「剱岳 点の記」夏に涼しい映画

夏はホラーと誰が決めたの?
観るなら、こんな雪山登山がいいかも♪
勿論、吹雪いて、遭難しかけて、雪崩に埋まったり・・・・・ほ~ら、涼しくなった~


画像
 「剣岳 点の記」 公式サイト


<ストーリー>

明治40年。
陸軍参謀本部は、日本のほとんどの山を初登頂して実績をあげてきた陸地測量部として、柴崎(浅野忠信)に、最後の空白地点『剱岳』登頂を命じる。

その頃、発足したばかりの『日本山岳会』では、未登頂の剱岳を目指して動き出していた。

山の案内人 長次郎(香川照之)の実直な仕事に支えられながら、柴崎は入念に調査を進めるが、マスコミに書きたてられた陸軍は、名誉を掛けて柴崎に初登頂をせよと再三言ってくるのだった。

命の危険にさらされながら、三等三角点を記していく柴崎と助手の生田(松田龍平)は、遂に剱岳山頂への初登頂に成功するが、そこにはなんと・・・・・・・



画像

ひたすら登る。
そして一歩一歩と歩いていくところを、ひたすら撮影している。

さすがカメラマンだった人が監督しているだけあって、自然の美しさも厳しさも、これ以上ないレベルで見せてくれる。
この、ひたすら登っていくところをひたすら撮影しているところが、よりいっそう実際の過酷な測量を想像させ、この映画に現実味を引き出している。


ただ登るだけでも危険が伴い、大変そうなのに、撮影でも、勿論当時は測量の道具を担いでの登山は、どれだけ大変だったことだろう。
・・・・・・・・無言で歩いているわけだ。


画像
山岳会のメンバー(仲村トオル)
「こっちは、お金持ちの道楽とは違うんだよ。」と生田(松田龍平)がボソリとイヤミを言うのも、さらりとかわし、貴重な外国製の缶詰やビスカウトも、「みなさん、どうぞ。」と差し出す辺り、やはりお金持ちの余裕か・・・・

およそ登山服とは思えないトレンチコートなどで山登り。
測量部の人は軍服、案内人は地下足袋だもんね、そりゃムッとするわ・・・



画像
過酷を極める吹雪のシーン
‘村の民‘をやらせたら天下一品の香川照之、主役の浅野忠信を、完全に食ってしまった~

とにかく香川の長次郎が、すばらしい。
神様の宿る山として、決して登ってはいけないという村の掟があるにも拘らず、案内人としてベストを尽くす。
村の人たちからも、案内人として働き始めた息子からも疎まれる。
なのに、いつでも低姿勢。
うーん、人間が違うよ。



しかもすごい荷物!!
危険な‘クサリ場‘とか、どうやって登るのー?

滑落した人を、わらじをスキーのように滑らせて、ざざーっと助けに行ったり、とにかく凄い。
というか、オリンピックに出られそうなスキーテクニック!



画像
柴崎の妻(宮崎あおい)は、優しく夫を癒す

こちらが気恥ずかしくなるほど、ラブラブな二人。
宮崎あおいじゃ、存在感がありすぎて、『平地に降りてくるとホッとする場がある』を表現するには、目立ちすぎるような。
もう少し何かあるのかと思ったら、何も無いので、もっと地味な女優さんの方が、ホッと出来るような気がするのは私だけ?



浅野忠信と、松田龍平の演技が、ボソボソと早口で喋っていたりして、まるで演技していないかのように自然な為、実録のような感覚で見られる。

測量ってこんな風にやるんだ・・・・と、その大変さと、昔の人の努力に頭が下がる。
しかも、山に登ったこともない軍部の上層部からの圧力と、命を削って登る山の案内人との板ばさみ。
当時の苦労が、充分伝わってくる~そんな映画だ。

この記事へのコメント

  • ミチ

    今日一番のショックは、浅野さんの離婚のニュース!
    こんなに素敵なおしどり夫婦はいないと思ってたし、オダジョーにもこういうふうになってほしいなって思っていたのに・・・。
    はぁ・・・。

