「ミッドナイト・イン・パリ」隣の芝生

ウッディ・アレン監督作品は初体験。
「隣の芝は青い」という単純明快なテーマを、パリならではのノスタルジックでアーティスティックな世界と、ウィットに富んだ大人のジョークで包んだお洒落な作品。




画像
「ミッドナイト・イン・パリ」公式サイト



<ストーリー>

ハリウッドの人気脚本家ギル(オーウェン・ウィルソン)は、娯楽映画の脚本つくりに嫌気が差して、現在小説家を目指して執筆中。
婚約者のイネズ(レイチェル・マクアダムス)の父親の出張に便乗旅行で憧れのパリへやってきた。

そこへイネズの男友達ポール(マイケル・シーン)が現れ、何かと誘ってくる。
うっとうしくなったギルは夜中のパリを一人さまよううちに、ふと1920年代のパリへタイムスリップしてしまい・・・・



文化人なら楽しめる。
えせ教養人かどうかを試される、極上の大人の映画でもある。

画像
モネの蓮池をバックに愛を確かめ合ったのもはじめだけで・・・・・

婚約者と旅行に来ているのに、男友達のカップルとやたらと行動を共にしたがるって、結果は見えているよね。
『家族ぐるみの付き合い』もそう。
度が過ぎて仲良くしすぎるのは、やっぱり問題あるよね・・・・・身近に前例があるので詳しく書けないけど。


画像
箱入り娘なのは分かるけど、娘の婿になる人を馬鹿にしすぎ?

婚約者からも彼女の両親からも酷い扱いなので、ギルが何も持っていない情けない男に見えてしまう。
何の名声もなく小説家を目指しているわけではなく、ギルはちゃんと脚本家として大成してるのにね。

これではきっと結婚してもうまくいかないよねぇ~



画像
ガイドさんを信用しないウンチク垂れのポールの悪口を言ってスッキリしよう~♪



ヴェルサイユ宮殿、凱旋門、モンパルナス・・・・・と、パリの名所を余す所なく紹介してくれる。
ウッディ・アレン監督がパリをこよなく愛しているのがよく判る、最も美しいパリを映し出していて、本当に素敵☆

観光案内映画のようでいて「ツーリスト」のように失敗していないのは、パリという街自体が芸術的に成熟しているからか、はたまたここで教養を試されているからなのか・・・・・(笑)


画像
1920年代にタイムスリップし、出会ったピカソの愛人アドリアナ(マリオン・コティヤール)に目を奪われる

お互い恋人がありながら魅かれあう・・・・ってロマンチックなようで、随分な話ね。
結果的には、恋人と上手くいってなかったからってことで、良い選択ができたからいいけど。

ただし相手がマリオン・コティヤールじゃあ、誰もが恋しちゃうけどね☆


画像
「私はダリ!」って言いすぎ!

実際ガートルード(キャシー・ベイツ)はサロンをやっていて、様々な文化人が集まっていたらしいけど、やってくる人が全部有名人って、ちょっと不自然すぎ~
そのくせ、その『有名な文化人』を半分知らなかった私(汗)

それぞれがそっくりさんらしいけど、顔が分かるのはピカソとダリくらいかな。
ダリそっくりすぎて笑ったwa

画像
アンティークマーケットの女性(レア・セイドゥ)はいかにもパリジェンヌ

自然体が美しいパリジェンヌとは音楽の好みも一緒。
懐古趣味もその時代を懐かしむ程度にしておくのがいいんだね。


ギルは1920年代を愛し、1920年のアドリアナは1890年に憧れ、1890年のドガやゴーギャンは更に昔を懐かしんでいる。


画像
退屈な今より昔、退屈な彼氏より他人の彼氏、退屈な場所より憧れのパリ・・・・

無いものをねだるより、今ある幸せを見つけてみては?

