「許されざる者」☆和服を着た洋画

1992年にクリント・イーストウッド監督・主演でアカデミー賞他数々の賞を総なめにした「許されざる者」を日本を舞台に焼きなおした作品。
これ以上のキャストはいない、これ以上の壮大な景色はない、申し分のない条件が揃ったこの映画の、何故か1つだけ引っかかるものは・・・・




画像
「許されざる者」公式サイト(9月13日公開)

<ストーリー>

明治維新後の北海道。
かつて人斬り十兵衛と恐れられていた男(渡辺謙)は北海道で、妻と交わした約束どおり刀を封印して二人の子供を育てていた。
しかし客に顔を切り刻まれた女郎たちが賞金を掛けて敵を討ちたがっていると、昔なじみの金吾(柄本明)に説得され、貧しく辛い生活から子供たちを助けたい一心で十兵衛は旅に出る。
街では大石(佐藤浩市)が絶対的権力のもとに、治安という名目で、賞金稼ぎに来た者たちを暴力で追い払っていた。
痛めつけられても刀を抜かない覚悟の十兵衛だったが、仲間の金吾が捕らえられて拷問にかけられたと知り・・・



画像
金吾は昔、十兵衛と共に幕府の兵士として戦った仲間。本当の十兵衛を唯一知る者だ

とにかく柄本明がいい。
若干年寄りすぎだったり、若干台詞が聞き取りにくいから字幕がほしいくらいだったりするけど、ご存知演技はお見事。


画像
北海道の大自然の中を馬で行くシーンは、西部劇そのもの

とにかく柳楽優弥がいい。
すっかり大人になって戻ってきた彼が、まるで別人のようにいい味を出して、アイヌの男の極上の演技をする。
一時期、精神的に低迷していたことも考えると、よくぞココまで頑張った!と、その復活に惜しみない拍手を送りたい。


それにしても、馬に乗って行くだけで何故か西部劇に見えてくるから不思議。
このあたりはクリント・イーストウッドに敬意を表してのことなのだとは思うけど、これは邦画のように見える洋画なのだ。
荒野を馬で行く姿だけを見て洋画っぽいということなのではない。
根底に流れるものが、どことなく洋画なのだ。


画像
大石(佐藤浩市)は町長と警察所長を兼任する絶対的支配者

普通に佐藤浩市がいい。
逆に、三谷作品での常軌を逸した演技に見慣れてしまったせいか、執拗な暴力で町を牛耳る異常さも、わりと抑え目の演技で『普通の人』に見えちゃう。

まだ何もしていないのに、あそこまで酷く暴力を振るう訳がちょっと判らなくて、『普通』に『異常』なことをする事に疑問が沸いてしまった。
でもそれが『異常であること』をより引き立てているのかな・・・・・


画像
女郎たちを引っ張っていく姐御のお梶(小池栄子)は、顔を傷付けられたなつめ(忽那汐里)の為に賞金首に千両を用意する

とにかく小池栄子がいい!
こういう姐御の役をやらせたら右に出る者はいないのは承知のことだけど、特に女郎の仕事を終えた直後の仕草が凄い!
肌もほとんど見せず、身体に接触しているシーンもないのに、こうまで生々しく見せることが出来るなんて!!


画像
賞金首が隠れる警察署兼、刑務所は案外出入りしやすい

洋風の建物と銃撃戦が、より西部劇ちっく。
火縄銃で対抗する警察が、最新式銃に太刀打ちできないのが笑える。


画像
伝説の人斬りとのうわさは・・・・

とにかく渡辺謙が素晴らしい!
世界でも通用する映画になることは間違いない。というより、どちらかというと世界を意識した作りになっているかな。

いよいよ十兵衛が酒場で見せる殺陣も、必要以上に剣さばきを見せ付けるようなエンタメにしなかったのは正解。
より重厚なシーンになったと思うな。


画像
とくかく北海道の大自然が見事

美しい大自然を、素晴らしい映像で見せてくれる。
それは厳しい生活を強いられる貧しい人々をよりいっそう浮き立たせてくれて、圧巻。



しかしこれだけの「素晴らしい」が揃っていて、何故かストンと胸に落ちてこなかった。

それは、身を隠す十兵衛たちの居場所をなつめが易々と見つけられる事とか、十兵衛と一緒に幕府の兵士として闘った過去があるのに、急に金吾が逃げ腰になったりしたことへの違和感だけではない。

なぜだろう?