    斜面をかかとですべるのは本当にすごい技でしたよね。
    山岳会との服装の違いも面白かったです。
    2009年07月26日 00:05
  • ノルウェーまだ~む

    ミチさん、そうなのー!
    うちでもねえねと丁度話していたところ。
    こんなにお似合いのカップルは無いと、日頃から言っていただけに、ショック大きいです。
    オダジョー夫婦は…微妙かも!?
    2009年07月26日 00:18
  • KLY

    素晴らしい作品でした。^^
    木村監督は今回は監督ですがやっぱりカメラマンです
    よね!プロフェッショナルとしてのプライドや誇りが
    感じられる映像でした。そんな監督とともにこの作品
    を創り上げた俳優やスタッフに敬意を表したい気持ち
    です。
    2009年07月26日 00:31
  • ノルウェーまだ~む

    KLYさん、こんばんわ☆
    カメラマンという職業が、充分生かされた映画でしたよね。
    過酷な状況がよりいっそう、スタッフの気持ちをひとつにしてくれたのではないでしょうか。
    2009年07月26日 00:39
  • sakurai

    香川さんに尽きましたね。
    自分の求められているものをきちんと出す!絶品でした。
    やっぱ東大の人は違うんでしょうかって、全然関係なかったですね。
    あの背負ってた荷物の最大は100キロくらいあったとか・・。とても同じ人間がやったこととは思えないです。頭が下がります。
    2009年07月26日 08:27
  • ノルウェーまだ~む

    sakuraiさん、おはようございます。
    最大100キロですか!?
    人一人担いでも大変なのに、確か二人分担いで下山するシーンがありましたね。
    すごいです。
    香川さんって東大卒ですか?こちらも凄いです。
    2009年07月26日 08:34
  • たいむ

    こんにちは!
    そうそう、私もあおいちゃんはもう少し何かあるかと期待してましたが、ラブラブなだけでしたねw
    かえってほとんどセリフも出番もない鈴木砂羽さんのほうが存在感があった気もします。
    でも、あおいちゃんは可愛いし大好きだから、なんでもOKだったりしてw
    2009年07月26日 10:27
  • rose_chocolat

    テンプレが雪の結晶なのは、この映画だから?
    涼しくていいですね!
    明治の人達の苦労が偲ばれます。。。 いい面も、悪い面もですけどね。 それを忘れさせてくれる魅力が、剣岳にあるように思いました。
    2009年07月26日 10:33
  • ノルウェーまだ~む

    たいむさん、こんばんわ☆
    あおいちゃんは、少々ビッグになりすぎて、反対に大変でしょうね。役としては少々勿体無い気もしたので、贅沢な配役でしたよね。
    確かに長次郎の妻の砂羽さんが、すごく良かったです♪
    2009年07月26日 19:14
  • ノルウェーまだ~む

    rose_chocolatそうなんですよ~
    このブログは記事ごとにテンプレを気軽に変えられるんですよ。
    毎回、映画の雰囲気に合わせているつもりです☆
    大自然の中では、人間の小ささなど、何もかも忘れさせてくれる魅力がありますよね~
    2009年07月26日 19:16
  • ねこのひげ

    宮崎あおいさん出演のわけは、監督が大々ファンのためなのです。
    必要なくても役を作って出てもらったんですね。

    でも、宮崎あおいさんの旦那に言わせると外見菩薩内面夜叉らしい。
    他の女の子と写真をとられたり親しくしようものなら、殺されるそうです。
    ある番組でボソッと言っとりました。

    コワイですね。(~o~)
    2009年07月26日 19:40
  • ノルウェーまだ~む

    ねこのひげさん、はじめまして!!
    なんと映画の‘仲間たち‘の方ですか?
    監督さんが大ファンとは…なるほど、確かに監督さんの愛を感じますね~

    しかしあおいちゃんの旦那って、例の…もしかして、もう殺されちゃいました?
    2009年07月26日 21:01
  • メビウス

    ノルウェーまだ~むさんこんばんわ♪コメント有難うございました♪

    測量士という職種もそうですが、その測量方法が人の足のみという地道な仕事だと言う事や、例えどんな悪路や断崖絶壁集う場所でも行かなければならなかった辺りとても命懸けな仕事だと言う事も知り、ありふれた現代の日本地図にすらちょっと敬意を払いたくなっちゃいましたねぇ。

