「利休にたずねよ」☆美に惑わされる

まさに『日本の美』の真髄である。
紛れも無い日本がそこにあり、日本の美を限りなく追求して、これほどまでに見事に再現しつくした映画が他にあっただろうか?
しかしその美に惑わされ、酔っている間に見落とした何かがそこにはあり・・・・


画像
「利休にたずねよ」公式サイト

<ストーリー>

信長(伊勢谷友介)に気に入られ、秀吉(大森南朋)にも「天下一の宗匠」と重宝がられた利休(市川海老蔵)だったが、やがて秀吉に疎まれ切腹を申し付けられる。
思い出すのは、彼がまだ青年の頃に出会って恋に落ちた高句麗の女性のことだった。
そんな利休に妻・宋恩(中谷美紀)は、「あなたはずっと想い人がいたのでは・・・?」尋ねるのだが・・・・



画像
自分の美に対する目が確かなことに自身がある利休は・・・・

「美は私が決めること、わたくしが選んだ品に伝説が生まれます。」と予告にもある自信満々な利休は、私が思い描く利休の姿というよりも、海老蔵そのものにも思える。
というよりも、どこか俺様なイメージもある直木賞を受賞したこの小説の利休を演じられるのは、まさに海老蔵にほかならないのかも。

画像
故 市川團十郎と親子競演を果たす

たとえ映画の中の1シーンであったとしても、父 市川團十郎に「本物の目を持っている・・・」というような事を言ってもらえたのは、彼にとっても相当に嬉しかったのではないかしら?


ロンドン歌舞伎公演を観て思ったのは、この若さで、海老蔵が他のどの歌舞伎役者よりも格段に巧いということ。
彼がもし「わたくしが『日本の美』・・・・・・で、ございます。」と言ったとしても、これは納得できると言わざるを得ない。
この映画に描かれている利休は、まさにそんな海老蔵そのものなのだ。



画像
利休は美をとことん追求し・・・・

愛する人を失ってから、ストイックに茶道と美に深くのめり込んでいく利休。
しかしあれだけの放蕩息子だった時代から、まるで人が変わったように、堂々として神々しいまでの物腰を獲得するに至る途中経過が描かれていないので、あまりの変化にやや戸惑ってしまうのは事実。

それにしても、十代の頃から70代の利休まで、違和感無く演じられる海老蔵は、実に見事!
化粧だけでない、CGでもない、彼の特別な何かが演技力を超えて私たちに不思議なオーラを見せてくれるような気がした。


画像
このごろ悪役も増えてきた大森南朋の、スーパー出世秀吉が面白い

茶道の道に入ってからの利休はほとんど変わらないので、その時の年齢は判明しないのだけど、その分、秀吉がどんどんと天下を取っていくことで、時代の流れを見つけることが出来る。

最後はふてぶてしい秀吉となって、見事な悪役っぷりを披露している。


画像
本当に美しかったのは妻の宋恩(中谷美紀)

ほとんど表情を変えないのに、しっかりその時の心情を表現しつくす中谷美紀は素晴らしいの一言。
海老蔵に比べると若い時から落ち着きすぎていて、若妻?熟年?と迷う事もあるけど~

ラストで初めて見せる妻の激しい情念をぐっとこらえる切ないシーンが、全編にわたって見せてくれるどんな美しい『日本の美』よりも、もっと素晴らしい『日本らしい美』であったと思うのだ。




しかし予告編では「歴史を動かす利休」のような宣伝だったけれど、そのような歴史を揺るがす新事実!みたいな煽りはやや違うような?



『美』に酔いしれていると、案外普通のメロドラマだったんじゃん☆ということや、利休の後半はほとんど表情なし?だったことに気づかず終わってしまう可能性も。
そして『間の美学』を追求した茶道や美の所作は、ゆったりした間を十分に取ったことでやや眠りにいざなわれることもあるのでご注意を☆

この記事へのコメント

  • まっつぁんこ

    海老蔵好きです。ぶっ殺したいくらい(笑)
    美女たちを軒並みものにして、とうとう真央ゲット。
    中谷美紀も好き。
    美男たちを軒並みものにして欲しいところですが・・・(残念)
    遅参したあと、おもむろに懐から函をとりだし、水を注いで月を映すシーンが印象に残りました。
    2013年12月31日 11:05
  • hino

