「桐島、部活やめるってよ」噂に違わぬ面白さ

昨年はなぜか全く興味が沸かずに公開中見逃してしまった「桐島、部活やめるってよ」
こんなに評判が良く、年間ベストの中に選ぶ人が大勢いるなんて!!と、年末に大きくヘコんでいた私。
現在春休み4月5日まで限定で、渋谷シネパレスで再上映されているyo
このチャンスを逃さず観ないと!(DVD出ているけどね)


画像
「桐島、部活やめるってよ」映画com.

<ストーリー>

クラスではほとんど空気のような存在の映画部所属の前田(神木隆之介)は、学校カーストの最下層にいる。
部活の自主制作映画が表彰されても、誰にも相手にされないが、一念発起し新作の製作に取り掛かっていた。

ある日、バレー部キャプテンの桐島が部活を突然やめるという噂が立ち始める。
これをきっかけに次第に人間関係に歪みが生じ、校内のヒエラルキーが崩壊し始める・・・・




画像
映画を表彰されても、嘲笑の的

先生の脚本がダサくて、思ったような作品が作れなかったばかりでなく、それほどの成績でもないのに壇上に上がらされて嘲笑される、カースト最下層の映画オタクのふたり。
うひゃー、こういうの痛々しくて胃がキリキリしちゃう・・・・

でも卒業までに悔いを残さない作品つくりに燃えるキッカケになるわけだし、ガンバッテー!と心からエールを送りたくなる。

それにしてもオタク役をあのイケメン神木くんがやるなんて!
でも実際彼は、結構なオタクらしい・・・・
画像
カースト中の下、吹奏楽部で頑張る部長の亜矢(大後寿々花)

真面目に部活動を頑張っているけど、飛びぬけて美人でもなく、好きな人を影からそっと見守るだけ。
ほとんどの人がこのあたりのカーストに所属しているっていう立ち位置かな。
自分よりカースト下のオタクに強気に出るところが、また痛々しい。



画像
カースト中間層のカスミ(橋本愛)はホラー映画を一人で観に行くオタク的なところもあるけど、熱心に部活動も頑張る
校内カーストに普段から疑問を持っているけれど、顔が良いので自分はカースト上位のJKとつるむ事ができて、安定した地位を確保している。

実はスポーツ万能くんとコッソリ付き合っているのを仲間にも話さずにいたりするけど、ずるくなりきれない真面目さもある。
実際、ほとんどの人が亜矢とカスミに感情移入しやすいんじゃないかな・・・


画像
カースト上位の『カワイイ』JK
オシャレに敏感で、イケメンで頭の良いスポーツ部の彼氏が居る、ある意味最強のJK
クラスでも怖いものなし、好き放題言っても、誰にも文句は言わせない。

桐島などスポーツ部部長とグループを組めるカースト上位男子(彼氏)と同様、その実、カースト最上級の友達には気を遣っていたりする。
まだ上には上がいるのか・・・・原作者の鋭い観察眼には驚かされる。


画像
カースト最上級のスポーツ部部長クラスは背が高くイケメンで、スポーツは天才肌の才能を持つ。

部長としての能力を持つ人が、なぜかイケメンでスポーツに才能があるのか?
それとも才能があってイケメンだと部長になれるのか?
才能があって人望も厚いと、魅力的に見えるからイケメンと思うのか?


努力に努力を重ねても、なかなか努力が報われない凡人を、情け容赦なく叱り飛ばす才能を持つ側の人間。
才能は特権なのか??


そんな最上級に才能のあるスポーツ部部長でありながら、その全てを捨てて、仲間をも捨ててバレー部をやめてしまう桐島。
彼にも苦渋の決断があり、悩みを抱えていることがほんのりと伝わってくる・・・・この些細な表現がまたすごいのだ。

画像
顧問の先生の指導を無視して、自らやりたい部活動に励む前田たち

今まで先生からも生徒たちからも虐げられてきたオタク映画部の仲間が、心をひとつにして立ち上がる!
なんとも痛々しいシーンが続き、胸がチクチクしてきた映画だけに、突然の話の展開に驚き、また心躍る。


いままでチャラけた青春ラブストーリーや、群像劇をあまり評価してこなかったのだけど、これは別!
これこそが本当の青春ストーリーであり、リアルすぎるまでにリアルな学生生活に違いない。
ただリアルを追求しすぎて痛々しい・・・・だけではない、爽快なエンタメとほろ苦い青春が絶妙なバランスを保っているところが、この映画の最大の魅力といえる。

