「アーティスト」無声の声

モノクロで無声映画。
まさに今年アカデミー賞総なめで映画界を揺るがした映画は、古いのに斬新、昔のよき時代を蘇らせて、堂々と3Dの時代に打って出たその勇気にまず乾杯したい。



画像
「アーティスト」公式サイト

<ストーリー>

無声映画のハリウッド大スター ジョージ・ヴァレンティン(ジャン・デュジャルダン)は、取り囲まれたファンの中から偶然にも一人の女性と知り合ったのが女優を目指すペピー・ミラー(ベレニス・ベジョ)。
端役でデビューした彼女が、楽屋を訪ねてきたとき、大物女優を目指すならと彼女の顔にほくろを描いてあげるジョージ。
それをきっかけにブレイクしていくペピーと対照的に、無声映画の衰退と共に落ちぶれていくジョージ。
妻にも見限られ家や財産まで失っていくジョージを、陰ながら支えていたのは、他ならないペピーだったのだが・・・・


画像
楽屋で一人芝居をしていると・・・・・

無声映画なのでやや心配していたら、やっぱり前半部分でウトウト・・・・
この肝心な一人芝居の辺り、切れ切れになっちゃった。

無声映画の時代をそのままに再現したところは、とってもお洒落でこれがまたハイセンスなんだけど、私は喋っている口元のアップが長くて、その後の台詞も長文だったのが凄く気になっちゃった。
本当の無声映画はもっと台詞が短く、ポンポンと文章が出てくるのに、ちょっとまったりしていて、この隙に眠くなっちゃったんだよね。



『言葉がないけど伝わる演技』ということで、ものすごく評価されているのだけど、私なんて英語の映画にノルウェー語字幕とか、音も雑音が多くて画像もあまりよくない機内の映画とか見慣れているから、『演技だけで感動させる』事に関してちょっとだけ人より評価厳しいかも。


画像
つけぼくろで一躍有名になったペピーは有頂天になり・・・・・

動きも少しコミカルに見えるところなど、無声映画を上手く再現していて絶妙☆
ペピーの軽いキスが新聞に載ったために妻の逆鱗に触れ、家を追い出されるジョージとか、濃厚なラブシーンがあったわけでもないのに・・・・・このあたりも昔っぽいne☆
それにしても、妻は最初お母さんかと思うくらい・・・二人に愛情はなかったのかな?


あえて軽い展開にしているのかもだけど、その分、ペピーがジョージを愛しているのかどうか、ちょっと伝わらなかった。(寝ていたから??)
画像
全てを失ったが、プライドだけは捨てなかった

ジョージが絶望的になって全てを灰にしようとしているところで、犬のアギーが大活躍!
この辺りでは泣けてくる~
さすが『金の首輪賞』を取るだけの事はあるね☆


画像
トーキーで撮影中の監督はペピー人気でご満悦

「ジョージを映画に出してくれなきゃ、私降りるわっ」今や大物スターのペピー。すごいエリカ様だ。



ジョージへの愛情が次第に明かされていって、ラストへ続くくだりは、サイレント映画お得意の思い入れたっぷりの音楽で盛り上げて見事☆
画像
タップのシーンは二人が未来に向かって飛び出していくかのよう・・・・

3Dでもないのに、こちらに向かって飛び出してくるかのようなタップシーンは、彼らの輝く未来に突き進んでいく様が描かれて秀逸。
モノクロ・サイレントの魅力と、トーキーの楽しさを融合させていくところなど、終盤までのシーンは思わず鳥肌が立ってしまうほどだ☆

評判に違わず意欲的で素晴らしい作品に間違いない。

この記事へのコメント

  • KLY

    まだ~むはmigさんと一緒に行ってきたのかな?本当は私も試写状あったんだよね。退社時間ぎりで仕事ふられて諦めたさ…。流石にかなりイラッっと来たけど仕方ないわな…orz
    確かに海外の生活が長いと、そこでの映画ライフは自らの想像力に頼らざるを得ないよね。そりゃまあ頼らずに完全に解る人もいるんだろうけど…^^;
    でも逆に考えると、字幕が全く関係ないから何語でもいいんだよね。そういう意味でサイレントって映画としては普遍性が凄くあるのかなって思ったりもします。多分アメリカでのこ作品みてもやっぱり楽しめるだろうし。
    2012年03月27日 17:59
  • ノルウェーまだ~む

    KLYさん☆
    そうだよーmigちゃんと一緒。そして入り口でまっつぁん発見!
    そうそう、台詞を想像するのも楽しい事だよね。
    私が今までで一番面白かったのは、「スラムドック~」あれは最初に字幕無しの機内で見たのだけど、途中までヒンドゥー語だと気が付かないくらい面白かったもの♪
    2012年03月27日 18:10
  • mig