さらりとした皮肉をこめたジョークが、大人の街パリに良く似合う。
ウッディ・アレンの世界にいつの間にか自然体で馴染んでいる、そんな自分も見つけたよ。

この記事へのコメント

  • q  今の自分が自分の全てさ

    愛しの観まくり絵画達の画家作品
    読んで感動した作家達
    午後のパリはチャーミング
    夕方のパリは魅惑的
    じゃあ真夜中のパリは????
    ふふん♪マジックだー
    素敵で迷い込んじゃうよ~
    エレガントでコケティッシュ
    全編、アドリアナのミステリアスで気高い美しさ
    過去を旅する。
    過去は背負って生き、ふり返ってたらつまんないよ
    という生き方はしてるqなのさ
    人が夢を観るから「儚い」
    2012年05月31日 16:25
  • zooey

    『有名な文化人』を私は殆ど知っていたのですが…
    期待したほどには楽しめませんでした。
    もっとパリに魅せられて
    ワクワクドキドキするかと思っていたのですが。
    不思議です…
    2012年05月31日 22:01
  • ノルウェーまだ~む

    qちゃん☆
    夢を見てもいいけど、今の自分を好きになるのが大切だよね。
    アドリアナはいろんな人の愛人をやってその時その時を楽しんでいるのかと思ったら、退屈で過去に行きたがってるのって、ちょっと不思議ね。
    ジルは抗生物質も無い過去に行く事の不安に気付いたけど、更に昔は不便だろうなぁ~
    2012年05月31日 22:15
  • ノルウェーまだ~む

    zooeyさん☆
    文化人を知っているほうが、期待を膨らませちゃうのかな?
    私は半分しか知らなかったので、パリの様々な景色の方を堪能しちゃいました。
    夕暮れの凱旋門とか、灯の灯った橋などパリらしさに溢れてて、それだけでウキウキしませんでしたか?
    2012年05月31日 22:18
  • 風情♪

    こんにちは♪
    どうもポール同様に知識人気取りの風情♪です。
    何とか登場した巨匠たちの名前の2/3は補えたけど、
    ガートルード・スタインとかダリの「犀」のくだり
    なんて全くの【?】でしたよ。
    ピカソにダリにヘミングウェイと世界に名を轟かす
    連中がある時期のある一か所ににバシっと集まって
    来るなんてホントにスゴイ時代だし、パリが芸術の
    都と称される所以を当らめて知ったってぇ感じです
    よね。
    作品によっては取っつきにくいW・アレン監督作品
    だけど、本作は間違いなくオモシロかったし「「カ
    イロの紫のバラ」同様にトキメき知的好奇心をくす
    ぐられる楽しい作品でした♪(゚▽゚)v
    2012年05月31日 22:41
  • ノルウェーまだ~む

    風情♪さん☆
    ダリのサイも?でしたねー
    私の知っている絵には登場してないなーと思って調べてみると、結構絵の中にあったり「レースをまとったサイ」という像が有名みたいです。サイ好きなんですね。
    知的好奇心溢れる大人の映画でした。
    2012年05月31日 22:56
  • KLY

    えとね、無粋なのは解ってて敢えて言うと、いくらパリの雨が良いといってもあれは土砂降りすぎでないかい?と思ったりも(爆)せめて「霧雨じゃ歩いていこう」位にして欲しかったかも^^;
    そっか、ダリは顔が似てたんだ。てか全員顔知りませんので、そっくりさんネタに関しては1mmも気付いてないです…(苦笑)
    2012年06月01日 01:36
  • mig

    オハヨウ☆
    昨夜でかけてて遅くなったわ~!
    で、さっき書こうとしたら日本語入力出来ず再起動してやっと、、、ヤバいね!(涙)
    まだーむはそれほどでもなかったのね、
    私は出演者が好きな人多いし、豪華だし
    憧れ作家達に会うっていう夢のようなお話が素敵すぎた♡からお気に入り♡
    今日は映画の日ね、何か観るのかな???
    2012年06月01日 10:05
  • ノルウェーまだ~む

