試写会「リコリスピザ」☆70年代の初々しい初恋と眩しい青春

キラキラな青春は、今どきの胸キュン映画みたいに『絶対に普通しないでしょう?』な壁ドン的シーン皆無で、本気の「初恋」を描いているからこそより眩しく、より清涼感があって、より甘酸っぱく、そして疾走感に満ちている。

ちなみにリコリスって真っ黒で甘くもなくめっちゃマズイお菓子なんだけど、なんで題名がリコリスピザなのかな??

「リコリスピザ」 (7月1日公開)公式HP
何か賞を取ったポスターらしいけど、私は二人が走っていく写真の方が好きだなあ~
リコリスポスター.jpg
70年代のハリウッド近郊。15歳のゲイリー(クーパー・ホフマン)は学校の証明写真撮影のアシスタントをしていたアラナ(アラナ・ハイム)に一目ぼれ。猛アタックするが10歳も年上の彼女からは子ども扱いされてばかり。
しかし母親の事業を手伝って、自らもずば抜けたアイデアで起業するゲイリーと過ごす日々が楽しすぎて、アラナも彼から次第に目が離せなくなってくる。
お互い気になりながらも素直になれない二人。アラナは選挙事務所で働き出し、すれ違いの日々が続くのだが・・・

リコリス疾走.jpg
警察署から走り出す~15の昼!!眩しさと疾走感に溢れてもう爽やかそのもの!!あまり恋愛映画を観ない私だけれど、これは好き♬
70年代のセピアな色使いやファッションセンス、初恋ならではの初々しさとたどたどしさ、絶妙な光の遣い方によるキラッキラな眩しさと、どこか礼儀正しいお行儀の良さが非常に心地よい☆
リコリスピンボール.jpg
主役のゲイリーを演じるクーパー・ホフマンは46歳で自死したオスカー俳優のフィリップ・シーモア・ホフマンの息子だそう。
正直物凄くイケメンというわけでもないし、ポッチャリしていて映画的にはハイスクールでいじめに遭ったりする役をやりそうなんだけど、15歳だというのに天性の才覚で次々と事業を興し成功させていく姿を見ると、次第にその姿に魅了されて、彼がまだ保護者無しでは旅行もさせて貰えない年齢だという事を忘れてしまうのだ。
そうかと思うとアラナに「オッパイ見せて」と頼んだり、子供劇団で悪ふざけしたり、展示品のウォーターベッドで彼女に手を出すことが出来ないようなギャップに母性本能がくすぐられ、見ているこちらもすっかり彼の虜になってしまうのだ。
リコリスショーン.jpg
脇を固めて大物俳優が続々出演しているのも見所。ショーン・ペンがバイクを疾走させるシーンは、まるでぶつ切りのエピソードで二人に関係なさそうに見えるけれど、せっかく火の枠繰りをして見せているのに、見向きもせずにバイクから落ちたアラナにゲイリーが駆け寄るところは大切なシーンでもある。
リコリスブラッドリー.jpg
随所で笑いが起こるシーンも多く、そのうちの見所の1つ、ブラッドリー・クーパーがハチャメチャなハリウッド俳優役で登場している。実はこの映画は監督が子供の頃の思い出を映画にしたものらしく、エピソードに登場する人たちは実在のモデルがいたそうな。
リコリスデート.jpg
互いに別の相手とデートしているのに、お互いが気になって仕方ない二人。

試写会では若手監督の内山氏が登壇し、ライターの方とポール・トーマス・アンダーソン監督について熱く熱く語っていたけど、監督を「PTA」と呼ぶほど詳しくも、そんなに彼の映画を観たことない私にとっては、何一つ判らなくて・・・
70年代の空気感、石油ショックのあおり、高度成長期の何でもありな商売が成り立つ時代感覚を知らない君たちに、この映画の本当の良さは半分も伝わるまい。
加えて彼等はこの映画を「ボーイミーツガール」ものと称していたけれど、私は彼女が彼を見つけたのだと思っている。将来の夢も特に持たず、親の希望に沿った彼氏を見つけなければ・・・という閉塞感で日々過ごしていた彼女が、心から「生きている」を実感できる相手を見つけ出す。こんな爽やかな映画は久しぶり~♬

"試写会「リコリスピザ」☆70年代の初々しい初恋と眩しい青春"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:

人気記事