    まだーむ、インドカレー食べたわ☆あ、一人芝居はそんな肝心でもなかったよ、1分くらいかやってたらすぐジョージが入って来てみてたの。ペピーがジョージを好きなのは伝わってたけどファンという感じに思えたから愛し合ってるっていうのはあの家事の時にフィルムもって逃げた時わかったんだよね。ラストがとにかくいいのとワンちゃん♡ジャンさんも素敵だったね♡
    2012年03月27日 20:02
  • まっつぁんこ

    『金の首輪賞』とったんだ。
    アギーと最後のタップは印象的でした。でも、アカデミー作品賞は他の作品でよかったと思います。作品賞受賞作はいまいち!と思うことが多いなあ(笑)
    2012年03月27日 22:54
  • ノルウェーまだ~む

    migちゃん☆
    ジャンさんは素敵だったけど、まあまあかな♪
    migちゃん剃りこみ好きなのね☆

    愛し合ってるっていうところは伝わりにくかったよねぇ。そういう部分はさらっとやるのが昔風なのかな?
    2012年03月28日 00:06
  • ノルウェーまだ~む

    まっつぁんこサン☆も「ヘルプ~」押しですものね。
    私もヘルプ好き~♪
    ただ、工夫している映画で「ヒューゴ~」と「アーティスト」のどちらを取るかと言われたら、「アーティストかなと思います。
    2012年03月28日 00:09
  • えい

    学生の頃、
    シネマテークのようなところで
    無声映画をよく観ていました。
    で、なぜか、それらは退屈しない。
    オモシロくって観てしまう。
    あの時の記憶が甦りました。
    あの頃の監督たちは、
    音に頼らずに魅せるということを
    よく知っているからなんでしょうね。
    2012年04月03日 19:20
  • ノルウェーまだ~む

    えいさん☆
    無声映画って、言葉がなくても伝わるように作っているのでしょうね。
    昔はそれがベースになっていて、当たり前だったのかもしれないですが、今の時代、ベースが台詞ありなので、そこから無声映画をひねり出すことにどうしてもなってしまうのかも。
    2012年04月03日 23:55
  • にゃむばなな

    ありゃりゃ、寝ちゃいましたか。
    まぁ英語字幕に同じような文字体の訳字幕がつくと見易くはないですよね。
    私はこの映画はロマンスを描きつつも、その奥にはサイレント映画に対する深い映画愛を感じました。
    こういう作品は滅多に出逢えない大傑作だと思いましたよ。
    2012年04月07日 20:06
  • ノルウェーまだ~む

    にゃむばななさん☆
    そうなんです・・・(涙)
    ほんの少しだったのですが、うとっとしちゃいまして。
    いい作品だっただけに、自分でも残念でした。
    もう少し台詞のところをポンポンとやってもらえたらよかったかも。
    2012年04月08日 00:11
  • 風情♪

    こんにちは♪

    >3Dでもないのに、こちらに向かって飛び出し
     てくるかのようなタップシーンは、彼らの輝
     く未来に突き進んでいく様が描かれて秀逸。

    うわぁ~、すっげぇイイ表現っすねぇ。
    お互いに3Dに含むところがあるだけに響きます。

    一時期、キートンやチャップリンを観まくって
    サイレントの良さを学び感じたりしたけど、本
    作を観てサイレントだからこその演出や作品の
    持つ感情や奥深さと言うものを強烈に感じられ
    いろいろと再認識させられる素晴らしい作品で
    した。
    役者陣ももちろん素晴らしかったけど、ここは
    どうしてもJRTのアギーになってしまいますよね。
    もうあの愛くるしさと健気さ、そして芸達者ぶり
    にKO!っすよ♪ (゚▽゚)v
    2012年04月08日 11:51
  • yukarin

    こんにちは♪
    あら寝ちゃったんですか(笑)
    そっか海外の生活が長いから新鮮さが薄れちゃうんですね。
    俳優陣も素敵だったけど、何と言ってもアギーが可愛いかった~。本当に芸達者なわんちゃんだわー。
    2012年04月08日 15:46
  • ノルウェーまだ~む

    風情さん♪
    でしょでしょ?
    3Dと対極にある音も台詞もない白黒映画が、3Dのように飛び出して感じるって、本当に凄いと思うのです。
    人間の想像力を舐めるなよっ!ってかんじでしょうか。
    それにしてもアギーくんです。
    言うほどのことはないんじゃない?と構えて観ていたら、なんの!言うより凄かったです!
    2012年04月08日 23:54
  • ノルウェーまだ~む

    yukarinさん☆
    うーん、新鮮さがなくて寝ちゃったんじゃなくて、なんというか、台詞が出るまで一瞬真っ暗になるでしょ?あの時間が長いの。
    それで真っ暗になるたびに眠くなってしまったのよ~
    間を空けなくてもいいのにな・・・
    2012年04月08日 23:56
  • オリーブリー