「日本の魂を吹き込んだ」はずのこの話の根底には、どうしてもクリント・イーストウッドの西部劇の乾いた風が吹いている気がするのだ。
本来、日本の貧しい時代を描く作品には、もっと湿った空気が流れているはずなのに・・・・

この記事へのコメント

  • まっつぁんこ

    十兵衛たちの隠れ家はお梶たちが用意したもの。なつめが易々とみつけられるのは当然です。
    急に金吾が逃げ腰になるのはおかしい。オリジナルのネッド(金吾)はマニーに誘われて仕方なく参加するので一人目の仕事で嫌になって離脱しても違和感がない。
    本作では、金吾が十兵衛を誘う展開に変えてしまったのでおかしなことになってしまいました。
    2013年09月03日 14:08
  • ノルウェーまだ~む

    まっつぁんこさん☆
    やっぱりそうなんですね?
    金吾ガ急に離脱するのが不思議で仕方なかったです。
    ということは、オリジナルは妻に殺しはしないと約束はしてないのかしら?
    近いうちに是非オリジナルで確認死体と思います☆

    なつめが雪の中十兵衛に金を渡すところは、きっと事前打ち合わせしていたってことでしょうかね。
    足跡でモロバレなかんじもしますが。
    2013年09月04日 10:41
  • まっつぁんこ

    オリジナルでも、マニーの妻は亡くなっており、彼女のおかげで彼は真人間にたちかえり貧しいながらも子供ふたりと暮らしているのです。そこにキッド(柳楽の役)が来て賞金稼ぎの誘いをかける。という進行です。オリジナルをぜひご覧ください。
    オリジナルはアメリカ西部だから足跡の心配なし。あれだけ雪が積もっていればたしかに隠れ家はモロバレですね。
    2013年09月04日 13:03
  • xtc4241

    ノルウェーまだ~むさん、こんにちは。
    いま9月5日pm2:00頃です。

    クリント・イーストウッドの「許されざる者」は、僕のNo1フェイバリットです。
    僕も試写に応募してのですが、残念ながら落ちてしまった。
    だから、日本版も楽しみ半分、ダメだし半分でした。
    楽しみといえば、監督の力量がある程度分かっていること。
    フラガールや悪人などで妥協なき演出をするひとだから。
    ダメだしの面では、やっぱり西部劇でないとあの味はでないのではと思っていたこと。
    そういう意味でまだ~むさんの感想は微妙(笑)
    ちゃんと、お金を払ってみてきます。
    2013年09月05日 14:12
  • ノルウェーまだ~む

    まっつぁんこさん☆
    そうなんですよー
    女郎たちが賞金を用意しているのはわかっているはずなのに、彼女たちをマークしてないで、「よーし!探すぞ!」っていうのはちょっとねぇ~と思っちゃいました。
    キャストの演技が素晴らしかっただけに、そういう細かいところがおざなりで残念でした。
    2013年09月05日 15:56
  • ノルウェーまだ~む

    xtc4241さん☆
    きっと予想通りの感想になると思いますよ。
    妥協泣き映像と演技が、鬼気迫るほどの迫力で本当に素晴らしいのですが、反面西部劇でないと出せない味が、そのまま西部劇なかんじになっていて、どっちつかずな印象を与えているように思います。
    2013年09月05日 16:05
  • マリー