    立山連峰の雄大な自然美も然る事ながら、そこで当時の測量士たちと同じ思いをしながら撮影に望んだスタッフやキャストも凄いです。来年の日アカの監督賞、助演男優賞は、木村監督と香川照之で決まりかも?(笑
    2009年07月26日 21:45
  • はらやん

    ノルウェーまだ~むさん、こんばんは!

    長次郎役の香川さん良かったですよね。
    検挙というか日本人の美徳を感じました。
    ああいう厳しい山の中で暮らすということをしているとおのずと自然や人への謙虚さというのを感じるのでしょうか。
    2009年07月26日 21:54
  • ノルウェーまだ~む

    メビウスさん、こんばんわ☆
    昔の人が本当に過酷な状況を乗り切って、偉業を成し遂げてきたことを、我々現代人は知らなくてはいけないですね。
    淡々とその偉業を見せてくれるところが、また凄いです。
    2009年07月27日 00:25
  • ノルウェーまだ~む

    はらやんさん、こんばんわ~
    日本人が失いつつある謙虚な気持ちを、もういちど見直す時がきたのでしょうね。
    自分をプレゼンすることが出来る能力と、謙虚さを失うことは別のことですからね。
    2009年07月27日 00:28
  • hito

    こんにちは~♪
    ものすごく重厚感あるすごい作品でしたよね。本物の風景と実際には自分で目にすることが出来ない素晴らしい景色圧巻でした。

    この撮影は本当に苦行ですよね。
    ただ登るだけでも厳しいのに、重い撮影機材を持って、撮影しての繰り返しですもんね~

    だからこそのエンドクレジットの「仲間たち」に泣かされました。
    2009年07月28日 10:55
  • ノルウェーまだ~む

    hitoさん、こんばんわ☆
    本当に、昔の人も、この映画の撮影隊の方々も、そのプロの仕事に頭が下がります。
    「仲間たち」・・・・いいですよね~
    2009年07月28日 21:19
  • ふっくん

    原作に忠実に作成されたので、明治を代表する測量士夫婦を見事に描いてました。特に葉津よは最高!!
    「芳太郎さん、あなたがどんなことになろうと葉津よはいつでもあなたの味方です。」というセリフは、純情きらりとほぼ同じ。「何でもありません」でお守り出すとこなんか篤姫です。木村監督があおいちゃんファンなのが良くわかりました。(僕も大ファンなので)
    2009年07月29日 07:05
  • ノルウェーまだ~む

    ふっくんさん、ようこそ!
    お守りをこっそりリュックのポケットに忍ばせるところは、本当に素敵でしたね。
    「持って行ってね」と面と向かって出さないところが、明治の女性の奥ゆかしさをよく現していました。
    2009年07月29日 23:09
  • えめきん

    こんにちは。TB&コメントありがとうございました。

    「日本にまだこれだけの情景が残されていたのか!」と感嘆せずにはいられない素晴しい映画でした。しかもCGを一切使わず、すべて実景を撮影したという点が凄いですね。苛酷な環境での撮影に耐え、素晴しい自然の数々をフィルムに収めた「仲間たち」に敬意を表します。
    2009年08月01日 08:40
  • ノルウェーまだ~む

    えめきんさん、全く同感です。
    「日本にまだこれだけの~」という、まさに感嘆!というにふさわしい映画でした。
    美しさと過酷さは比例しているのではと、思わず思ってしまいました。
    2009年08月01日 18:57
  • ふっくん

    劔岳点の記。200万人突破だそうです。ファンとしては嬉しいですねー。原作では、お守りは芳太郎が葉津よに「お守り袋を縫ってくれないか、中に自筆で両親の名前が書いた紙を入れるから」と頼んでいるのですが、葉津よは自分の名前も書きたいのに、芳太郎が書いてくれと言わないので、葉津よは泣きながらお守り袋を縫うのでした。ドラマがあるんですけど、時間の関係でカットされてますねー。(;O;)
    2009年08月01日 21:06
  • ノルウェーまだ~む