    まだ~むさん、こんばんは。

    確かに、慣れるまで無声ってちょっと辛いのね。
    音楽がやたら大袈裟で気になっちゃたり…(苦笑)
    でも凄く引き込まれて、観た人みんな、そう大差のないオリジナルのシナリオ頭で描いてんじゃないか?って思ったわ(笑)
    想像力がかき立てられる素敵な作品でした。
    2012年04月09日 00:57
  • ノルウェーまだ~む

    オリーブリーさん☆
    音楽やたら大袈裟なあたりは、本当にサイレントそのものだったね。
    音楽オーバー、演技オーバーがよりサイレントらしさを演出していたのかも。
    そんな様々な演出から台詞を想像するのも楽しいですね。
    2012年04月09日 09:34
  • ひろちゃん

    まだ~む、こんばんは♪
    前半ウトウトって何となくわかります。私は睡魔は来なかったけど、サイレントに慣れていなくて、前半ちょっと戸惑いましたから(^_^;)

    ですが、気がついたら惹き込まれて観てました♪

    >ペピーがジョージを愛しているのかどうか、ちょっと伝わらなかった。(寝ていたから??)

    あはは~、まだ~むってば、自分で突っ込んでる~(笑)うんうん、寝てたからかもよ~(笑)

    ぺピーの強気には驚かされましたが、エリカ様と同じにするのは、ちょっとかわいそう(笑)
    アーティストの感想で、エリカ様が出て来るとは思ってもみませんでした(^^ゞ
    2012年04月09日 22:56
  • ノルウェーまだ~む

    ひろちゃん☆
    ははは・・・それもこれも、前半キレギレに寝てたからだと思うわ。
    知らないうちにペピーが大ブレイクしていたもの。
    それでエリカ様なんだけど、本当は徐々にスターになっていったのでしょうね。
    すごくいい映画だっただけに、ウトウトしたの凄く残念だわー
    2012年04月10日 00:10
  • kira

    シンプルで優しい人間関係。
    もっとも、そうでないとストレートに伝わらないという中では、
    心理描写が巧く工夫されていたとは思います。
    ほとんど予告で想像できる範囲でしたので私的満足度は皆さんに比べると低くなっちゃった~
    2012年04月12日 21:06
  • ノルウェーまだ~む

    kiraさん☆
    確かに予告編は全部見せちゃっているので、あらかたストーリーが想像できちゃいますよね。
    ストレートでないとサイレントだけに伝わらないし、そこの点は難しいところですね。
    2012年04月12日 22:07
  • sakurai

    ありがとおお。
    いろんな感想があって、面白いよねえ。

    ここは無声のとらえ方ですよね。当然昔のサイレントとは違うわけで、当時のサイレントってのは、もともと台詞がない前提で作ってますんで、ぽんぽんと短いやり取りで見せる。
    この映画は、サイレントというより、無声であると言う頃を利用して、他の音を効果的に使い、台詞が聞こえないこともひとつのミソにしているのかなあと感じました。
    他の音は聞こえるのにジョージは自分の声が発せないことに苦悩するとか、それはサイレント映画の本質じゃないですもんね。
    ストーリーは王道のロマンスでしたが、なんだかこういうやさしいロマンスが足りなかった気がして、とっても癒されました。やっぱロマンスは必要だと思いました。
    2012年04月13日 08:37
  • マリー

    まだ~むも寝ちゃったとのこと、嬉しいよ~~~(笑)
    私、不覚にも眠ったとこかなり重要なシーンだったと、教えていただいて残念でたまらないわぁ。

    ↑のペピーがジョージの服に腕を通して、抱かれてるようにするとこ好きだな。そして彼がそれを見つけてハッとするシーン・・・いいよね。素敵~~ろまんちっくぅ。最近こういうロマンチックさには出会えない気がする。
    ワンコは最高!!!
    2012年04月13日 21:19
  • ノルウェーまだ~む

    sakuraiさん☆はラブロマンスがお好きなのですね。
    こういう王道なラブロマンスは、久しぶりでかえって心地よいですね。
    ストーリーはシンプルに、サイレンとは工夫してなかなか見せてくれました。
    2012年04月13日 21:50
  • ノルウェーまだ~む

    マリーさん☆
    わぁーん、私はそこのいいシーンがキレギレになっちゃって必死で起きようとしてたんだけど・・・残念~~
    ロマンチックマリーさんだけに、胸キュンだったね♪
    ワンコかわいい~~
    2012年04月13日 21:52
  • ノラネコ

    これは期待に違わぬ楽しい映画。
    私はネコ派だけど、この映画のアギーには参った!
    ウワサには聞いていたけど、めちゃめちゃキュートで思わずイヌに浮気してしまいそう(笑
    2012年04月14日 23:08
  • ノルウェーまだ~む

    ノラネコさん☆
    ネコ派でもイチコロのアギーは最高!でしたよね。
    この場合、どう考えても犬でなければ成り立たないストーリーだけに、この映画の最大のキーポイントでもありましたね。
    2012年04月15日 09:31
  • tomoco