    本当は舞台挨拶つきの友達に誘ってもらっていたけど、家の事情で行けなかったから~明日、普通の試写会行きます。
    観たらまたくるね~柳楽くん、楽しみだ!
    2013年09月09日 19:57
  • ノルウェーまだ~む

    マリーさん☆
    わー、楽しんできてー
    私も別に舞台挨拶つきも当たってたんだけど・・・
    試写6人分・舞台挨拶つき2人分で同じ映画ばかり当たるって、どゆこと?(笑)
    2013年09月09日 23:01
  • rose_chocolat

    観た後になかなか書く気になれなかった作品です(苦笑)
    これだけの上質でいいものが揃っているのに、全体でしっくりこないのは何故か? 私にも未だにその理由がよくわからないのよねー。
    2013年09月13日 09:50
  • ノルウェーまだ~む

    rose_chocolatさん☆
    同感です。
    本当に映像も極上、俳優も演技も極上、お話だってオリジナルにほぼ忠実でいいものなのに・・・
    このしっくりこない「何か」が、明確にできないのがもどかしいです。
    2013年09月13日 13:57
  • にゃむばなな

    キャスティングは本当に素晴らしいの一言。
    ただ十兵衛の人斬りとしての実力が最後まで未知数のままなのはいただけませんでしたね。
    あと子供を他人に任せて自責の旅に出るのもねぇ~。
    2013年09月13日 23:12
  • マリー

    観てきました・・・
    重かった・・・凄く重かった。
    アイヌの人を土人(差別用語だよね?)と蔑んで人間扱いしないとか、過去の暗部が描かれていて辛かった。
    しかもあの荒れ地を耕す姿がリアルで~昔の人は実際こうだったんだろうなぁ。それがあって今があるんだろうな・・と
    現代の私たちは感謝の心忘れてない?とそんなことが気になって・・・ちょっと集中出来ず。

    内容に関しては金吾の心情がイマイチ分からなかった。誘って辞めて捕まって・・・の流れが。
    十兵衛妻が回想シーンすら出なかったね。ある意味潔い・・・
    2013年09月14日 00:11
  • ノルウェーまだ~む

    にゃむばななさん☆
    オリジナルでもそうですが、日々の食べ物にも困る生活のなか、幼い子どもだけ置いて2週間もの旅に出ちゃうのは、子供のためなのか何なのか・・・?
    ラストは取り合えずお金を持った彼らに任せたのは、まあギリギリありかな~
    2013年09月14日 09:19
  • ノルウェーまだ~む

    マリーさん☆
    十兵衛の妻が出てこないのは、オリジナルも一緒だったわ。
    アイヌの部分はこの作品ならではなんだけど、ここは実は結構良かった!
    柳楽くんがの濃い顔が、アイヌの人っぽくて違和感なかったし。
    マリーさん真面目!
    確かに過酷な屯田兵を経ての今の豊かさですものね。
    日々を感謝しなくては!
    2013年09月14日 09:23
  • yukarin

    こんばんは♪
    北海道の土地柄か雰囲気は良かったですね。広大な風景に馬で西部劇の雰囲気もありましたしね。
    金吾が逃げ腰になった....のシーンはオリジナルとは違ってたから違和感ありました。なんで変えたんだろう...
    2013年09月15日 22:03
  • ノルウェーまだ~む

    yukarinさん☆
    オリジナルご覧になったのですものね。私もこのタイミングに見ました!
    やっぱり青年をアイヌ出身に変更したことで、どうしても賞金稼ぎを持ちかけたのが金吾となってしまい、その辺に無理が生じたのでしょうね。
    2013年09月16日 09:09
  • ノラネコ

    洋画の様に見えるのは舞台が北海道だからというのが大きいんじゃ。
    今でもそうですけど、海峡を越えると気候や植生もだいぶ違うし、なによりこの時代の北海道は実質的植民地で、まだ日本化される前ですからね。
    逆にこの世界が成立するのは、日本では北海道以外にはありえなかったでしょう。
    2013年09月19日 21:46
  • ノルウェーまだ~む