    ふっくんさん、ありがとうございます!
    な・なんと原作では、そのような場面もあるのですね!?
    わー、良く分かるなぁ。葉津よの気持ち。
    それでも口に出せずに、黙って縫うのですね。
    そこはさすが明治の女性です。
    私だったら…?こっそり自分の名前の書いた紙も入れちゃおうかなぁ~
    2009年08月02日 00:29
  • ふっくん

    たびたびお邪魔してすみません。芳太郎は、葉津よが泣きながら縫っているのを見て「何故泣いているんだ」と言う鈍感な男なんですよね。私が好きなシーンは、芳太郎「葉津よ、葉津よー」と廊下に首を出して呼ぶ。葉津よ「はーい、いまお持ちします」と濡れ髪のまま浴衣姿で廊下に飛び出してくる。葉津よ「お待たせしました」とウィスキーを持ってきて注ぐ。芳太郎がウイスキーを一口飲んで「ありがとう」、明治の夫婦だなーと思いました。もう3回見たのでセリフ覚えてしまいました。(・・;)
    2009年08月02日 00:38
  • ノルウェーまだ~む

    ふっくんさん、どんどんきてくださーい!
    まあ、3回も既にご覧になっていらっしゃるのですね?
    そりゃ、相当なファンですね~
    私はあの濡れ髪のシーンで、へー、明治の女性は髪を洗って、じゃあ自分であの髪型を毎日結うのかしら?と妙に考えてしまいました。
    でも、男性からみると、かなり憧れ(?)のシーンですね。
    はい、反省しまーす!
    2009年08月02日 11:35
  • ふっくん

    はい。あの濡れ髪には憧れます。(^^)/
    木村監督は、「宮崎さんの色っぽいところを見たいので上手くやってくれ」と浅野さんに頼んでいたそうです。このドラマは葉津よ(19歳)、芳太郎(31歳)なので、あおいちゃんは声を少し高めにしていますから、余計可愛く感じますね。アニメ声優もやってるから、5歳半の少女の声も出せる演技派です。
    2009年08月02日 20:46
  • ノルウェーまだ~む

    ふっくさん、再びありがとうございます。
    なんと、あおいちゃん19歳の役だったのですね。
    確かに初々しいカンジは出てましたね~
    しかし、浅野さんがどうやるとあおいちゃんが色っぽくなるのかしら?
    あおいちゃんが初(?)主演の3億円犯人を描いた映画では、19歳くらいの役だったと思うのですが、あおいちゃんはあの頃と初々しさが全く変わらないですね~
    2009年08月03日 18:30
  • ふっくん

    またまた出てきました。初恋は、16歳から19歳です。純情きらりが16-27歳、篤姫が12-49歳まで演じてますから凄いです。浅野さんは男らしく演じて、女性の色っぽさを引き立てていると思います。例えば、芳太郎の帰りをバス停で待つ葉津よは嬉しくて仕方ない様子で、ニコニコしている。
    バスが到着し、芳太郎が葉津よを見つけて笑顔で降りてくる。葉津よは、日傘を差して芳太郎と相合傘にする。芳太郎「ただいま」葉津よ「おかえりなさい」
    芳太郎「今日の夕食は何だ?」と少し偉そうに!
    葉津よ「お魚か、お肉どちらがいいですか?」
    芳太郎「魚かなー」と穏やかに!
    葉津よ「お魚、じゃーお魚で」
    という様に、俳優は相手の役者さんの表情や態度に自分を合わせると思います。あおいちゃんは4歳からやってるから、どんな役柄でもOKなんでしょうね。(^o^)
    2009年08月03日 19:12
  • ふっくん

