「エリザベス」ゆかりの地をたずねて

ゆかりの地をたずねてシリーズ、第14弾は「エリザベス」
念願のスコットランド旅行で、行くならココ!って決めていたのだ。



画像
「エリザベス」(1998年)




<ストーリー>

16世紀のイングランド。
時の女王メアリー1世(キャシー・バーク)には子供がいなかった。
新教派プロテスタントを激しく弾圧し、エリザベス(ケイト・ブランシェット)を投獄するもメアリーは他界、エリザベスが新しい女王となる。

若い女王に各国の王子が殺到するが、恋人のロバート(ジョセフ・ファインズ)と逢引を重ね、どの国の王子と結婚するのがいいのか、決めあぐねていた。
国を新教で統一することに決めたエリザベスに、ローマ法王は密使を送るが、あわやというところで取り押さえる。

身の安全を守るために結婚を勧める臣下たちは、ロバートには実は妻がいることを告げると、エリザベスは・・・・・




画像
ロバートとエリザベスは深く愛し合っていた・・・・

歴史的にも、寵愛していたロバート・ダドリーには、妻がいたらしい。
いくら妻とは心が離れていても、妻帯者の身で女王と恋に落ちるって・・・・・どんだけ恐れ知らず?


まだ二十歳前の愛らしいエリザベスが、はにかむようにロバートとダンスするところは、本当に初々しくて素敵☆


画像画像










メアリー1世(過酷な弾圧を行うのでブラッディ・メアリーと呼ばれた)によって、若きエリザベスがロンドン塔に送られるシーンでは、ロンドン塔(左)の水門(右)から船に乗って入ってくる。
エリザベスの不安そうな顔が、印象的。
若干ハタチなのに・・・・・なんて可哀相なんでしょう!



画像
スコットランド女王メアリー

この時代は、あっちにメアリーこっちにメアリー。
この映画でもエリザベス女王以外に、3人のメアリー女王が登場。

ちなみに↑は、スコットランドとの戦いで「戦場に子供を送り込むなんて・・・・」と、フランスの国旗に子供の血をしみこませて、瀕死の子供兵士をイングランドへ送り返したスコットランド女王メアリー・ド・ギース(ファニー・アルダン)である。

3人目はラストでノーフォーク卿(クリストファー・エクルストン)が画策する、イングランド王位を狙う目的で結婚しようとしたメアリー・ド・ギースの娘メアリー・スチュアート(スコットランド旅行☆悲劇の女王とホリルードハウス宮殿を参照)だ。


画像今回訪れたのは、イングランドがスコットランドに攻め入ったシーンを撮影したアニック城。

多くの兵士の死体が、累々と折り重なっているのをメアリー・ド・ギースが視察するシーンで、丘の上に見えている。


多分、広いひろーいアニックガーデンの方から見上げたのだと思われるけど、今回時間がなくて、ガーデンには行けなかった。

ここは、「エリザベス」の他にも、「ハリーポッターと賢者の石」などハリポタシリーズ、ケビンコスナーの「ロビンフッド」などを撮影したことでも有名なお城。




画像

同じくアニック城の中の、館の入り口前。

冒頭の、イングランド女王メアリーが新教派の異教徒を弾圧して、火あぶりの刑にするシーンは、この辺りかな。




それにしても、女王の信仰する宗教が違うと、女王が変わるたびにいきなり弾圧されはじめちゃうのだから、一般市民はたまったものじゃないよね・・・・








画像
フランスの王子アンジュー公フランソワの求婚の申し込みに答えて、おもてなしするパーティーなのに、ロバートとイチャイチャ???