    ノラネコさん☆
    そうですねー北海道のあの雄大な大自然が、オリジナルの映画を彷彿とさせていましたね。
    私としてはその大自然よりは、馬に帽子を被って乗って旅をするスタイルが西部劇に見えました。
    オサムライでも馬に乗るのに、帽子ひとつで西洋風って不思議ですが。
    2013年09月20日 00:39
  • とらねこ

    「和服を着た洋画」って言い方素晴らしい。
    私の印象もまさにそんな感じです。画も良かったし、雰囲気がバッチリでしたよね。
    私も何となくノレなかったんですが、これ評判はどうなんでしょうね?さほど悪くもないのかな。
    2013年09月26日 01:19
  • ノルウェーまだ~む

    とらねこさん☆
    お褒めいただいて光栄です。

    評判は他の方のレビューを見ても、どこか物足りない、何がどう?と聞かれると判らないけど、何となくノレなかった人多いみたいですよ。
    多分同じような印象だったってことかな。
    さほど悪くも無いけど、思ったより良くも無い?
    2013年09月26日 18:39
  • 有村実樹

    許されざる者
    2019年04月05日 17:06
  • 山口もえ

    辻原登
    2019年04月05日 17:06
  • 山本真祐子

    辻原登
    2019年04月05日 17:07
  • 2019年04月05日 17:08
  • 鷲尾悦也

    浦部春香
    2019年04月05日 17:09
  • 中井精也

    浜浦彩乃
    2019年04月05日 17:09
  • 竹下明希

    柴又帝釈天
    2019年04月05日 17:10
  • 痛快TVスカッとジャパン

    中原中也
    2019年04月05日 17:10
  • 許されざる者

    帝釈天
    2019年04月05日 17:10
  • 新谷野々花

    田中優紀
    2019年04月05日 17:11
  • 許されざる者、というよりは、許されざる者たちですね。

    治安のない辺境で、ブレーキ役となる御大が居ないと、
    どうにもならないわけで、やったやられたの応酬というのは、
    プライドを懸けて、何を守るかによるでしょうね。
    自分よりも、大きなものを守るには、犠牲も付き物でしょう。
    2019年04月05日 18:31
  • ノルウェーまだ~む

    隆さん☆
    大自然に命を賭して大切なものを守ろうとする男たちの姿は神々しくもありましたよね。
    すっかり前に見たのでかなり忘れてしまいましたが、またそのうち見直してみたいです。
    2019年04月05日 21:17

この記事へのトラックバック

許されざる者
Excerpt: 許されざる者@よみうりホール
Weblog: あーうぃ だにぇっと
Tracked: 2013-09-03 13:58

『許されざる者』 2013年8月30日 よみうりホール
Excerpt: 『許されざる者』 を試写会で鑑賞しました。 評価はわかれるんでしょうね。こういう映画は評論家はいい評価なんでしょう 【ストーリー】  1880年、開拓が進む江戸幕府崩壊後の北海道。人里離れた土地で..
Weblog: 気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!)
Tracked: 2013-09-03 14:49

許されざる者(2013年)
Excerpt: クリント・イーストウッドのあの名作を李相日監督が渡辺謙主演で創り上げた日本版リメイクです。 オリジナルは観たことがあるのですけど、あまり覚えていないので、 新鮮な気分で観られるかなと楽しみにしていまし..
Weblog: とりあえず、コメントです
Tracked: 2013-09-04 08:40

許されざる者
Excerpt: 1880年(明治13年)、北海道。 かつて“人斬り十兵衛”と恐れられていた江戸幕府軍の残党・釜田十兵衛は、人里離れた僻地で細々と暮らしていた。 妻に先立たれ、幼い子供たちと極貧の生活を送っていた彼のも..
Weblog: 象のロケット
Tracked: 2013-09-04 11:48