    これで最後にします。原作には無い味付けがありますので、紹介します。山で人夫達がテントの外で給料が安いとぼやいていると、突然テントの中で芳太郎が大きな声で歌うのですが、その歌と最後に葉津よが夫を思い、笑顔に一筋の涙を浮かべて歌っている歌が同じなんです。素晴らしい夫婦像を見事に描いていると思いました。木村監督の脚本は見事です。m(_ _)m
    2009年08月03日 19:41
  • ノルウェーまだ~む

    ふっくんさん、交換日記みたいで楽しかったです。
    剱岳、そしてあおいちゃんをどれだけ愛しているかがよぉーく伝わりました♪
    こんど原作もトライしてみようかな~
    2009年08月04日 17:16
  • ふっくん

    ご無沙汰しています。12月8日DVD到着して何度も見ましたが、本当に素晴らしい映画ですね。
    本日、日本アカデミー賞で優秀監督賞、優秀脚本賞など総なめにしていましたね。
    あおいちゃんは少年メリケンサックで優秀主演女優賞に輝くし、今年はゆっくり休んでたけど来年はエンジン全開で撮影するみたいで、楽しみです。
    2009年12月22日 23:08
  • ノルウェーまだ~む

    ふっくんさん、ご無沙汰しています☆
    今日、日本アカデミー賞やってたんですね!?
    すっかり忘れていました(汗)
    剱岳は賞を総なめですか。なるほどー!さすがですね!
    あおいちゃんは、どの映画でもその存在感はすごいので、メリケンサックは当然ながら、来年度の映画もホントに楽しみです♪
    2009年12月23日 14:32
  • ふっくん

    まだ見てくださっていたんですね。あの時は、剱岳を熱く語らせて頂きましたので、今回の受賞は本当に嬉しくて、また来てしまいました。(∩.∩)
    本番の第33回日本アカデミー賞授賞式は、2010年3月5日です。TV放送もされるようですので、楽しみです。(詳細は書きURL参照)

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091222-00000020-flix-movi
    2009年12月24日 22:35

この記事へのトラックバック

劔岳 点の記/浅野忠信、香川照之
Excerpt: この作品に関しては私よりも山登りが趣味の母のほうが一足早く映画化の情報を知っていました。昨年かな?母が劔岳に登ったときにこの映画の撮影に遭遇したんだそうです。登山家さんやトレッキング愛好家らの間ではか..
Weblog: カノンな日々
Tracked: 2009-07-25 22:59

劔岳 点の記
Excerpt: 公式サイト。新田次郎原作、木村大作監督、浅野忠信、香川照之、松田龍平、仲村トオル、夏八木勲、小澤征悦、宮崎あおい、役所広司。明治40年、劔岳(標高2999m)に公式初登頂した陸軍陸地測量部とその仲間た..
Weblog: 佐藤秀の徒然幻視録
Tracked: 2009-07-25 23:37

映画「劔岳 点の記」
Excerpt: 映画、「劔岳 点の記」を鑑賞しました。
Weblog: FREE TIME
Tracked: 2009-07-25 23:43

劔岳 点の記
Excerpt: 誰かが行かねば、道はできない。
Weblog: 悠雅的生活
Tracked: 2009-07-25 23:45

映画 【剣岳 点の記】
Excerpt: 映画館にて「剣岳 点の記」 新田次郎の同名小説の映画化であり、名カメラマン木村大作の初監督作品。 おはなし:明治40年、陸軍測量手の柴崎芳太郎(浅野忠信)は、宇治長次郎(香川照之)を案内人とし、日..
Weblog: ミチの雑記帳
Tracked: 2009-07-26 00:03

映画「剱岳 点の記」
Excerpt: 2009/6/24、109シネマズ木場。 このところ、109シネマズ木場のチケット売り場前には必ず列ができている。 今日もチケットを買うのに10分近くかかった。 まずまずの入りだが、客の年齢層はか..
Weblog: ITニュース、ほか何でもあり。by KGR
Tracked: 2009-07-26 00:12

剱岳・点の記
Excerpt: これは撮影ではない。“行”である。木村監督が称した。何かその意味が分かる気がした。 記憶が薄れない間に書こうと思いました。「トランスフォーマー・リベンジ」は爆睡のため、本当にリベンジしなければならな..
Weblog: 銅版画制作の日々
Tracked: 2009-07-26 00:31