    まだ~む、おはよ☆今ごろ来たよ~
    うん、ラストシーン素晴らしかったね!
    どんなに落ちぶれてもどこか明るさを感じさせる描き方してたけど、最後はズバリ明るい未来へとふたりが飛び出してきたものね!
    って、そこ、ふたりは息上がってたのか~気づかなかったわ(爆
    2012年04月20日 10:11
  • ノルウェーまだ~む

    tomocoさん☆
    最後はね、息が上がっているというより息が弾んでいるって言ったほうがいいかも。
    でも観た時は気が付かなかったよ。
    tomocoさんのパロディの、主役の二人がゼイゼイとしているのを見て(ほかの人はそれほどでもなかったから)あれ?って思ったの。
    2012年04月20日 17:36
  • maru♪

    まだ~む♪

    分る! 前半ちょっと眠かった(笑)
    全体的にキレイなんだけど、
    やっぱり描き込みが薄いのはあるかも。
    入り込んで見ちゃうって感じじゃなかったかも・・・
    ラストのダンスは好きだった!
    あのシーンは素敵だったね★
    2012年04月24日 21:58
  • ノルウェーまだ~む

    maruちゃん☆
    そうなのよねぇ。
    斬新なアイデアで無声映画からトーキーへと移り変わっていくところは素晴らしかったんだけど、無声映画で複雑な事が出来なかった分、薄くなっちゃうのは仕方なかったのかな。
    演技で充分伝わったけど、詳しくなかったものね。
    2012年04月24日 22:18
  • みすず

    おはよ!

    面白かったです♪
    内容や台詞を想像するのも楽しいね^^いつも与えられるだけだから^^
    アギーが可愛くて、賞取るのもわかるな~て思っちゃった♪
    2012年04月27日 07:48
  • ノルウェーまだ~む

    みすずちゃん☆
    面白かったよね~(って前半ちょっと寝たけど・爆)
    コウ太くんもこんな風に活躍してくれるかな?
    犬派のみすずちゃんだから、より一層楽しめたんじゃないかな。
    2012年04月28日 08:45
  • SGA屋伍一

    まだ~むさん、こんばんはんすこ~
    昨日はお疲れ様でした。筋肉痛はもう来ましたか? 私は仕事始めの明日あたりに来そうでびくびくしております…

    この映画もなかなかよかったですけど、わたしにとってサイレントといったら1にキートン、2にチャップリンですね。この二人(特にキートン)の作品にはサイレントだとかはるか昔の作品だとか、そんな理屈をふっとばすくらいのパワーがあります。それに比べると『アーティスト』はまあお上品というか物静かな映画だったなあと(「サイレント」だしね…)

    それにしてもホクロの力ってすごいっす。わたしも右胸から腕にかけて無駄にでかいホクロが六つ七つあるんですけど、これなんかの役に立ちませんかね?
    2012年05月06日 21:58
  • ノルウェーまだ~む

    伍一くん☆
    でかいホクロはいかがなものでしょう?
    品の良いホクロなら、「ぼくの北斗七星を見ないかい?」と誘ってみるっていうのは?
    平手をくらっても責任は取りませんけど(笑)

    本物のサイレントと比べちゃうのは可哀相な気もするけど、確かに物静かなサイレントでした。サイレントだけに・・・
    2012年05月07日 08:59

この記事へのトラックバック

アーティスト/The Artist
Excerpt: 新しい時代に対応できないサイレント映画のスター俳優と、その彼に見出されトーキー映画のスターへと上り詰める女優、2人のロマンスをモノクロ映像で描いたサイレント映画だ。『OSS 117 私を愛したカフェオ..
Weblog: LOVE Cinemas 調布
Tracked: 2012-03-27 16:25

アーティスト/ THE ARTIST
Excerpt: ランキングクリックしてね ←please click 第84回アカデミー賞にて作品賞、主演男優賞、衣装デザイン賞、作曲賞最多5部門受賞 試写にて鑑賞。 監督はミシェル・ア..
Weblog: 我想一個人映画美的女人blog
Tracked: 2012-03-27 19:51

アーティスト
Excerpt: アーティスト@東商ホール
Weblog: あーうぃ だにぇっと
Tracked: 2012-03-27 22:45

『アーティスト』
Excerpt: (英題:The Artist) ----これって、噂のサイレント、モノクロ映画だよね。 アカデミー賞にもノミネート…。 「うん。 フランス映画なのに、 外国語映画賞扱いじゃないのはなぜ? なあん..
Weblog: ラムの大通り
Tracked: 2012-03-27 23:01

映画:アーティスト The Artist ノスタルジーというより 時代の変化に立ち向かう姿が、実に現代的。
Excerpt: 噂に上がっているこの映画、実はかなり懐疑的な気分だった。 「いまさら白黒サイレント映画で勝負なんて、恐ろしくノスタルジーなのでは?!」 そんな批判的気分が頭の中を満載だった。 ならば早々に見定めよう..
Weblog: 日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~
Tracked: 2012-03-28 00:13