許されざる者 ジャパン・プレミア
Excerpt: その男 人斬り十兵衛 公式サイト http://wwws.warnerbros.co.jp/yurusarezaru9月13日公開1992年のクリント・イーストウッド監督・主演作のリメイク監督: 李相..
Weblog: 風に吹かれて
Tracked: 2013-09-08 19:34

許されざる者
Excerpt: 試写会で見ました。 【私の感覚あらすじ】 北海道で賞金目当てに人殺しに出かける謙
Weblog: うろうろ日記
Tracked: 2013-09-11 19:53

許されざる者
Excerpt: 不殺の誓い。賞金首。別の生き方。(試写会)
Weblog: 悠雅的生活
Tracked: 2013-09-11 21:34

『許されざる者』 (2013) / 日本
Excerpt: 監督: 李相日 出演: 渡辺謙 、柄本明 、佐藤浩市 、柳楽優弥 、忽那汐里 、小池栄子 、國村隼 、近藤芳正 、滝藤賢一 、小澤征悦 、三浦貴大 試写会場: ヤクルトホール 映画『許されざる者..
Weblog: Nice One!! @goo
Tracked: 2013-09-13 09:45

許されざる者 : 魂を揺さぶる映画
Excerpt: 無人探査機ボイジャー1号が昨年8月25日ごろ、人工物として初めて太陽圏を離れたとのこと。ちなみに、本日紹介する作品も今までの報画の枠を離れたといえるこちらになります
Weblog: こんな映画観たよ!-あらすじと感想-
Tracked: 2013-09-13 21:42

『許されざる者』
Excerpt: 人斬り十兵衛、あまりにもストイックすぎる男。 アカデミー作品賞にも輝いたクリント・イーストウッドの代表作であり、西部劇の傑作である『許されざる者』を李相日監督により日 ...
Weblog: こねたみっくす
Tracked: 2013-09-13 23:16

劇場鑑賞「許されざる者」
Excerpt: 終わりのない、負の連鎖… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201309140001/ メール便限定配送料無..
Weblog: 日々“是”精進! ver.F
Tracked: 2013-09-14 15:42

映画:許されざる者 凄い迫力!だが、「なぜ今、日本でリメイク?」の疑問は解消されない。
Excerpt: 1992年クリント・イーストウッド監督・主演の西部劇(アカデミー賞作品賞受賞)のリメイク。 まず特筆すべきは、北海道でのオールロケ。 これがとても美しく、映画の醍醐味のひとつを十二分に楽しん..
Weblog: 日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~
Tracked: 2013-09-14 16:05

許されざる者
Excerpt: 殺生な人生ってツライね。。
Weblog: Akira's VOICE
Tracked: 2013-09-14 17:04

「許されざる者(2013)」 背中に負う十字架
Excerpt: クリント・イーストウッドの「許されざる者」が公開されたのは日本では1993年で、
Weblog: はらやんの映画徒然草
Tracked: 2013-09-15 19:21

許されざる者(2013)
Excerpt: 2013/09/13公開 日本 PG12 135分監督:李相日出演:渡辺謙、柄本明、柳楽優弥、忽那汐里、小池栄子、近藤芳正、國村隼、滝藤賢一、小澤征悦、三浦貴大、佐藤浩市 人は、どこまで許されるのか。..
Weblog: ★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★
Tracked: 2013-09-15 21:57

許されざる者
Excerpt: 評価:★★★☆【3,5点】(F) 重厚な時代劇に渡辺謙はピッタリ合うね
Weblog: 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~
Tracked: 2013-09-16 09:53

『許されざる者』 オリジナルとここが違う!
Excerpt: 【ネタバレ注意】  なんと稀有なことだろう。  クリント・イーストウッドが監督・主演した1992年の映画『許されざる者』は、まごうことなき傑作だ。アカデミー賞の作品賞をはじめ、多くの賞を受賞して....
Weblog: 映画のブログ
Tracked: 2013-09-16 22:19

