画に関しては 内覧試写の案内がなんと2月から電話やファックスで…。 それだけ松竹としては自信作なんだ..
Weblog: ラムの大通り
Tracked: 2009-06-30 10:42

【おくりびと】
Excerpt: 監督:滝田洋二郎 出演:本木雅弘、山崎努、広末涼子、笹野高史、余貴美子、吉行和子 「オーケストラが解散され無職となったチェロの演奏者だった大悟は妻の美香と故郷に帰った。就職活動をして採用されたのはN..
Weblog: 日々のつぶやき
Tracked: 2009-06-30 10:52

おくりびと/本木雅弘、広末涼子
Excerpt: 『夜の上海』の舞台挨拶でモックンが言ってた「今はまだ言えない次回出演作」ってコレだったんですね。モックン自身が物語の発案をしたという話だけど、たぶんモントリオール映画祭でグランプリを受賞しなかったら日..
Weblog: カノンな日々
Tracked: 2009-06-30 11:02

偏見とは愚かな思い込みなのかも・・・。『おくりびと』
Excerpt: 遺体を棺に納める仕事をする納棺師になったひとりの男性の物語です。
Weblog: 水曜日のシネマ日記
Tracked: 2009-06-30 12:39

『おくりびと』
Excerpt: 第32回モントリオール国際映画祭グランプリ受賞に続き、本年度アカデミー賞日本代表にまで選ばれたこの作品。納棺師という日本独特のものを描いていながら、決して職業説明だけに留まらず、宗教や国境を越えて全世..
Weblog: めでぃあみっくす
Tracked: 2009-06-30 14:42

おくりびと
Excerpt: (9月10日、「オマケ2」追記しました)試写会が当たったので昨日行って参りました。ちょうど、昨日のお昼にモントリオール映画祭でグランプリを獲得したというニュースを聞きますます楽しみにして行きました。幼..
Weblog: シネマ日記
Tracked: 2009-06-30 14:49

おくりびと(映画館)
Excerpt: キレイになって、逝ってらっしゃい。
Weblog: ひるめし。
Tracked: 2009-06-30 15:07

『おくりびと』
Excerpt: □作品オフィシャルサイト 「おくりびと」□監督 滝田洋二郎 □脚本 小山薫堂 □キャスト 本木雅弘、広末涼子、山崎努、余貴美子、杉本哲太、吉行和子、笹野高史、峰岸徹、山田辰夫 ■鑑賞日 9月14日(..
Weblog: 京の昼寝~♪
Tracked: 2009-06-30 17:36

『おくりびと』/2回目
Excerpt:    9/22の『おくりびと』の記事で、 僕の拙い言葉で全てを説明できないけれど、なかなか星を4つ半つけない僕がつけたということで、是非cyazに騙されたと思って劇場に足を運んでいただきたい..
Weblog: 京の昼寝~♪
Tracked: 2009-06-30 17:36

おくりびと
Excerpt:  人の尊厳。日本の所作の様式美。そして、清しさ。
Weblog: 悠雅的生活
Tracked: 2009-06-30 22:01

★「おくりびと」
Excerpt: 今週の平日休みは・・・ TOHOシネマズの1ケ月フリーパスの期限が迫ってるので、 まとめて3本見ちゃいました。 その1本目。 第32回モントリオール世界映画祭グランプリ受賞とか、 アカデミー賞の外国語..
Weblog: ★☆ひらりん的映画ブログ☆★
Tracked: 2009-07-01 01:40

おくりびと (試写会にて)
Excerpt: 納棺師__それは悲しいはずのお別れを、やさしい愛情で満たしてくれる人。 あなたは大切な人を、どう“おくり”ますか?_そしてどう“おくられ”たいですか?   物語:「あぁこの広告、誤植だな。..
Weblog: パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ
Tracked: 2009-07-01 22:24

おくりびと・・・・・評価額1750円
Excerpt: 身近な人の葬儀に始めて出たのは、小学校五年生の春に祖母が亡くなった時だと思う。 それ以来、一体何件の「旅立ち」を見届けてきただろうか...
Weblog: ノラネコの呑んで観るシネマ
Tracked: 2009-07-01 23:49

おくりびと☆独り言
Excerpt: 予告を観たときに、なんとなく様式美的でいいかなっと変なところでひっかかってた『おくりびと』そしたら、モントリオール映画祭で金賞ですか?平日金曜日の昼間の回・・・ほぼ満席って^^;これって映画祭金賞効果..
Weblog: 黒猫のうたた寝
Tracked: 2009-07-02 00:59

おくりびと
Excerpt: ニッショーホールで「おくりびと」の試写会を観てきました。 今まで知らなかった職業「納棺師」。小林(本木雅弘)が納棺師の会社に転職して、仕事のプロになる姿を描いた映画だと思って観にいったところ、それだ..
Weblog: まぁず、なにやってんだか
Tracked: 2009-07-02 18:33

