配信映画☆リメイク作品を見比べる「最後まで行く」「最後まで行く(韓国版)」「見えない目撃者」「ブラインド」

パソコンが壊れてブログの記事内に上手くリンクを貼れなかったり、悪戦苦闘の日々。

パパンは当分四国の実家に行ったきりだし…さてどうしたものか??


「最後まで行く」(2023年)

1000014830.png
母親の危篤の知らせに急いで車を飛ばしていた刑事の工藤(岡田准一)は、飛び出してきた男をはねてしまう。年末だというのに職場には監察が入り、彼のヤクザとの癒着もバレそうだ。慌てて死体をトランクに積み、母の棺桶に入れて焼いてしまおうとするが、謎の男から電話があり死体を返せと要求される…

韓国版の『良く見たら』霧雨が降っている程度では道路に血痕が残るでしょう?とか、民家のある郊外の池で車を爆発させて、目撃されないとか無いわ〜なツッコミ部分は邦画版のほうがちゃんと解消されていてgood!

1000014831.pngしかし何でだろう?キレた敵キャラといえば綾野剛しかいないよね?とか、ちょっと困った刑事なら岡田准一がピッタリという安易なキャスティングが逆に裏目に出た気が…

義理の父との関係も裏に渦巻く悪徳さも、説明があまり無くて、巨額の裏金は義理の息子をボコボコにして娘と別れさせるだけでは解決しないしとか、ファブルならもっと闘えるしとか思ってしまうのも問題www どの映画でもオイシイところを持っていく柄本明の存在は嫌いではない。


「最後まで行く(オリジナル版)」(2014年)韓国


岡田准一の役柄を「パラサイト〜」の金持ち夫役で今は亡きイ・ソンギュンが演じている。

一度見て凄く面白かったのに忘れて2回目を見ても楽しめた作品。今回邦画版を見たので更に3回目鑑賞(笑)それでも面白く見れたのは何故だろう?と考えてみるに、韓国版はどの映画にも共通しているのだけど、そこはかとなく映画に可笑しみがあるのだ。

邦画版であえて替えたラストの隠し金庫がハリウッド並みのスケールだったので興ざめwwやっぱり爽快さのある韓国版に軍配が上がるかな☆



ちょうど「最後まで行く」を見終えたところで、ごみつさんのブログで宇多丸さんのラジオのリメイク選手権を紹介されてらしたので、早速総選挙1位の「見えない目撃者」も鑑賞したYo


「ブラインド」オリジナル版(2014年)韓国

こちらの作品を先に鑑賞。


事故で大切な幼馴染と視力を失ったスアは、警察に復帰出来ないまま傷心の日々を送っていた。ある雨の夜、乗っていたタクシーが何かに衝突したはずなのに、犬だとはぐらかしトランクに詰めた不審な男に置き去りにされる。

目撃者を募る横断幕を見た青年がやってきて、車はタクシーではなかったと主張。初めは信用しなかった警察だが…

まあ驚いたのが、主演のスアがリメイクの堀北真希にそっくり!もう途中から堀北真希としか思えなくて…と、邦画リメイク版をみてビックリ!堀北真希じゃなくて吉岡里帆だった(笑)

韓国映画の猟奇殺人ものにありがちなツッコミどころは多々あるものの盲目であるハンデで怖さも倍増。

ついでに韓国には墮胎専門の産婦人科があると知って更にビックリ。

見たことあるような気がしていたら、聴力障害のある主人公が殺人鬼から逃げる「殺人鬼から逃げる夜」もよく似ている。これもリメイク?


「見えない目撃者」(2019年)日本


事故で実弟と視力を失った元警察官のなつめ(吉岡里帆)は、ある夜車から助けを呼ぶ女性の声を聞く。居合わせたスケボー少年の証言との食い違いで事件と認定されずに捜査は終了するも、独自に調べを進めて家出少女の失踪へとたどり着く。定年間近の刑事は関与している男を追求するが…

さすがリメイク総選挙堂々の1位!リメイクはオリジナルを超えられない定説を覆す、リメイクのお手本というべき作品に仕上がっている!