フランソワもお呼ばれしているのに、別室で女装したり、淫乱パーティーしたり・・・




画像
「私のよき臣民、すべてが私の夫だ」と語って処女王となる



ロバートの裏切りに傷つき、女王として自分を律するようになっていくエリザベス。

若く折れそうな繊細さで草原を渡る風に吹かれていた少女が、いまや立派な女王と変化していく様は、ケイト・ブランシェットの演技の賜物☆
すばらしいとしか言いようがない。



画像
映画の衣装は肖像画から再現されたもの


イングランドの女王としての決意を固めたエリザベスは神々しい。

しかし、実際のエリザベスは、あまり美人でなかったことから、派手派手しく着飾っていたのだとか。
晩年は天然痘の痕が肌に残り、髪も半分禿げ上がっていたので、暑い化粧とかつらに頼っていたということだ。



勿論、ケイトのエリザベス女王は、もっとずっと凛々しく美しいが、実に巧いことエリザベスに似せているなぁ~と感心しちゃう。
このあとの続編「エリザベス・ゴールデンエイジ」でも益々輝いているケイトに拍手喝采だ。

この記事へのコメント

  • q 

    うーわーリアルイギリスたび
    ィヤッホ-ィ♪ヾ(*>ω<)ノ
    たのしーーー
    Alnwick Castle, Alnwick,
    「ベケット」「アイバンホー」も
    ここで撮影したのよね
    イギリス最大のゴシック建築
    York Minsterで戴冠式シーン
    撮影許可作品「初」モノっていう
    それも観たいわ~
    いや~この映画は
    「リアル世界史」が学べるよね
    当時の対外貿易関連とか
    めっちゃ面白い

    あとねあとね
    「ブラス」の
    ロイヤルアルバートホールとか
    みたい←リクエストしてるし

    「ゴスフォード・パーク」
    思い出してしまったわ~
    2010年09月09日 08:59
  • mig

    まだ~むおはよ☆
    エリザベス! ケイトブランシェットの名前が日本でも知られるようになったのはこの映画~だよね☆
    それにしてもまだーむ、いつのまにこんなところにまで行ってるの!?
    写真のアングルがプロっぽいよね~

    へぇ~ハリポタにも出て来たお城なのね、ふむふむ。
    そういえばジョセフファインズって最近観ないなぁ。

    トロント映画祭が始まったよ~また今年もレポ頑張るね!(行けないけど)

    PSわたしのとこに再度くれたコメはkLYさんに対しての言葉だよね??
    えっ?って思っちゃった!
    2010年09月09日 10:51
  • パピのママ

    こんにちは!ここ2,3日急に秋めいた涼しさでPCに向かうのもおっくうにならない季節になりました。
    イギリス旅行は私の憧れの一つでもあるので、それもスコットランドは絶対に行きたい候補です!
    まだ~むの詳しい記事を読んでいると、そのまま行ったような気分にさせてくれ、本当にたくさんの映画の舞台ともなっているのですね。
    他の記事も見てますよ(ルン)またコメントします
    2010年09月09日 11:06
  • KLY

    城だ城だ!ところでヨーロッパって意外なことに結構お城が売られてると聞きますがそうなんですか?もっとも買う人も限られてくるんだろうけど…。
    ちなみに私はこの作品でケイト・ブランシェットを知ったんです。あまりに真っ白すぎて怖かったけど、ある意味日本の麿にも通じる気がして面白かったなぁ。(笑)
    2010年09月09日 14:44
  • ノルウェーまだ~む

    qさん、おはよう☆
    わおっ!詳しいね~
    私は「ベケット」も「アイバンホー」「ゴスフォード~」も見たことなくて・・・
    ヨークはちと遠いの~
    ロイヤルアルバートは近いうちに実現したいな。
    でも「プラス!」をどうしても入手できなくてぇ。
    リクエストで行けそうな所はがんばるっよ!
    2010年09月09日 16:20
  • ノルウェーまだ~む

    migちゃん、違う違う~
    KLY含め~ってことで。(笑)

    写真褒めて貰うとうれしいわ♪
    新しいデジカメ買ったから、すごーいいっぱい撮っちゃったんだけど、そのデジカメの運命は・・・(次回お楽しみに!)
    トロント楽しみにしてるね!
    2010年09月09日 16:23
  • ノルウェーまだ~む

    パピのママさん、また来てくれてうれしい☆
    お元気になられた様でよかったわ。
    スコットランドはなかなか行けそうで行かない所だけに、私も今回はいいチャンス!と思って、足を伸ばしてきました。
    イギリス人に言わせると「スコットランドに新婚旅行?WHY!?」って言う所らしいけど。(爆)
    2010年09月09日 16:26
  • ノルウェーまだ~む