劇場鑑賞「劔岳点の記」
Excerpt: 劔岳点の記オフィシャルガイドブック「劔岳点の記」を鑑賞してきました日本映画界を代表する名カメラマン木村大作が自ら初監督に挑み、新田次郎の同名小説を完全映画化。明治時代末期、国防のため日本地図の完成を急..
Weblog: 日々“是”精進!
Tracked: 2009-07-26 06:50

剱岳 点の記
Excerpt: やはり、この映画の見どころは、映像の切り取り方と、風景に尽きる。
Weblog: 迷宮映画館
Tracked: 2009-07-26 08:23

[映画『劔岳 点の記』を観た ]
Excerpt: ☆レイトショーで観てきたのですが、明日も早よから仕事っちゃ。  なんで、短いエントリーですまないっちゃ^^(長次郎の真似^^;)  ・・・いい作品だった。  明治時代の、日本の国土の最後の空白地..
Weblog: 『甘噛み^^ 天才バカ板!』
Tracked: 2009-07-26 08:32

映画「劔岳 点の記」(2009年、日本)
Excerpt: ★★★★☆  山に魅せられた男たちのドラマを 描いた新田次郎の小説を 映像カメラマンの木村大作が監督。   明治39年。 陸軍参謀本部陸地測量部の柴崎芳太郎(浅野忠信)は、 日本にただ一か所残った未測..
Weblog: 富久亭日乗
Tracked: 2009-07-26 09:12

劔岳 点の記
Excerpt: ●ストーリー●明治40年、日本地図完成のために立山連峰、劔岳への登頂に挑む、陸軍測量手の柴崎芳太郎(浅野忠信)ら7人の測量隊。山の案内人、宇治長次郎(香川照之)や助手の生田信(松田龍平)らと頂への登り..
Weblog: 映画君の毎日
Tracked: 2009-07-26 09:45

『劔岳点の記』 (2009)/日本
Excerpt: 監督・撮影:木村大作原作:新田次郎出演:浅野忠信、香川照之、宮崎あおい、小澤征悦、井川比佐志、國村隼、夏八木勲、松田龍平、仲村トオル、役所広司公式サイトはこちら。<Story>明治40年、地図の測量手..
Weblog: NiceOne!!
Tracked: 2009-07-26 10:29

劔岳 点の記
Excerpt: ご苦労様です!
Weblog: Akira's VOICE
Tracked: 2009-07-26 11:26

浅野忠信とCharaが離婚と子供の養育権の真相とはこれだ!
Excerpt: 浅野忠信とCharaがすれ違い離婚をしたようで、Charaにガキの養育権がいくようだべ。 俳優の浅野忠信(35)と歌手のChara(41)が7月25日、協議離婚したというべ。 連名で「2人でよくよく話..
Weblog: すずかぜむら日記
Tracked: 2009-07-26 13:21

劔岳 点の記
Excerpt: 《劔岳 点の記》 2008年 日本映画 明治40年、地図の空白をうめるべく前人未
Weblog: Diarydiary!
Tracked: 2009-07-26 17:46

劔岳 点の記
Excerpt: 7月7日(火) 20:55~ TOHOシネマズ川崎7 料金:1200円(レイトショー) パンフレット:未確認 『劔岳 点の記』公式サイト いかにも東映ぽい高齢者向きな雰囲気の作品だが、近年の東映作..
Weblog: ダイターンクラッシュ!!
Tracked: 2009-07-26 18:41

「劔岳 点の記」日本映画の王道。コレは本物!
Excerpt: [剣岳] ブログ村キーワード  CG、デジタル全盛のこの時代に、敢えて“人間力”で挑んだ本作「劔岳 点の記」(東映)。力技の感じられる、正に“本物の映画”でしたよ。  明治39年。日露戦争に勝利し..
Weblog: シネマ親父の“日々是妄言”
Tracked: 2009-07-26 20:02