    とても映像が美しいね~

    中谷美紀のインド旅行記4冊読んだけどなかなか文才もあるように思うひと。

    今年もたいへん楽しくお世話になりました(^o^)
    来年も宜しくお願いしますm(_ _)m

    良いお年を!
    2013年12月31日 16:25
  • みすず

    こんばんはー^^

    良かったんだ~♪
    映画館には行くつもりがないので、DVDかWOWOWでチェックしてみるね^^

    まだ~むさん、今年は大変お世話になりましたー^^
    来年も仲良くしてね♪よろしくお願いします!
    良いお年をー^^
    2013年12月31日 22:47
  • ノルウェーまだ~む

    まっつぁんこさん☆
    私もあのシーンが好きです!
    信長相手に堂々としたプレゼン、見上げたものでした。
    中谷美紀も堂々とした威厳があって、繊細で控えめなのに存在感がありましたねー
    2014年01月04日 16:00
  • ノルウェーまだ~む

    hinoちゃん☆
    昨年はすっかりお世話になりました。
    おかげで楽しい1年になったよ、ありがとう~

    中谷美紀はインドに旅したんだねー?ちょっと意外。
    彼女はしっかりしたものを持っていて、それがちゃんと演技に出ているように思うわ。
    是非観てほしかったな~
    2014年01月04日 16:02
  • ノルウェーまだ~む

    みすずちゃん☆
    あけましておめでとう!
    年末からパパンの実家で嫁業をしていて、年末年始はPCノータッチでしたわ。

    こちらこそ今年もどうぞよろしくね。
    2014年01月04日 16:03
  • にゃむばなな

    エビゾーさんの所作の美しさはさすがでしたね。
    ただ後半の高麗女性との恋愛話はもっと短くて良かったかも。
    あの長さがこの作品の賛否を決めているような感じでしたね。
    2014年01月05日 15:28
  • ノルウェーまだ~む

    にゃむばななさん☆
    そうなんですよー
    やたら恋愛部分が長かったので、『美』の追求や、「歴史をかえる」みたいなものが薄れてしまったように思いました。
    2014年01月05日 23:03
  • ふじき78

    「スーパー出世秀吉」はいいな(笑)

    みんな誉めてるのに私はダメなんですが、「歴史を動かす利休」って、信長に「その金貨の入れ方が美しくないねん」とツッコミを入れるくらい能動的にやってほしかった(そのツッコミの所作が物凄く美しければ問題ないでしょ)。
    2014年01月11日 11:41
  • ノルウェーまだ~む

    ふじき78さん☆
    ちょっと駄目でしたかー
    実際そのようなツッコミというか、歴史を動かす様子が見られなかったので、そういう点ではもっと能動的に見せてほしかったですね。
    2014年01月11日 23:49

この記事へのトラックバック

利休にたずねよ
Excerpt: 利休にたずねよ@一ツ橋ホール
Weblog: あーうぃ だにぇっと
Tracked: 2013-12-31 10:58

利休にたずねよ/市川海老蔵
Excerpt: 直木賞受賞作である山本兼一さんの小説を原作を基に市川海老蔵さんを主演に迎え『火天の城』の田中光敏監督が実写映画化した歴史ドラマです。千利休と言えば安土桃山時代を舞台に ...
Weblog: カノンな日々
Tracked: 2014-01-05 09:24

利休にたずねよ
Excerpt: 山本兼一の同名の小説の映画化。市川海老蔵と市川團十郎が共演。市川團十郎は、撮影終了後、3ヶ月ほどして亡くなっている。 市川海老蔵は、利休を演じることのオファーを得た際、数度に渡り断っていたそうなんで..
Weblog: 勝手に映画評
Tracked: 2014-01-05 09:24

映画 利休にたずねよ
Excerpt: JUGEMテーマ:映画館で観た映画    都合が悪くなったら利休を頼り   人生順風満帆になったら、利休を切り捨てる。 &n..
Weblog: こみち
Tracked: 2014-01-05 09:26

『利休にたずねよ』
Excerpt: □作品オフィシャルサイト 「利休にたずねよ」□監督 田中光敏□脚本 小松江里子□原作 山本兼一□キャスト 市川海老蔵、中谷美紀、市川團十郎、伊勢谷友介、大森南朋、        成海璃子、福士誠治..
Weblog: 京の昼寝~♪
Tracked: 2014-01-05 09:38

