「首」☆俳優版『風雲たけし城』

ゾンビ映画も戦争映画も、どんなにグロくても割と平気な私が唯一苦手なのが『痛い』映画。
その最も苦手だったバイオレンスだらけのヤクザ映画を初めて良い♬と思わせてくれたのが、北野監督の「アウトレイジ」だったのだ。そんなアウトレイジの紙一重な可笑しみやブラックジョークが、世界のキタノたる所以なのだけど・・・

「首」 公式サイト
クビポスター.jpg
恐怖政治と愛憎と自分の跡目をエサにして家臣に横暴にふるまう信長(加瀬亮)。彼の首をかけて策略を練る明智(西島秀俊)は、秀吉(ビートたけし)・家康(小林薫)が抜け忍(木村祐一)を使って裏工作をしているとは知らず・・・
クビ信長.jpg
穏やかな人柄の加瀬亮がイっちゃってる織田信長を見事に演じている。史実は既に結果が出ているわけで、それをどう魅力的に見せるかはNHK大河がやってくれているので、たけしはそれすらおちょくっている様にも見える。
トップの座を狙って騙し合いと無益なバイオレンスが延々と続いていく様は、まさに「アウトレイジ」そのもので、コワモテのヤクザのトップだろうと、身も心も捧げて仕えて来た殿様も同じなのだ。
クビ戦.jpg
タイトル通りトップを目指して次々と首を狩って行く。首を捕る為に仲間すら殺し、戦場へ繰り出していく。
映画では一部グロかったりもするけれど、見事なデジタル処理でポンポンスポポンッと飛んでいく首は、今までキタノ映画で見せて来たバイオレンスからは逆に遠ざかるくらい痛みも無ければ怖さもない。余程、信長が饅頭を食べさせるシーンと、農民の茂助(中村獅童)が為三(津田寛治)をブスリと刺したシーンの方が痛々しい。そういう意味で散々色々な人の首を狩ってるのに、仲間の為三の幽霊にだけ悩まされるというのは考え抜かれた演出なだと言える。
クビ忍者.jpg
とんでもなく大物俳優たちがキタノ監督のとんでもない要望に応えるべく頑張っている。のびのびしているのは、たけしと木村祐一だけww
そんな無茶な要望に応えようと、笑いを堪えてたけしのアドリブに対応している様子はまさに殿の為に頑張る『風雲たけし城』だ。ただ確かに面白いけど何度も出てくるとちょっと…
クビ秀吉.jpg
西洋文化が入ってくるまでは当たり前だった「男色」が物語の芯として意味を感じなかったのと、キタノ映画の特徴である「真面目にやるほど面白い」が、この殿のおふざけによって薄まってしまったのが唯一残念。
とはいえ、大将の生死が判ればいいだけなのに、ごまんとと首がはねられる「戦いの哀れ」をラストのオチで〆た所は確かに秀逸だ☆

この記事へのコメント

  • cyaz

    ノルウェーまだ~むさん、こんにちは^^

    温め続けてきた原作・脚本ながら、その「想い」がうまく反映していないのか、
    北野監督自体の力量が落ちたのか、よくわからなかったです><
    キャストに対し、注文の少ない北野監督ですが、俳優陣が力が入り過ぎて、失速しまくり(笑)
    >のびのびしているのは、たけしと木村祐一だけww
    仰るよう通りだと僕も思いましたよ(笑)
    2023年12月22日 16:03
  • ノルウェーまだ~む

    >cyazさん
    >
    世界のたけしが大きくなり過ぎたのでしょうかね。大御所俳優さんたちを手のひらで遊んで楽しんでいるのは良いですが、監督だけが楽しんじゃっている感じしましたよね。
    キム兄のように、またいつものことでっせ!と知らん顔で演じたらよいのでしょうが、畑が違う人たちの即興劇を上手くいかせてなかったように思いました。

    ところで僭越ながら貴ブログをリンク貼らせていただきました。よろしくお願いいたします。
    2023年12月22日 23:30
  • ふじき78

    森蘭丸が美少女と見間違えるくらい美しくあってほしかったわ。黒い人が無双であっという間にカタが付いてしまう信長の最後はちょっと面白かった。そこで演技をさせないという意地悪さ。
    2023年12月26日 08:14
  • ノルウェーまだ~む

    >ふじき78さん
    >
    信長の最後はある意味アッパレというか、この映画で一番面白かった所かもしれませんね。
    どういう了見で首を持って行っちゃったのか、その辺を描いてほしいところでした。
    2023年12月26日 23:40

この記事へのトラックバック

人気記事