画像
カースト最上級と思われた桐島の、美人の恋人(山本美月)にも打ち明けなかった悩みと同じ思いを映画部のメンバーに吐露する


実は自分たちの好きな事を好きなようにやっている映画部メンバーを羨ましいと言うカースト最上級の男子。
人は自分に無いものに価値を見出し憧れる。
皮肉なものである。

いったい誰が決めたのか学内カースト制。
かつては頭が良ければ一目置かれていた時代は、不景気による「いい大学を出てもいい就職が出来るとはかぎらない」世の中のせいで終わり、今や空気を読んで上手に世渡りできるなんちゃってイケメンが上位に食い込んできた。
生まれ持った容姿と、チャラけたヤツらだけがカースト上位を牛耳る世界を作り出して、生き難い学生生活を強いているのは、行政までもが『カワイイ 』を良しとする風潮を作り出している、他ならぬ大人たちが原因だと、思いを馳せながら鑑賞した。



主役とおぼしき題名にもなっている『桐島』が、なんと!1度たりとも登場しないという斬新で驚きのこの映画。
まだ観てない人はゼッタイ観て欲しい☆普段邦画を見ない人にも是非~

この記事へのコメント

  • きさ

    これは面白い、良い映画でした。
    痛い映画ではないかなあと迷っていて、確かに色々痛い映画でしたが、昨年見ておいて良かったです。
    昨年の邦画ベスト2ですね。1位は「鍵泥棒のメソッド」。
    2013年04月04日 05:55
  • ノルウェーまだ~む

    きささん☆
    「鍵泥棒のメソッド」も見逃しちゃってました!
    これも評判よかったですよね。
    次はコレを見ますっ☆
    2013年04月04日 12:02
  • SGA屋伍一

    おお、まだ~むご覧になりましたか。わたしも周りの評判に流されて映画館まで行ったのだけど、見逃さなくてよかった~と思いました
    胃がキリキリ・・・というけれど、まだ~むは学校カーストでもかなり上の方だったんじゃないの?
    吉田監督は日本アカデミー賞受賞の際「青春とか大嫌いだったんですけど」と語ってましたw そんな監督の複雑な思いがよく表れていたと思います
    2013年04月04日 23:19
  • mig

    まだーむ、これ観たのね!え、映画館で??
    DVDで観るつもり♪
    すごいツイッターでも評判よかったのだ、
    翔も面白いっていってたし。
    観たらお邪魔するね☆土曜日よろしく♪
    2013年04月05日 00:05
  • ノルウェーまだ~む

    伍一くん☆こちらにもありがとー!
    なるほど!
    監督も私と同じように青春とかキライだったのね。

    私の立ち位置は、そうねぇ~ほとんど亜矢だけど、心はカスミってところかな。
    華々しいカースト上位JKとも仲良くできるけど、基本真面目ちゃんだったからねぇ。なぜか美人の友達が昔から多いのが自慢♪
    でもカースト最下層で虐げられている人を見るのは、胃がキリキリして辛いよ。
    2013年04月05日 00:06
  • ノルウェーまだ~む

    お、migちゃん☆
    これはレンタル始まってすぐDVDで、だいぶ前に見たのだけど今頃UPしたの。
    調べたらなんと映画館でやっていたのだ!
    migちゃん的にはどうかなぁー?感想楽しみ♪
    2013年04月05日 00:08
  • rose_chocolat

    実は原作は映画とは全く違う作りになっています。
    吉田監督が映画化に当たって再構成したってところでしょうね。なので落とし所がうまくできていると思います。

    スクールカースト、嫌な言葉ですがこれは大人の世界にもあります。学校と家の往復で生きる世界が狭いので、そこから逃げたくても逃げられないのが中高生なのでしょうね。
    2013年04月05日 07:06
  • ノルウェーまだ~む

    rose_chocolatさん☆
    そうですねぇ。
    社会全体が気付かぬうちにカーストを作り出していて、それが結局自分たちに跳ね返ってきていると、気付いている人は少ないのでしょう。

    原作は全く違うのですね!ますます興味沸いてきました。
    2013年04月05日 09:46
  • ノラネコ

    まあ間違いなく昨年の邦画を代表する一本でしょうね。
    群像劇とすることで、誰もが自分をスクリーンのどこかに見ることができるというか、否が応でも見てしまうというか。
    スクールカーストなんて言葉は私の頃にはなかったけど、ええもちろんゾンビ映画撮ってましたとも(笑
    2013年04月06日 18:54
  • とらねこ