2012 4月のロンドン公開映画と今月の1本
Excerpt: 3月に引き続いて、大物話題映画は影を潜め、地味なのに★の高い映画を揃えたUK映画。 なんと堂々の満点も。 とても満点取るような映画に見えないけど、捻った作品大好き英国評論家を唸らせた映画とは・・・・
Weblog: ノルウェー暮らし・イン・原宿
Tracked: 2012-04-01 16:02

アーティスト
Excerpt: 試写会で見ました。 【予告orチラシの印象】時代の変化についていけない主人公が犬
Weblog: うろうろ日記
Tracked: 2012-04-02 23:49

アーティスト 老兵は去るのみ・・・ということではない!
Excerpt: 【=16 -1-】 今年初めての試写会鑑賞、今年はちっとも当選しないのだ~(T^T)(そういえば今年は1度当たってたけど試写会の招待状が当日届いてしまってポストから取り出したときにはすでに上映時間を..
Weblog: 労組書記長社労士のブログ
Tracked: 2012-04-03 16:05

『アーティスト』 (2011) / フランス
Excerpt: 原題: THE ARTIST 監督: ミシェル・アザナヴィシウス 出演: ジャン・デュジャルダン 、ベレニス・ベジョ 、ジョン・グッドマン 試写会場: よみうりホール 公式サイトはこちら。 ..
Weblog: Nice One!! @goo
Tracked: 2012-04-04 14:42

アーティスト
Excerpt: 人生は悲しいが美しい。
Weblog: Akira's VOICE
Tracked: 2012-04-07 16:17

ミシェル・アザナヴィシウス監督『アーティスト』(THE ARTIST)
Excerpt: 注・内容、台詞(サイレントなので字幕カード)に触れています。モノクロでサイレント(無声映画)作品で見事、第84回アカデミー賞の作品賞、主演男優賞、監督賞など5部門を受賞した『アーティスト』(サイレント..
Weblog: 映画雑記・COLOR of CINEMA
Tracked: 2012-04-07 17:43

『アーティスト』
Excerpt: どんなに時代が変わっても変わらぬ愛がここにある。 第84回アカデミー賞でフランス映画として史上初の作品賞受賞に輝いたこの映画は、オシャレでロマンティックで映画愛に溢れた大 ...
Weblog: こねたみっくす
Tracked: 2012-04-07 20:18

「アーティスト」 映画の進化
Excerpt: 第84回アカデミー作品賞受賞作品です。 サイレント映画からトーキー映画に移行する
Weblog: はらやんの映画徒然草
Tracked: 2012-04-07 23:15

『アーティスト』の画期的なところは何か?
Excerpt: こんな映画を観たかった!  映画は、技術の進展とともに様々な要素を付け加えていった。トーキー(音声)もカラー(総天然色)も、後から加わった要素である。  けれども現代の映画の作り手たちが、それら....
Weblog: 映画のブログ
Tracked: 2012-04-08 01:59

あの仕草、あの表情。『アーティスト』
Excerpt: サイレントからトーキーへと移り変わる時代のハリウッドを舞台にスター俳優の栄光と挫折を描いた作品です。
Weblog: 水曜日のシネマ日記
Tracked: 2012-04-08 07:34

映画「アーティスト」を観ました。
Excerpt: サイレント映画というのは、テレビでも多分観たことがない。いや、正確にいえば小学校へあがる前だから、5、6才の頃、祖父に連れられて1度か2度、観に行ったような記憶があるが、もちろん内容も配役もからっきし..
Weblog: みなと横浜みなみ区3丁目
Tracked: 2012-04-08 09:40

アーティスト
Excerpt: 評価:★★★★【4点】(18) 内容はいたってシンプル。でも、そこがいい!
Weblog: 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~
Tracked: 2012-04-08 10:38

アーティスト
Excerpt: フランス  ロマンス&コメディ  監督:ミシェル・アザナヴィシウス  出演:ジャン・デュジャルダン      ベレニス・ベジョ      ジョン・グッドマン      ジェ ...
Weblog: 風情♪の不安多事な冒険 Part.5
Tracked: 2012-04-08 11:53

『アーティスト』・・・サイレントに絶妙のギミックを添えて
Excerpt: なんと優しさに満ちた映画なのだろう。 ストーリーの進行上必要最低限のセリフのみが字幕という形で提示され、シーンごとに状況を的確に表すBGMが時に優雅に、時に切なく、時に激しく作品世界を包み込む。それ以..
Weblog: SOARのパストラーレ♪
Tracked: 2012-04-08 14:45

アーティスト
Excerpt: 【THE ARTIST】 2012/04/07公開 フランス 101分監督:ミシェル・アザナヴィシウス出演:ジャン・デュジャルダン、ベレニス・ベジョ、ジョン・グッドマン、ジェームズ・クロムウェル 温..
Weblog: 新・映画鑑賞★日記・・・
Tracked: 2012-04-08 14:58

