「ウルヴァリンSAMURAI」☆リスペクトジャパン

数あるハリウッドに登場してきた『なんちゃってニッポン』
それに比べたら、しっかり日本でロケをしただけあって、日本家屋も景色も着物の着方も、パチンコ屋さんも葬式のやり方も鍋物の具まで、ちゃんと表現されている。
剣道の練習中に宙返りしたり、上野と秋葉原と品川が隣り合わせでも、ま、許そうよー



あまり良い評判を聞いていなかったので、期待値を下げて行って正解♪存分に楽しめたわ☆
今回も、公開後しばらく経つのでネタバレありで。


画像
「ウルヴァリン SAMURAI」公式サイト


<ストーリー>

カナダで隠遁していたウルヴァリン(ヒュー・ジャックマン)は、かつて長崎原爆から身を挺して命を助けた矢志田氏が、余命いくばくもないと知らされ日本へ連れてこられる。
大物実業家として成功した彼(ハル・ヤマノウチ)だったが、再会もつかのま亡くなる。
盛大な葬式で突如襲われた孫娘のマリコ(TAO)を助け、新幹線で逃げる二人は矢志田の別荘で恋に落ちるが、マリコだけが謎の集団に連れ去られてしまう。
マリコを助けに東京へ戻ったウルヴァリンは・・・・・


画像
増上寺では東京タワーも見えて、なかなかの景色

本当の屋根瓦の上を走っていいの??というかんじで、実際走りにくそうな忍者のハラダ(ウィル・ユン・リ-)。
お寺はリアルだけど、案外セットの屋根瓦でないと、思い切っては走れないものなのね。

屋根の上の忍者や、お葬式のマシンガンはやや笑っちゃうけど、喪服や花輪など、きちんと日本の文化を伝えようとする意識が高いのを感じられる。
その点日本を代表する忍者を、日本人が演じられないのが、ちょっと寂しいな。


画像
日本語の演技は下手くそだけど、英語だとなかなか良い味のTAOと、なぜかパチンコ店に逃げ込む

人ごみを逃げる二人だけど、でかい外人と喪服の女性が逃げたら目立つよねー?

秋葉原・パチンコ店・ラブホテル・新幹線と、ザ・日本文化をなぜか富士山以外全て網羅している。
外国から見ると、これが日本文化なわけね?と思うと興味深いわ。

それにしても2012年の夏に、近場で撮影していたとはっ!!
画像
相変わらずマッチョなヒュー様

毎月私を映画に連れて行ってくれるお友達は、Xメンシリーズを1人は1作品だけ、もう1人は見たことがなかったとういのに、私の映画チョイスに合わせてくれてごめんなさい~

「傷も治るし若さも保つし・・・・」と、その彼女にウルヴァリンの特性を説明したところ、「でも演じる人はシリーズを追うごとにだんだん年をとっていくよね・・・」に大爆笑。

ちなみに今回はエンドロールあとに登場するプロフェッサーとマグニートが一緒にウルヴァリンを迎えにくるところから、時系列を考えると、この映画は世間で言われていたような「ファイナルディシジョン」の後の話ではなくて、「X-メン2」と「ファイナルディシジョン」の間の話?と、あれこれグルグル???

いずれにしても、さすがにこれからは時系列を戻った話を作るのは、難しくなっていくね・・・・
それともプロフェッサーのシワをCGで伸ばしたように、映像加工していくのかな?


画像
マリコの父シンゲン(真田広之)は、英語も殺陣も一流

さすが世界の真田広之。
演技はからきしだけどスタイルバツグンの、女性なのにユキオという名前の役の福島リラ。それでも結構なアクションをそつなくこなしている☆
TAO同様モデルさんなのは監督の好みなのかな?