    KLYさん、おはようございまーす☆
    そうなんです。
    私も、何でそんなに白いの??と思っていたけど、どうやら史実に基づいているみたい。
    スコットランド女王メアリー・スチュアート関係の本によると、美しいメアリーにことごとく対抗意識を燃やしていたエリザベスは着飾ったりお化粧したりして臣下に「綺麗」って無理やり言わせていたということらしいです。
    「最も綺麗なのは誰?」と聞いて、困った臣下は「イギリスではエリザベス女王が、スコットランドではメアリー女王が最もお美しいです。」と答えたそうな。

    お城のセールはまだ見かけたことないけど、意外にいろんな所にあるから、案外売っていたりするのかも?
    ニコちゃんのお城だった所、調べてみようかな~
    2010年09月09日 17:01
  • mig

    え?何故わたし含め?記事に買いた通り最初から彩花ちゃんででるシーン注目でみていたのよ(?_?)
    2010年09月09日 19:36
  • にゃむばなな

    「こねたみっくす」のにゃむばななでございます。
    今後ともよろしくお願いいたします。

    それにしてもやはりイギリスには歴史がありますよね。お城一つ取ってもそれを感じますよ。

    で、この映画におけるケイト・ブランシェットの演技派凄かったのですが、映画の中での輝き度でグウィネス・パルトロウに負けちゃったんですよね。
    残念無念でしょうね。
    2010年09月09日 20:06
  • みすず

    こんばんはー^^

    立派なお城だ~♪ハリポタでも使われてたんだ!
    今度また観てみようっと^^

    エリザベスのケイトは本当にそっくりだったよね!
    最後の肖像画と写真よく似てる♪

    ケイトは昔より年とった方が美しいよね~♪

    それから4周年の記事へコメント書いてるよ気が付いてね~♪
    2010年09月09日 21:52
  • ノルウェーまだ~む

    migちゃん、ちゃーんと注目してくれてたんだもんね☆
    もっと面白い映画だったら、もっと良かったのになぁ~
    2010年09月10日 02:16
  • ノルウェーまだ~む

    にゃむばななさん、こんにちは☆
    そうそう「こねたみっくす」に変更しなくちゃですね!
    ケイトは輝き度で下だったのですね。
    十分輝いていたけど・・・もっともっと輝いていたってことなのね。
    しかし彼女の女優としての知名度を上げたという点では、十分だったんじゃないかな。
    2010年09月10日 02:19
  • ノルウェーまだ~む

    みすずちゃん!うわー、ごめんね。
    もしや飛ばしていた?
    すぐにチェックします!
    ケイトはどちらかというとフケ顔なせいか、今が一番美しく感じるよね。これからどんどん輝いて、綺麗になっていくんじゃないかな~
    2010年09月10日 02:22
  • yukarin

    こんにちは♪
    「エリザベス・ゴールデンエイジ」を先に観ちゃったんですが、ほんとケイト演じるエリザベスは彼女にしかできない感じですね。
    お城の写真いいですね~実際に見てみたいもんです。
    2010年09月10日 12:49
  • ノルウェーまだ~む

    yukarinさん、おはよう☆
    私も「~ゴールデンエイジ」を先に見ちゃった人なんだけど、結構いい年になってからだったので、今回の映画の「少女から女王へ」の変化のほうが、すっごく新鮮ですばらしかったですねぇ。
    お城は詳しくまたUPするので、見てね♪
    2010年09月10日 17:31
  • はらやん

    ノルウェーまだ~むさん、こんにちは!