アーティスト
Excerpt: 劇場にて鑑賞 解説 サイレントからトーキーへと移り変わるころのハリウッドを舞台に、スター俳優 の葛藤(かっとう)と愛を美しいモノクロ映像でつづるサイレント映画。 フランスのミシェル・アザナヴィシ..
Weblog: A Day In The Life
Tracked: 2012-04-08 19:28

アーティスト
Excerpt: 1927年、ハリウッド。 サイレント映画の大スター、ジョージ・ヴァレンティン(ジャン・デュジャルダン)は、新作のオーディションで新人女優ペピー(ベレニス・ベジョ)と出会う。 ジョージの何げないア..
Weblog: 心のままに映画の風景
Tracked: 2012-04-08 19:52

アーティスト
Excerpt: 原題:The Artist監督:ミシェル・アザナビシウス出演:ジャン・デュジャルダン、ベレニス・ベジョ、ジョン・グッドマン、ジェームズ・クロムウェル、ペネロープ・アン・ミラー、マルコム・マクダウェル・..
Weblog: ハリウッド映画 LOVE
Tracked: 2012-04-08 20:26

「アーティスト」声なき憧れの演技俳優スターの窮地を救った女優の憧れの人との声なき夢の共演
Excerpt: 「アーティスト」は1920年代のサイレント映画を舞台にサイレント映画のスター俳優に憧れた女優が女優として駆け上がる途中でスター俳優が挫折し絶望に追い込まれたスター俳優を救う ...
Weblog: オールマイティにコメンテート
Tracked: 2012-04-09 00:23

★アーティスト(2011)★
Excerpt: THE ARTIST 温かい涙、溢れ出す愛。この感動に世界が喝采―― 上映時間 101分 製作国 フランス 公開情報 劇場公開(ギャガ) 初公開年月 2012/04/07 ジャンル ロマ..
Weblog: Cinema Collection 2
Tracked: 2012-04-09 23:09

『アーティスト』お薦め映画
Excerpt: 最新の特撮技術に驚かされていた昨今だが、サイレント映画にもトーキー映画にはない素晴らしい表現力がある。ミシェル・アザナヴィシウス監督のガッツと、ジョージとペピーの映画人生を賭けたラストに拍手喝采! 幸..
Weblog: 作曲♪心をこめて作曲します♪
Tracked: 2012-04-10 16:29

アーティスト
Excerpt: もしヴァレンティノが若死せずに生き続けていたら 公式サイト。原題:The Artist。ミシェル・アザナヴィシウス監督、ジャン・デュジャルダン、ベレニス・ベジョ、ジョン・グッドマン、 ...
Weblog: 佐藤秀の徒然幻視録
Tracked: 2012-04-10 20:19

[映画『アーティスト』を観た(前編:4コマ漫画)]
Excerpt: ☆今年のアカデミー最優秀作品賞ですね。  なかなか面白かったですが、ちょっと淡白かな。  でも、かようなオーソドックスな物語には普遍性が宿っていまして、評価せざるを得ない魅力があります。  京極..
Weblog: 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭
Tracked: 2012-04-11 05:49

『アーティスト』
Excerpt: 君と出会って、世界は再び色づきはじめる。 『アーティスト』 監督・脚本・編集・・・ミシェル・アザナヴィシウス 出演・・・ジャン・デュジャルダン、ベレニス・ベジョ、ジョン・グッドマン、ジェームズ..
Weblog: pure breath★マリーの映画館
Tracked: 2012-04-11 20:54

アーティスト      評価★★★★85点
Excerpt: 1920年代、映画がサイレントからトーキーへと移行する時期のハリウッドを舞台に、サイレントの大スターとトーキーの新進女優の恋物語を情感豊かに描くモノクロサイレント映画。出演は、本作でカンヌ国際映画祭男..
Weblog: パピとママ映画のblog
Tracked: 2012-04-11 23:19

アーティスト
Excerpt: ★★★★★“シンプルだからこそ伝わる情感の豊かさ”この映画、第84回アカデミー賞の作品賞など5部門を受賞し話題になっているのでご存じの方も多いかと思います。この作品はモノクロでサイレントということでも..
Weblog: 映画とライトノベルな日常自販機
Tracked: 2012-04-12 11:48

*アーティスト 感想*
Excerpt: 全編がモノクロ&サイレントで贈る第84回アカデミー作品賞受賞作品。
Weblog: ★ Shaberiba 
Tracked: 2012-04-12 21:03

アーティスト
Excerpt: 原題 THE ARTIST 製作年度 2011年 上映時間 101分 製作国・地域 フランス 脚本:監督 ミシェル・アザナヴィシウス 音楽 ルドヴィック・ブールス 出演 ジャン・デュジャルダ..
Weblog: to Heart
Tracked: 2012-04-12 21:08