せっかくの大物俳優なんだから、もう少し父シンゲンの苦悩もクローズアップしてほしかったかも。
画像
こんなに忍者がいっぱいいたら、やっぱり外人さんからみると、「わ、日本マジすげー、ニンジャいっぱいいるんだなー」ってなっちゃう

なんちゃってニッポンだったからこそ、忍者ファンタジーも安心して見られたのかも。
結構、日本リスペクトで特に田舎町など忠実だっただけに、余計「忍者だけ嘘よ」と伝わるのか心配になっちゃうわ。


画像
急に脱皮しはじめちゃう毒蛇女ヴァイパー(スベトラーナ・コドチェンコワ)は強敵

毒で弱っていたのかと思ったら、心臓に食いついていた機械っていうのが笑える・・・・
そしてウルヴァリンの若さを保つDNAを吸い取るのに、アマダンチウムを吸い取ってどうするー?


画像
ロボット対戦はやっぱりウトウト

スターウォーズのような渡り廊下での戦い。
このあたりのクライマックスで、なぜか一瞬気が遠くなっちゃった。(見所なのにぃ~)
戦いのシーンはややお決まりで退屈しちゃったけど、侍ロボットの中身がわかって目が覚めたーっ!


半分日本語だったし、リラックスして楽しめた作品。
またX-メンシリーズを順を追って見たくなってきちゃった☆

この記事へのコメント

  • q  す・て・きなオ・モ・テ・ナ・シ♪

    ウルヴァリンの特性?!
    それはずばり!
    ヒュー様 違うか

    へんてこ・ニッポーン出したね~
    ニンジャ、サムライ、
    シンカンセン、ヤクザ、サヨナラ、
    ラブホテル~
    オ・モ・テ・ナ・シ~
    弁慶・矢が刺さる~
    盛って頂きました!
    増上寺に東京タワーだったけど
    しょっちゅう仕事で行ったりしてると
    へ?ここでヒュー様が?!って思えるし
    喪服でパチンコ店って
    そんなことするかよ?!ってウケてた
    どの台もフィーバーじゃねぇか?!とか
    どーみても僧コスプレのチンピラ
    とか うけてたわ~
    2013年10月02日 22:42
  • ノルウェーまだ~む

    qちゃん☆
    僧侶コスプレはチンピラだったのだから仕方ないよね~(笑)
    弁慶的な演出も、日本のこと頑張って勉強したんだなーと関心したよ。
    とりあえず日本文化網羅するために、せっせと頑張ったのね~
    2013年10月02日 23:11
  • みすず

    こんにちは!

    面白かったね♪
    ヒューさまがかっこいいから、もうなんでもいいわ^^
    なんちゃって日本も笑っちゃうけど、観ていると楽しい^^
    先日テレビで外国人にインタビューしてたけど、やっぱ日本には忍者がいると思ってる人がたくさんいたから、どうしても忍者が普通に出ちゃうことになっちゃうんだろうねー^^
    真田さんもかっこいいし。もうちょっと出番があっても良かったね!
    またまたXメンありな終わり方だったから次回作も楽しみ~♪
    2013年10月03日 15:48
  • にゃむばなな

    新幹線の屋根でミュータントと互角に戦えたあのヤクザさん。ある意味最強人類ですよ。
    あれも海外から見た日本の姿なんでしょうか。
    2013年10月03日 16:47
  • ノルウェーまだ~む

    みすずちゃん☆
    やっぱり忍者が存在していると思っている外人さん多いのねー
    確かにこのかんじだと、ヤクザと同レベルで存在しているなぁ・・・(笑)
    ま、ウルヴァリンがそもそも存在してないのだし、忍者が出てきてもいいんじゃないかな~~
    2013年10月03日 22:30
  • ノルウェーまだ~む

    にゃむばななさん☆
    日本のイメージってこうなんですねー
    7年後のオリンピックで、どんな日本をアピールするのか、ますます楽しみになってきました☆
    2013年10月03日 22:31
  • yukarin