    ノルウェーまだ~むさん、こんばんは!
    久しぶりにお邪魔しまーす。
    目に見えないカースト制を描きながらも、各キャラの心理分析があまりにも上手にできているところがこの作品の魅力でしたよね。実際こういう奴いるいる!分かる!みたいな。

    文化部に所属するだけで何となくカースト下の方、変わり者扱いというのも本当に良く分かるし…
    何かに熱くなれない弘樹だからこそ、クールな存在で居られるというのも本当に納得でした。
    後から考えたらやっぱりやりたいことやれてる人の方が楽しい人生になるよって、今だと思っちゃいますね。
    2013年04月06日 20:07
  • ノルウェーまだ~む

    ノラネコさん☆
    ゾンビ映画撮影されてましたか・・・♪
    いいですよー青春ですよー
    私は友達に頼まれてノート一冊「ベルばら」のイラスト&オリジナル漫画描いたりしておりました・笑
    当時はスポーツマン・秀才・何かに才能のある子などは人気者だったと思うのですが、今は見た目だけの世の中になっているのがなんとも虚しいですね。
    2013年04月07日 09:27
  • ノルウェーまだ~む

    とらねこさん☆
    大人になってみると案外何でもない事だったりするのが、あの頃は一大事だったりしましたねぇ。
    本当にやりたいことをやっているように見えて、チャラいメンバーも本心は違う事を望んでいて無理をしてるってパターンもあったりしますね。
    熱くなれることに打ち込める人がカースト上位になれる世の中を作り出していってあげたいですね。
    2013年04月07日 09:31
  • きゅうり

    DVDでみたのでうれしくて書きます
    カーストという単語がまだむの解説にあったので引いていましたが、私の昔(40歳台いのしし年よ)と違うなと思いました
    私は田舎の高校なので映画部とかなかったし
    どの体育会系の部活もチームスポーツでいい成績とか無理だし
    おしゃれする子はいたけど、きれいな子は部活していたぞ
    今の子達(娘と息子)は、ぶさいくかいけめん、しかなくって
    ぼろを着ていてもきれいに洗濯した服を着ていることが大事とかいっても
    説得できなかった
    もーいやな世の中になったもんですね
    劇中に出てきた「おまたー」が気に入って息子に言ったら
    いまどきそんなこといわんよと、強くいわれても、おもいだしただけでもなんだか楽しい今日この頃です
    2014年04月14日 20:40
  • ノルウェーまだ~む

    きゅうりさん☆
    ほんと、何でもあって便利で暢気な生活が出来る世の中なのに、どんどん生き難くなっている若い子たちをみると、なんだか気の毒にもなってくるよね。
    海外では言葉が通じない苦労、日本では言葉が通じる苦労があるなーと感じるわ。
    2014年04月15日 00:27
  • にゃむばなな

    学生はみんな「個性個性」と言うけれども、他人を誰でも分かりやすい「容姿」という一分野でしか評価しないのが現実。
    もし本当に個性を重要視するなら、各々得意な「才能」という一分野を評価すべきなのに。
    そこんとこが静かに語られている映画でしたね。
    2014年05月28日 15:49
  • ノルウェーまだ~む

    にゃむばななさん☆
    人は上辺だけでは判らないのだと、静かに熱く語られていましたね。
    表面の美しさや体裁だけを整えて、中身がないことから起きる事件がいろいろとあるのを見ると、世界中がこのような傾向にあるのかもしれないですね。
    哀しいことです。
    2014年05月28日 22:13

この記事へのトラックバック

学園煉獄 朝井リョウ 吉田大八 『桐島、部活やめるってよ』
Excerpt: 朝井リョウ氏による印象的なタイトルの青春小説を、『クヒオ大佐』『パーマネント野ば
Weblog: SGA屋物語紹介所
Tracked: 2013-04-04 23:20

『桐島、部活やめるってよ』 陽はまた昇る
Excerpt: サミュエル・ベケットが『ゴドーを待ちながら』を発表したのは1952年のことだ。この著名な戯曲は、それから半世紀以上たった今でも世界のどこかで上演され続けている。  『ゴドーを待ちながら』が表題にゴ....
Weblog: 映画のブログ
Tracked: 2013-04-05 00:54

『桐島、部活やめるってよ』 (2012) / 日本
Excerpt: 監督: 吉田大八 出演: 神木隆之介 、橋本愛 、大後寿々花 試写会場: 新宿バルト9 公式サイトはこちら。 (2012年8月11日公開) 今年の夏、同世代の中高生の注目を恐らく一..
Weblog: Nice One!! @goo
Tracked: 2013-04-05 01:27