「劔岳 点の記」 仲間たち
Excerpt: 「何故山に登るのか?」 この問いに「そこに山があるから」と答えたのは、エベレスト
Weblog: はらやんの映画徒然草
Tracked: 2009-07-26 20:28

劔岳 点の記
Excerpt: 大自然を相手に、実写にこだわった過酷な撮影云々が公開前から噂になっていた『劔岳 点の記』を観てきました。 ★★★★★ 「素晴らしい」って言葉が似合う映画。 過酷な撮影と聞かされて、「最近はVFXで何..
Weblog: そーれりぽーと
Tracked: 2009-07-26 20:40

劒岳 点の記(評価:☆)
Excerpt: 【監督】新田次郎 【出演】浅野忠信/香川照之/松田龍平/モロ師岡/蛍雪次朗/仁科貴/蟹江一平/仲村トオル/小市慢太郎/安藤彰則/橋本一郎/本田大�...
Weblog: シネマをぶった斬りっ!!
Tracked: 2009-07-26 21:45

劔岳 点の記
Excerpt: 日本地図誕生にこんな秘話があったとは。明治40年、未踏峰の劔岳山頂を目指す測量手と山の案内人がいた。軍部が、日本山岳会への強いライバル意識をあらわにする中、命がけで地図作りに挑んだ男たちの気骨に胸を打..
Weblog: 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP
Tracked: 2009-07-26 23:15

劔岳 点の記 言葉に出来ない映像美と感動(TωT)ウルウル
Excerpt: 【 36 -8-】  TOHOシネマズ、梅田でも難波でも上映していないので、わざわざ西宮ガーデンズまで行って鑑賞。 むちゃくちゃく楽しみにしていた、もしかしたら今年では一番楽しみにしていた映画かも。 ..
Weblog: 労組書記長社労士のブログ
Tracked: 2009-07-27 00:55

劔岳 点の記
Excerpt: 明治39年、陸軍は国防のため日本地図の完成を急いでおり、陸軍参謀本部陸地測量部の測量手・柴崎芳太郎に、劔岳の初登頂と測量を命じる。 かつて多くの優秀な測量部員たちが挑戦し果たせなかった劔岳は、立山信仰..
Weblog: 象のロケット
Tracked: 2009-07-27 16:12

劔岳 点の記 ▲102
Excerpt: 監督・撮影:木村大作原作:新田次郎製作:坂上順、亀山千広プロデューサー:菊池淳夫、長坂勉、角田朝雄、松崎薫、稲葉直人脚本:木村大作、菊池淳夫、宮村敏正美術:福澤勝広、若松孝市編集:板垣恵一音楽:池辺晋..
Weblog: レザボアCATs
Tracked: 2009-07-27 20:57

【映画】劔岳 点の記
Excerpt: ▼動機 景色がキレイだったので ▼感想 DVDに付くであろう特典映像を見たい ▼満足度 ------- おいとき ▼あらすじ 明治40年、日本地図完成のために立山連峰、劔岳への登頂に挑む、陸軍測量手..
Weblog: 新!やさぐれ日記
Tracked: 2009-07-27 21:33

【劔岳 点の記】
Excerpt: 監督:木村大作 出演:浅野忠信、香川照之、松田龍平、仲村トオル、小澤征悦、宮崎あおい、國村隼、役所宏司、笹野高史     誰かが行かねば、道はできない。 「明治40年、地図の測量手の柴崎芳太郎は..
Weblog: 日々のつぶやき
Tracked: 2009-07-28 10:52

劔岳 点の記
Excerpt: 劔岳 点の記 ’09:日本 ◆監督:木村大作「憑神」「ホタル」(共に撮影) ◆出演:浅野忠信、香川照之、宮崎あおい、小澤征悦、井川比佐...
Weblog: C'est joli~ここちいい毎日を~
Tracked: 2009-07-29 23:44

浅野忠信、21歳の美女と白昼キスの裏側
Excerpt: 浅野忠信が、21歳の美女と白昼堂々とキスをしていたようだ。7月25日に妻で歌手のChara(41)と離婚した俳優の浅野忠信(35)に、親しくしている女性がいると30日発売の「女性セブン」に掲載されてい..
Weblog: くろこの日記
Tracked: 2009-07-30 09:30