許されざる者(2013)
Excerpt: 公式サイト。李相日監督、渡辺謙、柄本明、佐藤浩市、柳楽優弥、忽那汐里、小池栄子、國村隼、近藤芳正、小澤征悦、三浦貴大、滝藤賢一。クリント・イーストウッド監督の「許され ...
Weblog: 佐藤秀の徒然幻視録
Tracked: 2013-09-17 00:25

映画「許されざる者」@ヤクルトホール
Excerpt: テレビ東京さん主催の試写会だ。客入りは85%くらい、客年齢は高い。
Weblog: 新・辛口映画館
Tracked: 2013-09-17 01:09

[W侍映画『許されざる者』『ウルヴァリン SAMURAI』を観た]
Excerpt: ☆本日公開作の、本来の時代からズレた「侍」をフィーチャーした2作品を観てきましたよ。  いやはや、どちらも面白かった。  とりあえず、夜の仕事を終えて帰宅してから感想を書きますな^^    ◇    ..
Weblog: 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭
Tracked: 2013-09-17 07:53

『許されざる者』(李相日監督版)
Excerpt: ----『許されざる者』って、 クリント・イーストウッドが監督としてオスカーを受賞した 最初の作品だよね。 それを日本で李相日監督がリメイクなんて、 最初聞いたとき、ニャんか違和感が残ったニャあ。..
Weblog: ラムの大通り
Tracked: 2013-09-17 23:20

『許されざる者』
Excerpt: □作品オフィシャルサイト 「許されざる者」□監督・脚本 李相日□キャスト 渡辺 謙、柄本 明、佐藤浩市、柳楽優弥、忽那汐里、小池栄子、        國村 隼、近藤芳正、滝藤賢一、小澤征悦、三浦貴..
Weblog: 京の昼寝~♪
Tracked: 2013-09-19 08:27

許されざる者・・・・・評価額1750円
Excerpt: “許されざる者”は誰か? クリント・イーストウッドが1992年に監督・主演した「許されざる者」は、西部劇のマスターピースにして、映画史にその名を刻む傑作中の傑作である。 テレビの「ローハイド」からマ..
Weblog: ノラネコの呑んで観るシネマ
Tracked: 2013-09-19 21:40

許されざる者 暴力の本質に迫る!
Excerpt: 【50うち今年の試写会5】 クリント・イーストウッドが監督と主演を務め、アカデミー賞作品賞などに輝いた西部劇をリメイクしたとういうこの作品。 このクリント・イーストウッド版がテレビで放送されていたけど..
Weblog: No War,No Nukes,Love Peace,Love Surfin',Love Beer.
Tracked: 2013-09-20 09:24

許されざる者 ★★★★
Excerpt: クリント・イーストウッド監督・主演で第65回米アカデミー作品賞、監督賞ほか4部門を受賞した傑作西部劇「許されざる者」(1992)を、「フラガール」「悪人」の李相日監督のメガホンで日本映画としてリメイク..
Weblog: パピとママ映画のblog
Tracked: 2013-09-20 20:31

あの名作を日本の手で
Excerpt: 3日のことですが、映画「許されざる者」を鑑賞しました。 試写会にて あのイーストウッド監督作 「許されざる者」の日本リメイク 渡辺謙、柄本明、佐藤浩市、監督は李相日 期待できるメンバーながら、元..
Weblog: 笑う社会人の生活
Tracked: 2013-09-23 00:42

映画「許されざる者」
Excerpt: 映画「許されざる者」を鑑賞しました。
Weblog: FREE TIME
Tracked: 2013-09-23 20:46