    こんばんは♪
    全く...とんでもニッポンを描いてくれたおかげでニンジャはいると確信した外人さんがいるから困りますなぁ、、、いないっつーの^^;
    とんでもニッポンはあまりにもとんでもすぎて逆に面白いくらいでしたわ。
    ヤクザがミュータント並みだったり、新幹線はなぜ緊急停止しないのか(笑)
    でもすべてはヒュー様を堪能できたからヨシとします。

    ただ...ロボ爺登場にはテンション下がりましたね。
    どうせならミュータント爺でも良いのでは??なぜロボ...
    2013年10月03日 23:31
  • ノルウェーまだ~む

    yukarinさん☆
    とんでもニッポンは、東京オリンピックにも忍者を是非登場させてほしいものです(爆)

    ま、ミュータント爺ならウルヴァリンもあんな目に遭わなかったわけで・・・
    っていうか、若返っちゃうほど協力に能力を吸い取ったのに、彼は死んじゃったって???
    いろいろ突っ込みまくりでも、意外に楽しめた私です~~
    2013年10月04日 11:23
  • たいむ

    >外国から見ると、これが日本文化なわけね?
    だいぶ悲しくなるような勘違いが多いけれど、気持ちだけは有り難いと思うように頑張りました(笑)
    本当にニンジャはもう少しなんとかならなかったのかしら・・・。

    この作品は、とりあえず「あったな」くらいでいいんじゃない?(笑)
    2013年10月04日 16:28
  • ノルウェーまだ~む

    たいむさん☆
    まあ、原作に日本が登場するので、ある意味原作どおりってかんじだったとすると仕方ないのかなー?
    そもそもロケ地は、見た目を重視して、この建物の中は○○だけど、玄関は○○、庭は○○ってどの映画もそうなっているのだし、日本の地理や文化がツギハギでも『あり』だと・・・
    いずれにしても「あったな」くらいの映画かも(笑)
    2013年10月04日 18:22
  • きさ

    真田広之があまり活躍しないのが残念。
    ウルヴァリンとの対決シーンはいいのですが、もっとたっぷり見せて欲しかったです。
    日本誤解映画ファンとしてもちょっと物足りない。
    最後の忍者軍団くらいかなあ。
    疾走する新幹線の上でのバトルは面白かったですが。
    ヒロインのTAO、福島リラはなかなか良かったですが。
    例によってクレジット途中にオマケがあります。これが一番良かったかも。
    2013年10月05日 08:50
  • ノルウェーまだ~む

    きささん☆は逆に、とんでもニッポン映画がお好きなのですねー
    案外いいですよね?
    それこそ娯楽って感じがします。
    日本誤解映画の間違い探しも楽しみのひとつです。
    2013年10月05日 10:04
  • マリー

    この映画で意識失いかけた~?
    あれれ…おかしいな…(笑)

    とんでもニッポンがいい感じでよかったね~
    真田さんの活躍がもう少し見たかった!!
    もったいないオバケが出そう~

    女性二人は良かった♪+ヘビ女さんも良かった!!
    ヒューが幸せそうで何よりでした←そこ!?(笑)
    2013年10月05日 21:59
  • ノルウェーまだ~む

    マリーさん☆
    お嬢さん、今日は一日楽しめたかな??
    ギャレットも機械が直って、買える様になったかなぁー?

    うふふ・・・規模はどうでもロボット対戦が始まると、とにかくボンヤリしちゃうの。体質なのだ(爆)

    ヒュー様の彼女が無事なパターンは珍しいから、本当に良かったよね(笑)
    2013年10月06日 01:06
  • きさ

    日本誤解映画ファンとしてはやはり「ベスト・キッド2」ですかね。
    あのオキナワはめまいがするくらい無茶苦茶で楽しかったデス。
    2013年10月06日 09:33
  • ノルウェーまだ~む

    きささん☆
    当時に映画のとんでもニッポンぶりは、もう抱腹絶倒ですよね。
    外国ではまだまだ日本食レストランなど、とんでも日本料理多いですし~~
    そういうのも含めて楽しまなくちゃ☆
    2013年10月06日 13:58
  • セレンディピティ