「おくりびと」 安らかな旅立ちのお手伝い
Excerpt: 幸いなことに両親はまだ健在なので、納棺に立ち会ったことがありません。 葬儀屋とは
Weblog: はらやんの映画徒然草
Tracked: 2009-07-03 06:41

『おくりびと』 試写会鑑賞
Excerpt: 求人広告を手にNKエージェントを訪れた大悟は、社長の佐々木から思いもよらない業務内容を告げられる。それは“納棺”、遺体を棺に納める仕事だった。戸惑いながらも、妻の美香には冠婚葬祭関係=結婚式場の仕事と..
Weblog: 映画な日々。読書な日々。
Tracked: 2009-07-03 15:09

映画 【おくりびと】
Excerpt: 映画館にて「おくりびと」 滝田洋二郎監督作品。第32回モントリオール世界映画祭グランプリ受賞作品。 おはなし:楽団の解散でチェロ奏者の夢をあきらめ、故郷の山形に帰ってきた大悟(本木雅弘)は好条件の..
Weblog: ミチの雑記帳
Tracked: 2009-07-03 23:30

おくりびと
Excerpt: おくりびと’08:日本 ◆監督: 滝田洋二郎「バッテリー」「阿修羅城の瞳」「壬生義士伝」◆出演:本木雅弘、広末涼子、余貴美子、吉行和子、笹野高史、山崎努 ◆STORY◆所属する東京のオーケストラが解..
Weblog: ☆C'est joli~ここちいい毎日を~☆
Tracked: 2009-07-05 20:38

「おくりびと」を観た100人の感想06/08~07/08
Excerpt: TBおじゃまします^^「おくりびと」に関するブログをあつめています。よかったら遊びに来てください!
Weblog: 納棺夫日記【映画「おくりびと」】の感想・あらすじ【納棺士・納棺師】
Tracked: 2009-07-08 10:26

「おくりびと」
Excerpt: 「おくりびと」試写会 丸の内ピカデリー2で鑑賞 原作は何かということも知らなければ納棺師という仕事も知りませんでした。 葬儀屋の話だとずっと思っていました。 納棺師そういう仕事あるんですね。 あんな..
Weblog: てんびんthe LIFE
Tracked: 2009-07-11 00:20

おくりびと
Excerpt: 試写会に行く予定だったのですが 仕事が入ったので妹に行ってもらいました。 観てきた彼女は大絶賛!! じゃあ、映画館で観ておく? というわけで映画館へ。 楽団の解散でチェロ奏者の夢をあきらめ、 妻と共..
Weblog: 映画、言いたい放題!
Tracked: 2009-07-13 10:37

『おくりびと』'08・日
Excerpt: あらすじ所属する東京のオーケストラが解散し職を失ったチェロ奏者の大悟は演奏家を続けることを諦め妻の美香を連れて故郷の山形に戻ってくる。早速、求人広告で見つけたNKエージェントに面接に出かけ、その場で採..
Weblog: 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
Tracked: 2009-08-21 08:23

映画「おくりびと」
Excerpt: 監督:滝田洋二郎(あれ? 俺とっちゃたよ) 出演:本木雅弘(いいだしっぺ)広末涼子 山崎努(いぶし銀) 出演:余貴美子 笹野高史 峰岸徹 吉行和子 杉本哲太   「安らかな旅立ちのお手伝い」をす..
Weblog: おそらく見聞録
Tracked: 2009-09-15 13:53

おくりびと 英語題:Departures
Excerpt: 記事アップ日【2008/12/08 21:21】 アカデミー賞受賞上げ とあるマイミクさんの勧めで見てきました。 通常ならもう公開は終わっていますが関東で ...
Weblog: 単館系
Tracked: 2009-09-17 22:30

映画 おくりびと をみた
Excerpt: おくりびと [DVD]アミューズソフトエンタテインメントこのアイテムの詳細を見る この映画は遺体を棺に納める“納棺師”を描いた作品である。 この作品は第32回日本アカデミー賞 作品賞・監督賞・脚本賞・..
Weblog: 僕のつぶやき。 ネットの窓から。
Tracked: 2009-09-22 17:24

おくりびと
Excerpt: [おくりびと] ブログ村キーワード 評価:7.5/10点満点 2009年20本目(18作品)です。 2009年に入ってまだ2ヶ月ですが、早くも20本目に突入しました。 ちなみに、昨年の20本..
Weblog: 必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!
Tracked: 2009-10-12 17:26

おくりびと
Excerpt: 『おくりびと』 2008年(日本) 監督:滝田洋二郎 出演: 本木雅弘、広末涼子、山崎努、余貴美子、吉行和子、笹野高史 本木雅弘が遺体を清め棺に納める“納棺師”を真摯かつ繊細に演じる..
Weblog: こんな映画見ました~
Tracked: 2009-10-20 22:53

人気記事