    何世紀も前のお城がしっかりと保存されているイギリスはすごいですよね。
    またそこで撮影ができてしまうのも。
    確かにイギリスの女王にしても、王様にしても同じ名前が多いですよね。
    歴史好きだけど、やはり混乱してしまいます(笑)。
    2010年09月11日 07:27
  • ノルウェーまだ~む

    はらやんさん、こんばんわ☆
    いやいや、今回もっとすごくて驚いたのが、このアニック城、まだ城主(?)のノーザンバーランドさんが住んでいるのです。
    人が住むと家が傷まないとか言うけど・・・
    お城やマナーハウスで、人がまだ使用している所に行ったのは、今回が初めてでした。
    2010年09月11日 07:55
  • hino

    こちら、こんばんわっ

    まだ~むの撮った写真、綺麗~

    こちらのお城は、エジンバラ城がコンパクトに思えるほど
    広大な感じがします。

    こちらの作品は、、ジェセフ ファインズに悩殺、ドキンドキンしながら観ましたもんでしたー
    若かったのね(^^;
    2010年09月11日 20:35
  • ノルウェーまだ~む

    hinoちゃん、キンスコっ☆
    実はその通りで、東京ドームいくつ分かは分からないけど、敷地は広大!お城もエジンバラ城と同じくらいかなぁ~
    また詳しく旅行記書くので、見てね☆
    ジェセフ・ファインズは実物のロバートに雰囲気似ているのよ。うふふ・・・ドキンドキンね♪
    2010年09月11日 21:22

この記事へのトラックバック

エリザベス(ビデオ)
Excerpt: 暗殺、陰謀、裏切り、たったひとつの恋。残酷なほどに美しい彼女の野望を描く! 最大のサスペンス、それは誰も知らない女王の素顔! 物語:旧教(カトリック)と新教(プロテスタント)の争いが激化する16世紀..
Weblog: パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ
Tracked: 2010-09-09 10:49

エリザベス
Excerpt: エリザベス1世の波乱の人生。 この映画でエリザベスを演じている ケイト・ブランシェットは、 やっぱり1998年作なので、 若々しく、颯爽としていて、 とても美しい。 この映画でも、 豪華な衣装は..
Weblog: 花ごよみ
Tracked: 2010-09-09 18:29

エリザベス
Excerpt: 2月24日(日) 10:20~ キネカ大森2 料金:1000円 パンフ:非売 エリザベス(1998) - goo 映画 未見だった作品。「エリザベス・ゴールデンエージ」の公開に伴い、キネカ大森で上..
Weblog: ダイターンクラッシュ!!
Tracked: 2010-09-09 19:16

『エリザベス』
Excerpt: ケイト・ブランシェットの名前を一躍世界に轟かせたこの作品。この映画を見れば彼女がいかに演技力のある女優であるかは一目瞭然だと思います。しかしながら第71回アカデミー賞でも演技力に関してはケイト・ブラン..
Weblog: こねたみっくす
Tracked: 2010-09-09 20:07

エリザベス
Excerpt:  コチラの「エリザベス」は、現在公開中の「エリザベス ゴールデン・エイジ」の前作にあたるヒストリカル・ロマンスです。  もちろん!本作を観てから、続編である最新作を観たかったところなんですが、コレっ..
Weblog: ☆彡映画鑑賞日記☆彡
Tracked: 2010-09-09 22:08

エリザベス
Excerpt: ケイトのためのような作品。続編(ゴールデンエイジ)が作られるくらいだからそこそこの反響だったのでしょうか。私は正直退屈な映画でした。単に、この時代のイギリス(or ヨーロッパ)の作品はどれもこれもあん..
Weblog: しーの映画たわごと
Tracked: 2010-09-10 10:50

エリザベス
Excerpt: 【ELIZABETH】1999/08/公開製作国:イギリス監督:シェカール・カプール出演:ケイト・ブランシェット、ジョセフ・ファインズ、ジェフリー・ラッシュ、クリストファー・エクルストン、リチャード・..
Weblog: 映画鑑賞★日記・・・
Tracked: 2010-09-10 12:42

「エリザベス」 私は国民と結婚しました
Excerpt: 本作は、先日観た「ブーリン家の姉妹」の登場人物アン・ブーリンの娘でイギリス女王と
Weblog: はらやんの映画徒然草
Tracked: 2010-09-11 06:32

スコットランド旅行☆アニック城
Excerpt: スコットランドから国境を越え、イギリスへと南下して車でまっすぐ行けば、エジンバラから約2時間。 今回はホーリー・アイランドを後にして、だいたい30分で到着した。
Weblog: ノルウェー暮らし・イン・London
Tracked: 2010-09-16 21:08

人気記事