    こんにちは。
    この作品、結構ブーイングも多かったようですが、私はトンデモ日本を思いっきり楽しみました♪
    モデルの女性2人もなかなか好演でしたね。

    X-MENは1、2と見て、今ひとつ乗り切れずにいましたが、この機会に残りの作品を見ています。
    そうしたら、ファイナル・ジェネレーションはおもしろいではないですか!今までどうして見てなかったんだろうと悔しくなりました。^^
    2013年10月09日 14:26
  • セレンディピティ

    ↑ ファースト・ジェネレーションでした。
    失礼しました。^^;
    2013年10月09日 14:29
  • ノルウェーまだ~む

    セレンディピティさん☆
    シリーズは見ていらっしゃらなかったのですね?
    私は2とウルヴァリンリーズはどれも好きなんです。
    「ファーストジェネレーション」はまたメンバーがちょっと違って、若かりし頃なので、それもまた楽しいですね。
    キッカケで、一気にシリーズを見るのもいいですね~
    2013年10月09日 15:22
  • SGA屋伍一

    まだ~むさん、こんばんは。マリコさん、あんなにおじいさんを慕ってたはずなのに最後の方ではウルヴァリンを守るためにためらいもなくグサッと… 女は怖いな、と改めて思いました
    あと彼女を影ながら守ってた幼馴染の忍者君もなんだか気の毒でした。結局マッチョな外人さんが一番女性にとって優先されるということでしょうか。わたしゃ納得いきませんよ!

    >でも演じる人はシリーズを追うごとにだんだん年をとっていくよね・・・

    ご友人、なかなか痛いところをつきますね。ファムケ・ヤンセンなんかもう47歳。わたし的にはまだまだアリですけどね!
    2013年10月09日 22:21
  • ノルウェーまだ~む

    伍一くん☆
    もう47歳って・・・(滝汗)
    さすがにジーンはもう登場しないと思われますが、アリかアリでないかは別として、回想シーンで年取っていたらオカシイもんね・・・

    そうねぇ、じいさんと幼馴染と束でかかってきても、やっぱりマッチョなウルヴァリンが相手じゃ勝ち目はないでしょうな☆
    2013年10月10日 00:56

この記事へのトラックバック

ウルヴァリンSAMURAI ごしごし♪オ・モ・テ・ナ・シ♪
Excerpt: 監督:ジェームズ・マンゴールド出演:ヒュー・ジャックマン、真田広之、TAO、福島リラ、ハル・ヤマノウチ、ウィル・ユン・リー、ブライアン・ティー スヴェトラーナ・コドチェンコワ、ファムケ・ヤンセン スト..
Weblog: Said q winning
Tracked: 2013-10-02 22:24

ウルヴァリン:SAMURAI/ヒュー・ジャックマン
Excerpt: 『X-メン』シリーズのウルヴァリンを主人公にしたスピンオフ・ムービーの第2弾です。大量宣伝で周知の通り今作の舞台は我らが日本。この大作ヒットシリーズで日本が舞台となるのは ...
Weblog: カノンな日々
Tracked: 2013-10-02 23:23

ウルヴァリン-SAMURAI-
Excerpt: 『ウルヴァリン-SAMURAI-』を見た。  【あらすじ】  カナダで人目を避けるように暮らすウルヴァリンことローガン(ヒュー・ジャックマン)は、以前命を救ったことのある日本人実業家・矢志田からの願..
Weblog: みすずりんりん放送局
Tracked: 2013-10-03 15:44

『ウルヴァリン:SAMURAI』
Excerpt: ウルヴァリン、SAMURAI、トンデモジャパン。 今更、いや今時こんなトンデモ日本を描くとは…。そう思い始めると失笑せずにはいられないこのスピンオフ企画第2弾。原作コミックにも ...
Weblog: こねたみっくす
Tracked: 2013-10-03 16:48

