ジュラシック・ワールド」☆ハイブリッドと進化

お馴染みの曲と共に島の全景が現れる冒頭のシーンで思わずウルウル☆
「ジェラシック・パーク」で育った世代としては、ちょいちょい挟まれる「ジェラシックおた」ネタも嬉しいし、廃墟となった1作目のドームの登場も感動的。


「私、どの作品も見た事ないんです~」と驚きの発言をしてくれた20代の連れも存分に楽しめたようだし、勿論シリーズの大ファンの私でも、ちゃんとドキドキ手に汗握るシーンもいっぱい。

でも・・・・・・・・・第4弾というよりは、結局概ねリメイク?


画像
「ジェラシックワールド」 公式サイト

<ストーリー>

野心家のクレア(ブライス・ダラス・ハワード)は、預かった16歳のザックと11歳のグレイの二人の甥にフリーパスを与え、自由にパークを見学させていた。
元軍人で恐竜の行動学に詳しいオーウェン(クリス・プラット)は、遺伝子操作で生まれた新種の恐竜インドミナス・レックスの隔離塔を見学中に恐竜は脱走してしまう。
極秘に捕獲しようと捜索隊が出動するなか、アトラクション中止のアナウンスを無視したザックとグレイは・・・・


画像
美形の子供たちは、今後の活躍も楽しみ~♪

いい感じに反抗期のお兄ちゃんと、11歳にしてはやや精神的に幼い弟くんがいいコンビ。
恐竜も迫力満点だし、緊迫した逃走シーンもドキドキの連続なんだけど、いかんせんほぼ「ジェラシックパーク」まんまの展開は、懐かしさを通り越して、『主役で美形の男の子は助かるもの』という先入観が先行してしまい、どうしても怖さが半減してしまう。
やっぱり1作目のインパクトは超えられないな~~

画像
進化しているのは恐竜だけじゃない、パークの乗り物やアトラクションも凄い!そして懐かしいシーンがあちこちに

やはり20年の歳月は素晴らしい~☆
遺伝子操作でハイブリッド恐竜を作り出す近未来のパークは1作目と比べて、どらえもんの未来都市ほどではない程よい(ある意味有り得る程度の)進化を遂げていて、その辺りは俄然納得。

と同時に、人類が身勝手な研究で作り出したものによって、人々が脅威に晒されるかもしれない現実をより感じさせてくれる。

画像
オーナーでヘリを操縦したくてたまらないマスラニはイルファン・カーンでインド人、勝手にハイブリッドさせちゃうウー博士はB.D.ウォンで中国人、恐竜討伐対の隊長はアジア系
意外にも黒人のオマール・シー以外(フラグが立ってたのに)、生き残るのは白人ばかりなのがちょっと気になるwa(博士は別として)

画像
1作目のオリジナルグッズのTシャツを着たスタッフが、『恐竜オタ』というよりも『ジェラシックパークおた』なのがツボ

最後まで基地を守ってくれた彼が、その後ちゃんと救出されたのかが心配。
同僚との別れのシーンまで、しっかり笑えるところを用意してくれている。グッジョブ!!

画像
知能が高くて、擬態して、巨大で、Tレックス並みの強さがあるって、ハイブリッドにも程がある・・・・

そんな風にホイホイ遺伝子を組み替えられるのなら、最初に見たものを親と思う鳥の遺伝子とか(親の言う事は聞くみたいな?)、ボスに従う犬的な遺伝子とか入れられなかったのかな?

討伐対との森での戦いはプレデターちっくで、ぞくぞくしちゃった☆

画像
シャツだけを探検隊風にしたクレアは、ジャングルの中もパークの中も全力疾走するけど、かなりのピンヒール履いているwww

次第に髪がボサボサになっていくクレアとの程よい距離感が良かったのに、ラストの急接近はちょっとねぇ。
てっきり兄弟が危惧していた親の離婚問題が、この騒動で家族の有り難さを噛みしめて、万事元通りに仲直りするのが締めくくりと思っていただけにガッカリ。
急に陳腐になっちゃった。

画像
元軍人なのに、何故か飼育員みたいなことしてて謎だったけど、今各地の飼育員さんの間でこのスタイルが大ブームらしいyo☆
画像画像






画像画像





画像画像






すでにスワンボートは生き物ですらないけどね(笑)


最新技術を駆使したIMAXの映像は、思わず目をつぶってしまうほどの迫力で、立体感もしっかり楽しめたけど、ガラス越しに恐竜を見るシーンとかに、ちょっと頭を振ると物凄い目が回ってしまったり。
やっぱり3Dは苦手かも・・・

何だかんだ言っても存分に楽しめちゃった私。
次回作はウー博士がどんな恐竜を作り出してくれるのか、5作目に相応しいオリジナル性溢れる作品を期待したいwa~

"ジュラシック・ワールド」☆ハイブリッドと進化"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:

人気記事