    KLYさん☆
    確かに!作家や画家の顔まで知っていて「ムフフ」となるとかそのあたり温度差があるよね。
    そういう点でも「この映画が楽しめる文化人かどうか」を試されているような気がしてしまったわ。
    最後のは確かに土砂降りすぎー(爆)
    2012年06月01日 10:56
  • ノルウェーまだ~む

    migちゃん☆
    出演者豪華だったねー
    女性もみんな飛びきり美人だし♪
    まさに夢のようなお話だったわパリの街並みは、この夢のようなお話が良く似合うわ。
    migちゃんアレン爺さん作品すきだものね~
    2012年06月01日 11:03
  • ひろちゃん

    まだ~む、こんにちは♪

    >文化人なら楽しめる

    文化人から、ほど遠い私ですが(苦笑)楽しめましたよん♪
    えせ教養人だからかしら?(笑)

    コメディが好きなので、笑いどころが多かったのと、テーマがわかりやすかったのと、キャストが好きだったのと・・・
    なわけで楽しめたみたいです(笑)

    >身近に前例があるので詳しく書けないけど。

    まだ~むの感想で、これが1番気になってしまった(笑)
    2012年06月01日 14:11
  • ノルウェーまだ~む

    ひろちゃん☆
    うわーすごいなぁ。えせでも教養人ならいいわ♪
    私は細かいディテールで笑えるほど登場した本も読んでなかったし~
    勿論、アレン爺のシニカルな皮肉も好きだし、笑いどころもあってそれなりに楽しめたけどね。
    きっと本物の文化人ならもっともっと面白く感じたんじゃないかなと思って☆
    あ、気になっちゃった?忘れてー(爆)
    2012年06月01日 15:18
  • ノラネコ

    これは軽妙な寓話で楽しかった。
    サイサイ言ってるエイドリアン・ブロディのダリの激似っぷりには大笑いしました。
    こんなタイムスリップなら体験してみたい。
    20年代のパリなら私も行ってみたいな。
    2012年06月01日 22:53
  • ノルウェーまだ~む

    ノラネコさん☆
    私もエイドリアンが登場した途端、爆笑しちゃいました。
    でも検索してみるとエイドリアンはジャン・コクトーにも似てますね。
    20年代は確かに黄金期、魅力的ですよね。
    2012年06月02日 00:16
  • えい

    そういえば『雨の朝巴里に死す』という映画もありましたっけ。
    やはり、パリには雨が似合いますね。
    ン、待てよ。
    『雨の朝巴里に死す』の原作はフィッツジェラルドだ~。
    原題は『The Last Time I saw Paris』だけど…。
    2012年06月03日 18:52
  • ノルウェーまだ~む

    えいさん☆
    イギリスは雨も多くてどんよりしているけど、ちっとも優雅じゃないのに、パリだと雨までお洒落な感じですよね。
    不思議です~
    それほど雨が多くないから優雅なのかな・・・?
    2012年06月03日 21:13
  • yukarin

    豪華キャストでシャレた作品でしたねー。
    うーん、もっと勉強せねばと思いました。
    知らなすぎ、、、
    雨は嫌いだけどパリの雨はなんかいいかも~と思いました。
    2012年06月03日 23:17
  • ノルウェーまだ~む

    yukarinさん☆
    そうなの!
    同じ雨なのにパリの雨はなんだかお洒落に見えてくるから不思議ね。
    それこそパリマジック!
    いかにも素敵なことが怒りそうな街だもの。
    2012年06月04日 00:22
  • オリーブリー

    こんばんは~。

    有名人たちは知らない人もモチロンいたけれど、小粋な大人のムードが良かったナァ。
    現代と過去のギャップが面白いし、キャストがみんな雰囲気ありましたね♪
    夢も現実も大人な作品で楽しめました(笑)
    2012年06月04日 23:51
  • ノルウェーまだ~む

    オリーブリーさん☆
    大人が夢見る街パリってかんじでした。
    そんな夢の国に迷い込んでも不思議は無い雰囲気が確かにパリにはありますね。
    小粋な大人のムード♪いいですね~
    2012年06月05日 00:25
  • きさ