アーティスト
Excerpt: 文句なし!こういう映画が見たかった。
Weblog: 迷宮映画館
Tracked: 2012-04-13 08:37

映画「アーティスト」これぞ、映画だ! アカデミー賞独占も納得の作品
Excerpt: 「アーティスト」★★★★★満点! ジャン・デュジャルダン、ベレニス・ベジョ出演 ミシェル・アザナヴィシウス監督、 101分、2012年4月7日公開 2011,フランス,ギャガ (原題:The Art..
Weblog: soramove
Tracked: 2012-04-13 11:26

アーティスト
Excerpt:    『アーティスト』  (2011) 1927年のハリウッドで、サイレント映画のスターとして君臨していたジョージ・ヴァレンティン(ジャン・デュジャルダン)は、新作の舞台あいさつ..
Weblog: サムソン・マスラーオの映画ずんどこ村
Tracked: 2012-04-14 17:06

アーティスト / The Artist
Excerpt: 2012年の第84回アカデミー賞で作品賞、監督賞(ミシェル・アザナヴィシウス)、主演男優賞(ジャン・デュジャルダン)、作曲賞、衣装デザイン賞を受賞。映画がサイレントからトーキーに移り変わる頃を舞台に没..
Weblog: 勝手に映画評
Tracked: 2012-04-14 21:07

アーティスト・・・・・評価額1750円
Excerpt: サイレントの夢よ、永遠に・・・ 「アーティスト」は、1920~30年代のハリウッドを舞台に、トーキーに対応できず、時代に忘れられてゆく主人公と、反対にその声を武器にスターダムを駆け上がってゆく若き女..
Weblog: ノラネコの呑んで観るシネマ
Tracked: 2012-04-14 22:54

アーティスト
Excerpt: アーティスト(4/7公開) ★★★★★(★満点!) よかったです!! 初めてのサイレント映画で寝ちゃうかも?とか心配してたけど、そんなことは全くなく引き込まれました。 切ないんです。純愛? ..
Weblog: 食はすべての源なり。
Tracked: 2012-04-15 00:42

映画「アーティスト」
Excerpt: 注目の映画「アーティスト」を鑑賞しました。
Weblog: FREE TIME
Tracked: 2012-04-15 21:46

アーティスト
Excerpt: 映画という芸術。腹心の友。口元のほくろ。
Weblog: 悠雅的生活
Tracked: 2012-04-16 00:22

芸術家は死なず~『アーティスト』
Excerpt:  THE ARTIST  1927年、ハリウッド・キノグラフ撮影所。サイレント映画の大スター、ジョー ジ・ヴァレンティン(ジャン・デュジャルダン)と、彼に憧れて女優を夢見るペピー ・ミラ..
Weblog: 真紅のthinkingdays
Tracked: 2012-04-16 08:14

『アーティスト』
Excerpt: 『アーティスト/ The Artist 』 今年のアカデミーで作品賞、監督賞、主演男優賞、他5部門を受賞。 オスカー授賞式で見たジャン・デュジャルダンが素敵だったし、 期待は高まる..
Weblog: まいふぇいばりっと ゆる日記
Tracked: 2012-04-17 07:46

『アーティスト』
Excerpt: □作品オフィシャルサイト 「アーティスト」□監督・脚本 ミシェル・アザナビシウス □キャスト ジャン・デュジャルダン、ベレニス・ベジョ、ジョン・グッドマン、ジェームズ・クロムウェル、ペネロープ・ア..
Weblog: 京の昼寝~♪
Tracked: 2012-04-19 08:55

「アーティスト」
Excerpt: 2011年・フランス/配給:ギャガ 原題:The Artist 監督:ミシェル・アザナビシウス 脚本:ミシェル・アザナビシウス 撮影:ギョーム・シフマン 音楽:ルドビック・ブールス 製作:トマ・ラング..
Weblog: お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法
Tracked: 2012-04-20 00:58

「アーティスト」感想
Excerpt: 「OSS 117 私を愛したカフェオーレ」のミシェル・アザナヴィシウス監督、ジャン・デュジャルダン&ベレニス・ベジョ主演。1920年代のハリウッドを舞台に、世間から忘れ去られた無声映画のスター男優と、..
Weblog: 新・狂人ブログ~暁は燃えているか!~
Tracked: 2012-04-20 19:17

今、白黒サイレント映画を!
Excerpt: 13日のことですが、映画「アーティスト」を鑑賞しました。 サイレント映画スター ジョージと新人女優ペピー 時代はトーキーへと移り、ペピーはスターへ しかし ジョージはサイレントにこだわり続けて・・・..
Weblog: 笑う学生の生活
Tracked: 2012-04-21 18:48

『アーティスト』
Excerpt: '12.04.11 『アーティスト』@TOHOシネマズ六本木ヒルズ アカデミー賞取る前から見たかったコレ! 試写会応募しまくったけどハズレ レディース・デイに行ってきたー☆ *ネタバレありです! ..
Weblog: ・*・ etoile ・*・
Tracked: 2012-04-24 21:55