利休にたずねよ~わび・さびの裏技
Excerpt: 公式サイト。山本兼一原作、田中光敏監督。市川海老蔵、中谷美紀、伊勢谷友介、大森南朋、成海璃子、福士誠治、クララ(イ・ソンミン)、川野直輝、袴田吉彦、黒谷友香、市川團十郎 ...
Weblog: 佐藤秀の徒然幻視録
Tracked: 2014-01-05 10:17

利休にたずねよ
Excerpt: 美を追う罪と罰と崇高。
Weblog: Akira's VOICE
Tracked: 2014-01-05 10:22

利休にたずねよ
Excerpt: 千利休の人生を描いた直木賞受賞作の 山本兼一の同名小説を映画化。 主演は市川海老蔵、 10代から70代間際までの 千利休を演じます。 利休の妻、宗恩を中谷美紀 豊臣秀吉を大森南朋、 織田信長を伊..
Weblog: 花ごよみ
Tracked: 2014-01-05 11:01

利休にたずねよ
Excerpt: 茶道三家や樂家の全面協力で、美術品のような映画が誕生した。まさかとは思ったけど、作中で使われている茶器は実際に利休が使った名器だ。ロケ地も京都の古刹で行われた。物語も海老蔵の演技も完璧だ。これぞ日本映..
Weblog: とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver
Tracked: 2014-01-05 13:12

「利休にたずねよ」:お~いお茶
Excerpt: 映画『利休にたずねよ』は、あの面白い原作を読んでいただけに、「これを2時間ほどの
Weblog: 大江戸時夫の東京温度
Tracked: 2014-01-05 14:41

『利休にたずねよ』
Excerpt: 己を汚れと認めた者だけが、美を追求することが出来る。 第140回直木賞受賞作を映画化し、第37回モントリオール国際映画祭では最優秀芸術貢献賞を受賞したこの作品。 茶人・千利休 ...
Weblog: こねたみっくす
Tracked: 2014-01-05 15:27

「利休にたずねよ」 物語の構成に難あり
Excerpt: 本作、物語の構成にちょっと難ありなのではないだろうか。 <ということでネタバレあ
Weblog: はらやんの映画徒然草
Tracked: 2014-01-05 15:29

映画「利休にたずねよ」
Excerpt: 映画「利休にたずねよ」を鑑賞しました。
Weblog: FREE TIME
Tracked: 2014-01-05 15:50

利休にたずねよ ★★★
Excerpt: 茶人・千利休の人生を描き、第140回直木賞を受賞した山本兼一の同名小説を、歌舞伎俳優・市川海老蔵の主演で映画化。豊臣秀吉のもと「天下一の宗匠」として名をはせるも、やがて秀吉に疎まれ、武士でないにもかか..
Weblog: パピとママ映画のblog
Tracked: 2014-01-05 16:24

利休にたずねよ
Excerpt: 試写会で見ました。 【私の感覚あらすじ】利休の半生を描いた。みたいな映画です。
Weblog: うろうろ日記
Tracked: 2014-01-05 21:28

『利休にたずねよ』を渋谷TOEI①で観て、おではダメ人間だからピンと来ないぜよふじき★★
Excerpt: 五つ星評価で【★★利休の強さが独立採算制で表現されてないのがおでは不満なんだ】 うおおおおおおう。 誉めてる人が多いのに俺はよう分からんかったあ。 きっと、俺は利休が ...
Weblog: ふじき78の死屍累々映画日記
Tracked: 2014-01-12 00:06

利休にたずねよ
Excerpt: 【概略】 織田信長に重用され、豊臣秀吉の下“天下一宗匠”として名を馳せながらも、秀吉の怒りを買い切腹を命じられた茶人・千利休が遺した謎と生涯秘め続けた恋を描く。 時代劇 日本の美の極地でもある茶..
Weblog: いやいやえん
Tracked: 2014-12-03 00:37

映画評「利休にたずねよ」
Excerpt: ☆☆☆(6点/10点満点中) 2013年日本映画 監督・田中光敏 ネタバレあり
Weblog: プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]
Tracked: 2016-01-11 09:38

人気記事