    ウディ・アレン監督の映画を久々に見ました。
    エイドリアン・ブロディのダリに大笑い。
    ダリっていかにもあんなヒトな気がします。いや、会った事ないですが。
    コリー・ストールのヘミングウェイも感じ出ていました。
    ラストはちょっと、、という感じもありますが、うまくまとめていました。
    過去は素晴らしいか、というのがテーマなんですが、私も昔の映画は良かったとか言われると、でもその時代は新作だったんだけどな、と思いますね。
    レイチェル・マクアダムスはファンなんですが、ちょっと損な役でした。でもやはりきれいですね。
    美術館ガイド役のカーラ・ブルーニはサルコジ仏大統領夫人だったんですね。
    2012年06月07日 05:25
  • ノルウェーまだ~む

    きささん☆
    ダリには笑わせてもらいましたねぇ。
    いかにもそんなかんじだろうなというキャラ作りでした。
    ちょっと岡本太郎的な?
    過去はやはりその時代、最先端だったんですものね。
    最先端で異端だったものが、過去のよき時代のものになっていくのでしょうね。
    2012年06月07日 08:54
  • 小米花

    今晩は~。
    コメントありがとうございます。
    いつも気にかけて頂いて、ありがとうございます。

    この映画、パリの映像が美しかったですね。
    そうかぁ~、アレン監督の愛なんですよね~。

    文化人ではない私ですが、それでも強引に楽しんで来ちゃいました(笑)。
    文化人でもポールみたいなのもねぇぇ。。。私のヒガミかも・・・。
    映画ポスターのオーウェン・ウィルソン、アレン監督のような雰囲気出てると感じました。
    2012年06月07日 22:42
  • ノルウェーまだ~む

    小米花さん☆
    ポールはえせ教養人だから、文化人とは又違うのではないかと思うのです。
    本当の文化人は教養をひけらかしたりしないもので、知ってることを発信するのがえせ教養人、会話を楽しんでいると端々に教養がにじみ出るのが文化人じゃないかな☆
    でも文化人じゃなくても映画は楽しんだもの勝ちですよね!
    2012年06月08日 00:13
  • きさ

    私も岡本太郎みたい、と思いましたが、岡本太郎は戦前パリに留学していたので、もしかするとダリ見たことあるのかも。
    で影響うけたのかもしれませんね。
    ダリも身近な人には常識的に接していたという説もあるので、あれば演技なのかもしれません。
    2012年06月09日 10:55
  • ノルウェーまだ~む

    きささん☆
    ダリは身近な人には常識的に接していたというのであれば、かなり確信犯なかんじがしますねぇ~
    岡本太郎のダリから影響説もかなりありえそうですね。
    いずれにしても芸術家のイっちゃってるかんじは古今東西いっしょなのかもしれないです。
    2012年06月09日 15:20

この記事へのトラックバック

ミッドナイト・イン・パリ
Excerpt: パリの狂気の星空を覆う救いの雨 公式サイト。原題:Midnight In Paris。ウディ・アレン監督、オーウェン・ウィルソン、レイチェル・マクアダムス、マリオン・コティヤール、レア・セド .....
Weblog: 佐藤秀の徒然幻視録
Tracked: 2012-05-31 14:36

ミッドナイト・イン・パリ
Excerpt: パリふれあい街歩き。
Weblog: Akira's VOICE
Tracked: 2012-05-31 14:42

「ミッドナイト・イン・パリ」
Excerpt: ~真夜中のパリに魔法がかかる~ 本年度アカデミー賞脚本賞受賞作品2011年   スペイン・アメリカ合作映画   (2012.05.26公開)配給:ロングライド      上映時間:94分監督:ウディ・..
Weblog: NAOのピアノレッスン日記
Tracked: 2012-05-31 14:43

ミッドナイト・イン・パリ
Excerpt: おはなし ギルは婚約者と共に、彼女の両親の出張に便乗してパリを訪れる。彼はハリウッドで売れっ子脚本家として成功していたが作家への夢も捨て切れずにいた。ロマンチストのギル。あこがれの作家ヘミングウェイや..
Weblog: Said the one winning
Tracked: 2012-05-31 16:28