桐島、部活やめるってよ
Excerpt: 遅ればせながら『桐島、部活やめるってよ』を新宿バルト9で見ました。 (1)物語の舞台は現代の高校(山がすぐそばにある地方の高校でしょう)、登場するのはほとんどが高校2年生ながら、まずまずの作品に仕上..
Weblog: 映画的・絵画的・音楽的
Tracked: 2013-04-05 05:34

「桐島、部活やめるってよ」桐島パニックに巻き込まれた先にみたそれぞれの立場から見た人間関係の距離感
Excerpt: 「桐島、部活やめるってよ」は朝井リョウの原作を映画化した作品で男子バレーボール部で人気だった桐島が部活を辞めた事で周りに様々な衝撃を与えて、関わりある人も関わりない人 ...
Weblog: オールマイティにコメンテート
Tracked: 2013-04-05 06:20

『桐島、部活やめるってよ』
Excerpt: □作品オフィシャルサイト 「桐島、部活やめるってよ」□監督 吉田大八 □脚本 喜安浩平、吉田大八□原作 朝井リョウ □キャスト 神木隆之介、橋本 愛、大後寿々花、前野朋哉、岩井秀人、東出昌大、山本..
Weblog: 京の昼寝~♪
Tracked: 2013-04-05 08:12

吉田大八監督『桐島、部活やめるってよ』
Excerpt: 注・内容に触れています。朝井リョウ・原作、吉田大八監督『桐島、部活やめるってよ』出演は、神木隆之介、橋本愛、大後寿々花、東出 昌大、他物語・バレー部のキャプテンで成績も優秀な桐島。ガールフレンドは校内..
Weblog: 映画雑記・COLOR of CINEMA
Tracked: 2013-04-05 11:20

桐島、部活やめるってよ(2012-108)
Excerpt: 桐島、部活やめるってよ 新宿バルト9 最初に。 もう遅いかもしれませんがこれから見にこうと思っていて 原作も読んでいないならなんの情報も仕入れずに観に行く ことをおすすめします。 とある田舎....
Weblog: 単館系
Tracked: 2013-04-05 21:41

「桐島、部活やめるってよ」 それでも俺たちはこの世界で生きていかなければならないのだから
Excerpt: 高校生くらいになると、幼い時のように無邪気に夢を見ることはできなくなってきます。
Weblog: はらやんの映画徒然草
Tracked: 2013-04-06 12:41

桐島、部活やめるってよ・・・・・評価額1700円
Excerpt: 桐島とは、何者だったのか? 成績優秀、スポーツ万能、誰もが憧れ一目置く学園のヒーローで、バレー部キャプテンの桐島が、ある日突然姿を消す。 そして齎された、「桐島、部活やめるってよ」という何気な.....
Weblog: ノラネコの呑んで観るシネマ
Tracked: 2013-04-06 18:51

映画「桐島、部活やめるってよ」
Excerpt: 映画「桐島、部活やめるってよ」を鑑賞しました。
Weblog: FREE TIME
Tracked: 2013-04-07 10:40

桐島、部活やめるってよ
Excerpt: 大後寿々花が可愛くなってたなぁ。
Weblog: だらだら無気力ブログ!
Tracked: 2013-04-07 12:04

桐島、部活やめるってよ
Excerpt: タイトルの桐島君自体はきちんと出てこない作品です。 学校内における上、下の階層なんかはリアルだったなあ。友達関係の中でもあるゴタゴタとかさ。不自由な閉鎖空間の中で生きてきた学生だった人なら、なんと..
Weblog: いやいやえん
Tracked: 2013-04-25 09:18

「 桐島、部活やめるってよ」 DVDで見ました。感想。
Excerpt: ヤマもオチもないある意味リアルな高校生たちの日常。でも引き込まれる作品。
Weblog: ★ Shaberiba 
Tracked: 2013-05-27 20:19

「桐島、部活やめるってよ」
Excerpt: うん、まあ…普通。
Weblog: 或る日の出来事
Tracked: 2014-01-05 22:53

『桐島、部活やめるってよ』
Excerpt: 希薄な人間関係、希薄な情報網、そして希薄な自分自身。 そうそう、学生時代ってこんなしょーもないヒエラルキーがどこにでも存在していて、でもこんなくだらないヒエラルキーか ...
Weblog: こねたみっくす
Tracked: 2014-05-28 15:49

人気記事