ウルヴァリン:SAMURAI/THE WOLVERINE(3D字幕)
Excerpt: ランキングクリックしてね ←please click ぜったい2Dでふつうに観たかったのに、有楽町も渋谷も3Dでしかやってないので 仕方なく、、、、3D鑑賞  これ、まった..
Weblog: 我想一個人映画美的女人blog
Tracked: 2013-10-03 23:04

ウルヴァリン:SAMURAI
Excerpt: 【THE WOLVERINE】 2013/09/13公開 アメリカ 125分監督:ジェームズ・マンゴールド出演:ヒュー・ジャックマン、真田広之、TAO、福島リラ、ハル・ヤマノウチ、ウィル・ユン・リー、..
Weblog: ★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★
Tracked: 2013-10-03 23:23

映画:ウルヴァリン:SAMURAI The Wolverine 増上寺,秋葉原,上野... 日本で大暴れだけで十二分に満足!
Excerpt: 何たってウルヴァリンって、Xメンの中心人物。 その彼が過去の因縁で、とはいえ日本それも増上寺、秋葉原、上野、都内とか未近な場所に出没! だけでなく、新幹線廊下、新幹線車両の上(笑)、そして長崎など..
Weblog: 日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~
Tracked: 2013-10-03 23:44

ウルヴァリン:SAMURAI
Excerpt: 同じウルヴァリンの名前を冠する前作は微妙でしたが、『X-MEN』シリーズは全部抑えているので嫌な予感がしつつも『ウルヴァリン:SAMURAI』を観てきました。 ★★★★ 「本編が終わってからがこの映..
Weblog: そーれりぽーと
Tracked: 2013-10-04 01:12

『ウルヴァリン/SAMURAI』(2013)
Excerpt: かつて自ら愛する女性ジーンを手にかけたローガンは、カナダの山中で隠遁生活を送っていた。そんな彼の前に日本の実業家・矢志田の使者と名乗るユキオという女性が現れる。かつてローガンは第二次大戦中の長崎で、原..
Weblog: 【徒然なるままに・・・】
Tracked: 2013-10-04 06:16

『ウルヴァリン/SAMURAI』 2013年9月14日 TOHOシネマズ錦糸町
Excerpt: 『ウルヴァリン/SAMURAI』 を観賞しました。 ミュータント少なっ 日本人のミュータントはどんなの出るか期待してたんだけど 【ストーリー】  カナダで人目を避けるように暮らすウルヴァリンことロ..
Weblog: 気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!)
Tracked: 2013-10-04 06:53

ウルヴァリン:SAMURAI
Excerpt: 日本で撮影してくれてありがとう~公式サイト http://www.foxmovies.jp/wolverine-samurai監督: ジェームズ・マンゴールド  「17歳のカルテ」 「ウォーク・ザ・ラ..
Weblog: 風に吹かれて
Tracked: 2013-10-04 08:52

ウルヴァリン:SAMURAI
Excerpt: 不死と爪の一蓮托生。
Weblog: Akira's VOICE
Tracked: 2013-10-04 09:35

ウルヴァリン:SAMURAI
Excerpt: 武士道とは死なないことと見つけたり 公式サイト。原題:The Wolverine(クズリ)。ジェームズ・マンゴールド監督、ヒュー・ジャックマン、TAO、福島リラ、真田広之、ハル・ヤマノウチ、ス ....
Weblog: 佐藤秀の徒然幻視録
Tracked: 2013-10-04 10:33

いろんな意味でビックリ!『ウルヴァリン:SAMURAI』
Excerpt: 『X-メン』シリーズのメインキャラ、ウルヴァリンを主人公にした人気アクションの第2弾です。
Weblog: 水曜日のシネマ日記
Tracked: 2013-10-04 12:50