オリジナル韓国版のツッコミ部分は全て解消しているので全く不自然なところが無い。オリジナルをなぞるのではなく、全体的に改変してるのに肝心の大筋からは逸れてないという点でも素晴らしい。

ラストのみ猟奇殺人鬼ものに有りがちな、応援待たずに素人が踏み込む無理くりは大目に見て。


この記事へのコメント

  • きさ

    私も「最後まで行く」「最後まで行く(韓国版)」見ました。
    ストーリーはほぼ同じですが、最後の方はかなり違います。
    日本版のラストも悪くないのですが、個人的には韓国版のラストの方がすっきりしていて好みでした。爽快感もあるし。
    まあ、リメイクとしてはどうしてもひねりたくなるのも分かりますが。
    韓国版は前半が日本版よりブラックな笑いが濃いのもいいです。
    あの人形とかいいですね。
    2024年01月24日 13:39
  • こんばんは。最強寒波!寒いですねぇ。
    パパンさんは愛媛に帰られてるんですね。パソコン、壊れると困りますよね(>_<)

    オリジナルとリメイクを見比べるのって面白いですよね。
    「見えない目撃者」オリジナルを見てないんですが、リメイク版、オリジナルを超えてるのね?これはもう、オリジナル観なくてもOKかな(笑)
    堀北真希吉岡ちゃんと吉岡里帆ちゃん、雰囲気似てますよね(*^-^*)
    2024年01月24日 19:47
  • ノルウェーまだ~む

    >きささん
    >
    私も韓国版のラストが爽快で好きです!日本版はリメイクの捻り方としては、正解でもあるけどちょっとビミョーでした。
    韓国版のあの人形のどーしても銃を撃っちゃう度に爆笑しちゃうのが良いんですよね〜(笑)
    2024年01月25日 08:50
  • ノルウェーまだ~む

    >瞳さん☆
    >
    寒いですねぇ…昨年暑い日が多かったせいか寒さが堪えます…
    確かに「見えない〜」は完璧なリメイクだったので、オリジナルはいっか…と思うかもですが、こんな風に改変したんだ!?と発見しながら見るのがまた楽しいんですよね〜
    何しろ結構しっかり変えてるので、邦画版のリメイクとしての優秀さをしるには是非オリジナルも見て欲しいわ☆
    2024年01月25日 09:05
  • ごみつ

    こちらにも。

    「見えない目撃者」、「ブラインド」もあっわせてご覧になったんですね。
    「見えない~」はわりあいとバイオレンスでビックリでしたが、面白かったです。
    「ブラインド」も見たい!

    「最後まで行く」も、絶対にオリジナルとあわせて見てみたいです。

    配信だとスマホ画面になっちゃうので、またDVDレンタルしようかな~。

    リメイクは、オリジナルと比べてみるのも醍醐味ですよね。o(^o^)o
    2024年01月30日 14:07
  • ノルウェーまだ~む

    >ごみつさん
    >
    そうなんですよ〜丁度ごみつさんがご紹介下さってドンピシャだったので、総選挙1位の作品を拝見出来て良かったです!

    「見えない〜」が結構バイオレンスの様に感じますが、実はオリジナルは韓国映画だけに犯人がまぁ猟奇的なやつで、韓国の街の風情と相まって怖さは爆発ですょ。
    「最後まで行く」も是非、オリジナルの方からご覧になってみて下さい!是非また感想お待ちしてます〜
    2024年01月30日 20:38
  • ふじき78

    「最後まで行く」
    柄本明は主役食いますねー。この映画なんぞは柄本明の役が大人しい方がスムーズだったのじゃないかと思うんですが。
    2024年02月06日 08:43
  • ノルウェーまだ~む

    >ふじき78さん
    >
    確かに!
    それにしても柄本明はどんな映画に出て、どんな役をやっても主役を食いますよね⁉(笑)
    2024年02月06日 11:33

この記事へのトラックバック

人気記事