[映画][☆☆☆★★]「許されざる者」感想
Excerpt: 「悪人」の李相日監督、「硫黄島からの手紙」の渡辺謙主演。第65回アカデミー賞作品賞を受賞したクリント・イーストウッド監督(及び主演)作品を、舞台を明治初期の北海道に移してのリメイク。 ちなみに1960..
Weblog: 流浪の狂人ブログ~旅路より~
Tracked: 2013-09-26 19:12

許されざる者
Excerpt: 『許されざる者』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)本作は、イーストウッド監督が制作し、アカデミー賞作品賞等を受賞した同タイトルの作品を、すべて日本に置き換えてリメイクしたものです。  元の..
Weblog: 映画的・絵画的・音楽的
Tracked: 2013-09-27 20:26

許されざる者
Excerpt: 見応えある作品だった。
Weblog: だらだら無気力ブログ!
Tracked: 2013-09-28 00:27

許されざる者(渡辺謙)
Excerpt: あらすじはほとんど西部劇版と同じなのだけど、日本の明治維新をはさんだ時代設定にしたので独特の風味が加わった。ロケーションがすばらしいので、日本の自然を見直すこともできた。渡辺謙の鬼のような演技に注目だ..
Weblog: とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver
Tracked: 2013-09-29 00:40

許されざる者
Excerpt: 2013年9月25日(水) 18:45~ 丸の内ピカデリー2 料金:1250円(チケットフナキで前売り購入) パンフレット:未確認 完コピかと思ったよ 『許されざる者』公式サイト クリント・イ..
Weblog: ダイターンクラッシュ!!
Tracked: 2013-09-29 02:06

「許されざる者」再び刀を握った先にみた幼子を依頼人に託して全ての罪を背負って生きる決意をした許されざる者の覚悟
Excerpt: 「許されざる者」(PG12指定)は1992年に全米で公開された許されざる者の日本版によるリメーク作品で、開拓地時代の北海道の蝦夷で暮らすかつて幕府軍切っての殺し屋だった男がある依頼 ...
Weblog: オールマイティにコメンテート
Tracked: 2013-10-06 23:59

「許されざる者」
Excerpt: クリント・イーストウッドのあまりにも有名な同名作品の日本版リメイク。期待して、満を時して、男節(オトコブシ)満開の息子を連れて鑑賞。 …正直、期待した程ではなかった。つまらなかった訳ではないけど…..
Weblog: ここなつ映画レビュー
Tracked: 2013-10-07 13:02

もう誰も殺さなくていい~『許されざる者』
Excerpt:  1880年、北海道。幕末に 「人斬り十兵衛」 と恐れられていた釜田十兵衛 (渡辺謙)は、痩せた土地で二人の子を抱え、極貧の生活を送っていた。そこ へかつての仲間・馬場金吾(柄本明)が現れ、賞金稼ぎ..
Weblog: 真紅のthinkingdays
Tracked: 2013-10-12 21:30

許されざる者
Excerpt: 2013年 日本 135分 ドラマ/時代劇 PG12 劇場公開(2013/09/13) 監督: 李相日 アダプテーション脚本: 李相日 出演: 渡辺謙:釜田十兵衛 柄本明:馬場金吾 柳楽優弥:沢..
Weblog: 銀幕大帝α
Tracked: 2014-02-04 22:35

映画『許されざる者』を観て
Excerpt: 13-73.許されざる者■配給:ワーナー・ブラザース■製作年、国:2013年、日本■上映時間:135分■料金:1,800円■観賞日:9月16日、TOHOシネマズ渋谷(渋谷) □監督・アダプテーション脚..
Weblog: kintyre's Diary 新館
Tracked: 2014-03-02 21:49

許されざる者
Excerpt: 【概略】 かつて「人斬り十兵衛」として恐れられた男は、刀を捨て極貧生活を送っていたが、昔の仲間から賞金首の話を持ち掛けられ…。 アクション クリント・イーストウッドの名作「許されざる者」を邦画..
Weblog: いやいやえん
Tracked: 2015-01-25 09:42

人気記事