ウルヴァリン:SAMURAI ★★★★
Excerpt: 「X-MEN」シリーズの人気キャラクターでヒュー・ジャックマンが演じるウルヴァリンを主人公とした「ウルヴァリン:X-MEN ZERO」(2009)の続編。カナダで隠遁生活を送っていたウルヴァリンは、あ..
Weblog: パピとママ映画のblog
Tracked: 2013-10-04 13:51

映画「ウルヴァリン:SAMURAI」@シネマサンシャイン平和島
Excerpt: 公開二日目の夕方。この劇場自慢のハイクオリティーサウンドを搭載したimm3Dサウンドシアターには、私を含めてたったの11名と惨たんたる客入りだ。+¥400を払い3D吹き替え版を鑑賞した。
Weblog: 新・辛口映画館
Tracked: 2013-10-04 16:53

ウルヴァリン:SAMURAI
Excerpt: 評価:★★【2点】(F) 英国自動車バラエティ番組でヒューが最新映画の裏話してた
Weblog: 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~
Tracked: 2013-10-04 20:31

『ウルヴァリン:SAMURAI』 牛丼の看板との共通点は?
Excerpt: 2013年公開の『ウルヴァリン:SAMURAI』は2009年の『ウルヴァリン: X-MEN ZERO』の続編だと思っていたが、意外や『X-MEN』三部作の後日談だった。  映画を作中の時系列で並べれば..
Weblog: 映画のブログ
Tracked: 2013-10-05 01:10

ウルヴァリン:SAMURAI
Excerpt: ツッコミどころは多いけど、面白かった。
Weblog: だらだら無気力ブログ!
Tracked: 2013-10-05 01:18

「ウルヴァリン:SAMURAI」
Excerpt: 「X-MEN」シリーズの人気キャラクター、ウルヴァリンを主人公にしたスピンオフシ
Weblog: セレンディピティ ダイアリー
Tracked: 2013-10-09 14:09

「ウルヴァリン:SAMURAI」 王道で普通
Excerpt: アメリカでは「X-MEN」シリーズに登場するミュータントの中でウルヴァリンの人気
Weblog: はらやんの映画徒然草
Tracked: 2013-10-09 22:09

ウルウルヴァリンは二度死なない ジェームズ・マンゴールド 『ウルヴァリン:SAMURAI』
Excerpt: ひとつ 人より治りがはやい ふたつ フジヤマ カレーがうまい みっつ ミュータン
Weblog: SGA屋物語紹介所
Tracked: 2013-10-09 22:23

映画「ウルヴァリン:SAMURAI」新幹線での闘いは驚いた!
Excerpt: 映画「ウルヴァリン:SAMURAI」★★★★ ヒュー・ジャックマン、真田広之 TAO、福島リラ、ファムケ・ヤンセン ウィル・ユン・リー、スヴェトラーナ・コドチェンコワ ハル・ヤマノウチ、ブライアン・テ..
Weblog: soramove
Tracked: 2013-10-10 07:09

ウルヴァリン:SAMURAI
Excerpt: タイトルを見ただけでハリウッドも困ったもんだという笑いがこみ上げてきてしまう作品なのですが、実際に原作で日本人妻を娶るウルヴァリンの話があるもんだから、なんともいえなくなる。新幹線上で戦うのとか失..
Weblog: いやいやえん
Tracked: 2014-01-09 09:45

ウルヴァリン:SAMURAI
Excerpt: THE WOLVERINE 2013年 アメリカ 125分 SF/アクション 劇場公開(2013/09/13) 監督: ジェームズ・マンゴールド 製作総指揮: スタン・リー 出演: ヒュー・ジャ..
Weblog: 銀幕大帝α
Tracked: 2014-01-21 22:22

ウルヴァリン:SAMURAI
Excerpt: ウルヴァリン:SAMURAI / THE WOLVERINE  2013年 アメリカ映画 20世紀フォックス製作 監督:ジェームズ・マンゴールド 製作:ローレン・シュラー・ドナー  ハッチ・パ..
Weblog: RISING STEEL
Tracked: 2014-06-13 10:24

人気記事