ミッドナイト・イン・パリ/Midnight in Paris
Excerpt: 語り部ウディ・アレンが第84回アカデミー賞脚本賞受賞したファンタジー・コメディ。1920年代のパリを黄金期と信じて疑わない主人公がタイムスリップし、過去の著名な芸術家たちと不思議な交流す姿を描いている..
Weblog: LOVE Cinemas 調布
Tracked: 2012-05-31 16:30

『ミッドナイト・イン・パリ』 前を向いて歩こう
Excerpt: 一番好きな詩人を問われれば、やはりジャン・コクトーかもしれない。もっとも私はフランス語が判らないので、原語ではなく堀口大學の訳で親しむのみだが。  もしもジャン・コクトー主催のパーティーに参加...
Weblog: 映画のブログ
Tracked: 2012-05-31 19:46

ミッドナイト・イン・パリ/MIDNIGHT IN PARIS
Excerpt: 「ガール」も気になってはいるんだけど・・・ 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 映画脚本家のギルは、婚約者イネズの父親の出張に便乗して憧れのパリにやってきた。 脚本家として成功していたギルだが..
Weblog: いい加減社長の映画日記
Tracked: 2012-05-31 20:46

「ミッドナイト・イン・パリ」 心地よい巨匠のお遊び
Excerpt: 監督 ウディ・アレン
Weblog: ももたろうサブライ
Tracked: 2012-05-31 21:16

ミッドナイト・イン・パリ
Excerpt: ウディ・アレンのロマンティック・タイムスリップ映画、『ミッドナイト・イン・パリ』を観てきました。 ★★★★★ また好みのジャンル、タイムスリップ物。 VFXバリバリの『MIB3』に続いて、同じタイム..
Weblog: そーれりぽーと
Tracked: 2012-05-31 21:27

ウディ・アレン監督『ミッドナイト・イン・パリ』(Midnight in Paris)
Excerpt: 注・内容、台詞に触れています。ウディ・アレンの監督生活47年、監督作42本目にして自己最高の興行成績を樹立した『ミッドナイト・イン・パリ』本作でゴールデン・グローブ賞の脚本賞を受賞。アカデミー賞では作..
Weblog: 映画雑記・COLOR of CINEMA
Tracked: 2012-05-31 21:37

『ミッドナイト・イン・パリ』
Excerpt: (英題:Midnight in Paris) 「こういう何の驚きもない映画というのも、 ある意味いいよね。 安心して観ていられる」 ----えっ? これって 主人公が自分の憧れる1920年代の..
Weblog: ラムの大通り
Tracked: 2012-05-31 21:51

ミッドナイト・イン・パリ
Excerpt: スペイン&アメリカ  コメディ&ファンタジー&ドラマ  監督:ウディ・アレン  出演:キャシー・ベイツ      エイドリアン・ブロディ      マリオン・コティヤー ...
Weblog: 風情♪の不安多事な冒険 Part.5
Tracked: 2012-05-31 22:35

迷子の旅人~『ミッドナイト・イン・パリ』
Excerpt:  MIDNIGHT IN PARIS  ハリウッドの売れっ子脚本家だが、実は作家志望のギル(オーウェン・ウィル ソン)は、婚約者のイネズ(レイチェル・マクアダムズ)と憧れのパリにやって..
Weblog: 真紅のthinkingdays
Tracked: 2012-06-01 07:04

ミッドナイト・イン・パリ / Midnight In Paris
Excerpt: ランキングクリックしてね ←please click 去年のカンヌ映画祭でオープニングを飾り、 今年のアカデミー賞作品賞、9作ノミネートのうち日本で公開となる最後の1本 アカ..
Weblog: 我想一個人映画美的女人blog
Tracked: 2012-06-01 09:48

