「1911」記念すべき100作目だけど

清朝末期の中国。
王制を倒し中華民国建国のきっかけとなった辛亥革命からちょうど100年。
ジャッキー・チェン100作品目として選んだにしては、ジャッキー自身が控えめで・・・・




画像
「1911」 公式サイト



<ストーリー>

衰退する清朝を倒し、民衆のための国家を作るべく革命を志す孫文(ウィンストン・チャオ)は、武装蜂起をするも失敗し、亡命中だった。
革命活動の指揮を、儀に厚い黄興(ジャッキー・チェン)や中国同盟会の張振武(ジェイシー・チェン)に託し、辛亥革命は次第に中国全土へ広まっていった。

多くの若い同志たちは、戦場で空しく命を落としていき、黄興は苦しむのだが、陰ながら戦場で戦士たちを献身的に支える女性革命家の徐宋漢(リー・ビンビン)との心の交流で、再び立ち上がり、ついに皇太后(ジョアン・チェン)へ退位を求めるところまで漕ぎ着けるのだが・・・・




画像
人民は立ち上がり・・・・  
彼がジャッキー・チェンの息子ジェイシー・チェンだなんて全く知らなかったー
っていうか、どの辺りに出てきたか思い出せないyo


画像
革命の中心的指導者、黄興。 日本で言えば、坂本龍馬というところか。
中国なら、誰もが知っている英雄伝なのだろう。

中国の近代史とか、教科書にたとえ半ページ取り上げられていたとしても、人名に漢字が多くて覚えられないため、読み飛ばす部分だ。(笑)
冒頭部分で、NHKスペシャルよろしく、丁寧に人物紹介をしてくれるも、『どうしても暗記できない中国の細かい歴史』が蘇ってきて、既に私の脳はフリーズ状態(汗)

しかし、作り手も『歴史知ってて当然』の部分が、脚本をかなり不親切にしている気がする。
特に女性活動家との戦火に芽生える‘愛‘は、ちょっと取って付けたようでもあり、1シーンで充分なので、もっと劇的に惹かれあう瞬間をどうせなら演出してほしかった。
(気が付いたら子供が出来ていたし)



画像
孫文が主役?


ジャッキーが主役とサイトではうたっているが、孫文が主役ともいえる。
歴史を追うと、勿論たった一人のヒーローなど有り得ないのだから、誰が主役でもないのは確かだけど、どうもこのあたりがピンボケになってしまったようだ。

画像
戦闘シーンは素晴らしい

かなりお金を掛けたと思われる迫力の戦闘シーン。
私も寝ないで観られたくらい☆



この映画が壮大で、戦場に命を散らせた若き革命家たちを称えているのも充分伝わったけど、自らが総監督なだけに、あまり露骨に英雄として描くのにためらいがあったのかな?
主役が誰なのか、スポットの当て方が全体的になってしまい、記録映画的な仕上がりになってしまっている。



画像
動乱期の中国の政局を動かしたと言われる軍人政治家 袁世凱(スン・チェン)は天才的策略家



人物の見分けが、べん髪か軍人か、一般市民か、ジャッキーかという区別しか出来なかったので、沢山の登場人物に混乱をきたしてしまった私。
これはじっくり大河ドラマか、お正月5時間スペシャルなどで、じっくり見たかったな☆





どうせならもっとジャッキー演じる黄興をクローズアップしてドラマチックに仕上げてほしかった。
でもそんな物足りなさも、ラスト近くでジャッキーのアクションがちょっとだけ見られたので、もう満足☆




一番わからなかったのは、斜め後ろの女性が、エンディングの時に、ずーっとすすり上げて泣いていたこと。
えっと・・・・寝ていなかったはずなのに、感動シーンを見逃したの?私??