松田龍平 妹
Excerpt: 悪夢探偵2 / 松田龍平商品価格:4,194円レビュー平均:0.0 太田莉菜が出産!松田龍平がパパに(画像)今年の1月11日に入籍、結婚した俳優の松田龍平の妻で女優の太田莉菜が、7月4日に第一子となる..
Weblog: ◆youtube動画最新ニュース◆
Tracked: 2009-07-30 16:39

劔岳 点の記
Excerpt: 出張の前日、お休みだったのでチケット購入で名古屋の駅前に来たついで、何か時間が合えばと選んだのは『劔岳 点の記』でした。時間と、金額がちょうどよかったんだわ(笑)金券ショップで700円の鑑賞料金って、..
Weblog: 黒猫のうたた寝
Tracked: 2009-08-01 00:38

劔岳 点の記
Excerpt: 明治末期。陸軍参謀本部陸地測量部は日本で唯一正確な地図が作成されていない立山連峰の測量を計画していた。測量手の柴崎は、参謀本部に立山連峰の測量を命じられ、案内人の宇治と共に立山連峰に向かう。そこに待..
Weblog: 5125年映画の旅
Tracked: 2009-08-01 08:35

「劔岳 点の記 」真夏には涼しい140分、撮影が大変そうだった。
Excerpt: 「劔岳 点の記 」★★★☆ 浅野忠信 、香川照之 、松田龍平 、宮崎あおい 、仲村トオル 主演 木村大作 監督、140分、2008年                               ..
Weblog: soramove
Tracked: 2009-08-08 09:00

映画:劔岳 点の記
Excerpt:  ネットでの評判が結構良かったので、観ようかどうしようか迷っていたのですが観てきました。劔岳 点の記を観てきました。
Weblog: よしなしごと
Tracked: 2009-08-10 16:54

映画「劔岳 点の記」
Excerpt: 監督:木村大作(巨匠キャメラマン) 出演:浅野忠信(◎)香川照之(すばらしい!)松田龍平 出演:仲村トオル 宮﨑あおい 役所広司 夏八木勲    明治時代、軍の命令で日本地図唯一の空白地点だった..
Weblog: おそらく見聞録
Tracked: 2009-09-09 00:53

劔岳 点の記
Excerpt: ブログネタ:私が泣くのはこんなとき 参加中 「八甲田山 」のカメラマン、木村大作氏の 初監督作品です。 予告編を映画館で観て 絶対に映画館で観たい!と思いました。 明治40年、 参謀本部陸地..
Weblog: 映画、言いたい放題!
Tracked: 2009-09-12 00:33

「劔岳 点の記」
Excerpt: 山々の神々しいまでの美しさ!
Weblog: 心の栄養♪映画と英語のジョーク
Tracked: 2009-12-19 10:16

『劔岳 点の記』'09・日
Excerpt: あらすじ陸軍陸地測量部の柴崎芳太郎(浅野忠信)は、日本地図最後の空白地点を埋めるため、「陸軍の威信にかけて劔岳の初登頂と測量を果たせ」という厳命を受ける・・・。感想日本ア...
Weblog: 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映...
Tracked: 2010-05-23 22:52

劔岳(感想162作目)
Excerpt: 劔岳はWOWOWで鑑賞し結論は結末が微妙だ 内容は明治40年に陸軍参謀本部に呼び出され 柴崎地図を完成で劔岳の登頂を命令されて..
Weblog: 別館ヒガシ日記
Tracked: 2010-06-13 10:35

劒岳 点の記(2008)
Excerpt: 1970年代から日本映画のカメラマンとして活躍してきた木村大作が監督しているので、現地でロケをした迫力ある映像が圧巻だ。山岳シーンは当時の測量隊が歩んだ行程をそのまま撮影していて、自然の美しさと厳しさ..
Weblog: とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver
Tracked: 2010-08-09 14:09

人気記事