★ミッドナイト・イン・パリ(2011)★
Excerpt: MIDNIGHT IN PARIS 真夜中のパリに 魔法がかかる 上映時間 94分 製作国 スペイン/アメリカ 公開情報 劇場公開(ロングライド) 初公開年月 2012/05/26 ジャン..
Weblog: Cinema Collection 2
Tracked: 2012-06-01 14:04

ミッドナイト・イン・パリ・・・・・評価額1600円
Excerpt: 真夜中のパリは、不思議の街。 ウッディ・アレンが、自らもこよなく愛すパリを舞台に描くファンタスティックな寓話。 世俗的な仕事に嫌気がさし、小説家としての再出発を志す主人公、ギルが迷い込んだのは.....
Weblog: ノラネコの呑んで観るシネマ
Tracked: 2012-06-01 22:46

ミッドナイト・イン・パリ / Midnight in Paris
Excerpt: 酔って深夜のパリを徘徊していると、クラシックカーに乗った人々から一緒に来るように誘われる。戸惑いつつも、付いて行ってみると、いつの間にか1920年代にタイムスリップしていた。 幻想的で、ユニークな内..
Weblog: 勝手に映画評
Tracked: 2012-06-02 08:47

ミッドナイト・イン・パリ
Excerpt: ウディ・アレンのパリ好き度 【Story】 ギル(オーウェン・ウィルソン)は婚約者(レイチェル・マクアダムス)と共に、彼女の両親の出張に便乗しパリを訪れる。彼はハリウッドで売れっ子脚本家として..
Weblog: Memoirs_of_dai
Tracked: 2012-06-02 16:58

『ミッドナイト・イン・パリ』
Excerpt: これはパリでしか撮れない大人の洒落た映画です。 第84回アカデミー賞で脚本賞を受賞したウディ・アレン監督の最新作は、アメリカなんぞでは絶対に撮れない、過去と現代が共存して ...
Weblog: こねたみっくす
Tracked: 2012-06-02 21:05

ミッドナイト・イン・パリ
Excerpt:    『ミッドナイト・イン・パリ』  (2011) ギル(オーウェン・ウィルソン)は、婚約者(レイチェル・マクアダムス)と共に、彼女の両親の出張に便乗してパリを訪れる。 ..
Weblog: サムソン・マスラーオの映画ずんどこ村
Tracked: 2012-06-03 00:58

映画:ミッドナイト・イン・パリ Midnight In Paris 好調ウディ・アレンが再現する1920年代のパリ。
Excerpt: 最近「それでも恋するバルセロナ」「Whatever Works」(邦題忘れた)と、好調な作品が続いているウディ・アレン。 今回もまた評判が良く、アカデミー賞に4部門もノミネーション。 (作品賞/監..
Weblog: 日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~
Tracked: 2012-06-03 07:55

『ミッドナイト・イン・パリ』 (2010) / アメリカ・スペイン
Excerpt: 原題: MIDNIGHT IN PARIS 監督: ウディ・アレン 出演: キャシー・ベイツ 、エイドリアン・ブロディ 、カーラ・ブルーニ 、マリオン・コティヤール 、オーウェン・ウィルソン 、..
Weblog: Nice One!! @goo
Tracked: 2012-06-03 09:24

ミッドナイト・イン・パリ
Excerpt: ギル(オーウェン・ウィルソン)は、婚約者のイネズ(レイチェル・マクアダムス)と共に、彼女の両親の出張に便乗し、憧れのパリを訪れた。 ある日、真夜中の街を彷徨っているギルの目の前に、一台のクラシ.....
Weblog: 心のままに映画の風景
Tracked: 2012-06-03 15:56

ミッドナイト・イン・パリ
Excerpt: 当時の文学や芸術の知識があれば、より楽しめる内容だったと思う。
Weblog: だらだら無気力ブログ!
Tracked: 2012-06-03 19:35

ミッドナイト・イン・パリ
Excerpt: 【MIDNIGHT IN PARIS】 2012/05/26公開 スペイン/アメリカ 94分監督:ウディ・アレン出演:キャシー・ベイツ、エイドリアン・ブロディ、カーラ・ブルーニ、マリオン・コティヤー..
Weblog: 新・映画鑑賞★日記・・・
Tracked: 2012-06-03 23:09