「アーティスト」
Excerpt: このくらいの話って「並」じゃないですか?
Weblog: 或る日の出来事
Tracked: 2012-04-25 00:10

アーティスト
Excerpt: 『アーティスト』を観た。  【あらすじ】  1927年、ハリウッド。  トーキー映画の登場により、サイレント映画の大スター、ジョージ・ヴァレンティン(ジャン・デュジャルダン)は落ちぶれ、エキストラだ..
Weblog: みすずりんりん放送局
Tracked: 2012-04-27 07:46

『アーティスト』
Excerpt: ハリウッドが失った、 art muetな価値観への郷愁と感嘆、温故知新。 映画が映画だった頃、音のないざわめきがあった。 映画が映画だった頃、色のない情感が満ちていた。 美しと麗しのサイレントなモノク..
Weblog: シネマな時間に考察を。
Tracked: 2012-04-27 15:50

「アーティスト」アカデミー作品賞は頷ける
Excerpt: ご存知2011年のアカデミー作品賞に輝いた映画です。 白黒でサイレント映画ですから、物珍しさも有るでしょうが 物珍しさだけでは30分がせいぜいで、そこから観せる力は本物です。 作品賞、監督賞、主演..
Weblog: カサキケイの映画大好き!
Tracked: 2012-04-30 00:42

アーティスト
Excerpt: <<ストーリー>> 1927年のハリウッドで、サイレント映画のスターとして君臨していた ジョージ・ヴァレンティン(ジャン・デュジャルダン)は、 新作の舞台あいさつで新人女優ペピー(ベレニス・ベジョ...
Weblog: ゴリラも寄り道
Tracked: 2012-04-30 04:38

アーティスト
Excerpt: 『アーティスト』---THE ARTIST---2011年(フランス)監督:ミシェル・アザナヴィシウス出演:ジャン・デュジャルダン 、ベレニス・ベジョ 、ジョン・グッドマン、ジェームズ・クロム..
Weblog: こんな映画見ました~
Tracked: 2012-04-30 23:16

アーティスト
Excerpt: Data 原題 THE ARTIST 監督 ミシェル・アザナヴィシウス 出演 ジャン・デュジャルダン  ベレニス・ベジョ  ジョン・グッドマン  ジェームズ・クロムウェル  ペネロープ・アン・ミラー ..
Weblog: 映画 K'z films 2
Tracked: 2012-05-01 23:50

アーティスト THE ARTIST
Excerpt: 今年のアカデミー賞受賞作は、サイレント&モノクロで話題をさらったこの映画でした。 サイレント映画のスター、ジョージ(ジャン・デュジャルダン)が、ちょっとしたアクシデントで彼の大ファンで女優志望のペ..
Weblog: まてぃの徒然映画+雑記
Tracked: 2012-05-04 09:47

芸術はブラック&ホワイトだ ミシェル・アザナヴィシウス 『アーティスト』
Excerpt: 気がつけば約10日ぶりの更新です。はっはっは… 本日はフランス映画でモノクロサイ
Weblog: SGA屋物語紹介所
Tracked: 2012-05-06 21:59

アーティスト
Excerpt: サイレントからトーキーへと移り変わるころのハリウッドを舞台に、スター俳優の葛藤 (かっとう)と愛を美しいモノクロ映像でつづるサイレント映画。フランスのミシェル・アザナヴィシウス監督がメガホンを取り、..
Weblog: Said the one winning
Tracked: 2012-05-10 20:35

アーティスト
Excerpt: 2011年 フランス作品 101分 ギャガ配給原題:THE ARTISTSTAFF監督・脚本:ミシェル・アザナヴィシウスCASTジャン・デュジャルダン ベレニス・ベジョ ジョン・グッドマン ジェームズ..
Weblog: pure\'s movie review
Tracked: 2012-05-24 23:00

アーティスト
Excerpt: アーティスト '11:フランス ◆原題:THE ARTIST ◆監督:ミシェル・アザナヴィシウス「OSS 117 私を愛したカフェオーレ」 ◆出演:ジャン・デュジャルダン、ベレニス・ベジョ..
Weblog: C’est joli~ここちいい毎日を♪~
Tracked: 2012-06-06 00:09

映画:アーティスト
Excerpt:  84回アカデミー賞で最多5部門で受賞したサイレント白黒映画、アーティストの記事です。
Weblog: よしなしごと
Tracked: 2012-08-18 04:21

映画『アーティスト』を観て~アカデミー賞受賞作品
Excerpt: 12-36.アーティスト■原題:The Artist■製作国・年:フランス、2011年■上映時間:101分■字幕:寺尾次郎■観賞日:5月12日、TOHOシネマズ六本木ヒルズ □監督・脚本・編集:ミシェ..
Weblog: kintyre's Diary 新館
Tracked: 2012-09-08 09:33

人気記事