ミッドナイト・イン・パリ
Excerpt: 『ミッドナイト・イン・パリ』---MIDNIGHT IN PARIS---2011年(スペイン/アメリカ)監督:ウディ・アレン出演:キャシー・ベイツ 、エイドリアン・ブロディ 、カーラ・ブルー..
Weblog: こんな映画見ました~
Tracked: 2012-06-05 23:55

アレン流 タイムスリップ!
Excerpt: 映画「ミッドナイト・イン・パリ」を鑑賞しました。 婚約者とパリに訪れたハリウッドの人気脚本家ギル しかし 小説家になることを捨て切れず、1920年代のパリに想いを馳せていた ある夜 彼は憧れの192..
Weblog: 笑う社会人の生活
Tracked: 2012-06-06 18:41

「ミッドナイト・イン・パリ」
Excerpt: 2011年・スペイン・アメリカ/配給:ロングライド 原題:Midnight in Paris 監督:ウッディ・アレン 脚本:ウッディ・アレン 撮影:ダリウス・コンジ 製作:レッティ・アロンソン、スティ..
Weblog: お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法
Tracked: 2012-06-10 13:24

映画「ミッドナイト・イン・パリ」戻れるならいつの時代が良いだろうか
Excerpt: 「ミッドナイト・イン・パリ」★★★★ オーウェン・ウィルソン、レイチェル・マクアダムス、 キャシー・ベイツ、エイドリアン・ブロディ、カーラ・ブルーニ 、 マリオン・コティヤール、マイケル・シーン出演 ..
Weblog: soramove
Tracked: 2012-06-17 09:24

ミッドナイト・イン・パリ      評価★★★★92点
Excerpt: 午前0時の時計台の鐘に導かれ、芸術家たちとの夢の一夜へ 第84回アカデミー賞脚本賞を受賞し、ウディ・アレン作品としては全米で最大のヒットを記録した、ファンタジック・コメディ。 あらすじ:ギル(オーウ..
Weblog: パピとママ映画のblog
Tracked: 2012-06-17 14:29

「ミッドナイト・イン・パリ」
Excerpt: パリの真夜中、過去へタイムスリップ!?
Weblog: 或る日の出来事
Tracked: 2012-06-19 07:56

Midnight in Paris
Excerpt: ウディ・アレンあまり得意じゃないのだけども・・・ (って彼の作品を観るたびに書いてる気がする) コレは面白かったー! パリの街並みに溶け込むBGM 時代を象徴する作家やアーティスト達 アート好きじゃ..
Weblog: naguCo.com
Tracked: 2012-06-21 13:10

ミッドナイト・イン・パリ
Excerpt: 『ミッドナイト・イン・パリ』を渋谷ル・シネマで見てきました。 (1)昨年の『人生万歳!』をはじめとして、これまで何本も見ているウディ・アレン監督作品というので、だいぶ遅れてしまいましたが映画館に足を..
Weblog: 映画的・絵画的・音楽的
Tracked: 2012-07-11 06:34

ミッドナイト・イン・パリ
Excerpt: ミッドナイト・イン・パリ '10:米、スペイン ◆原題:MIDNIGHT IN PARIS ◆監督:ウディ・アレン「人生万歳!」「それでも恋するバルセロナ」 ◆出演: キャシー・ベイツ、エ..
Weblog: C’est joli~ここちいい毎日を♪~
Tracked: 2012-09-29 22:00

ミッドナイト・イン・パリ (Midnight in Paris)
Excerpt: 監督 ウディ・アレン 主演 オーウェン・ウィルソン 2011年 スペイン/アメリカ映画 94分 コメディ 採点★★★★ 「まぁ!?なんて後ろ向きな人!」と言われようが何であろうが、自分の過ごしてきた..
Weblog: Subterranean サブタレイニアン
Tracked: 2012-12-03 12:48

人気記事